【医師監修】ヨーグルトで口臭予防は本当?おすすめのヨーグルトは?

【医師監修】ヨーグルトで口臭予防は本当?おすすめのヨーグルトは?
> この記事の監修医師一覧はこちら <

ヨーグルトは様々な効果があると知られています。ただ、口臭予防というのはちょっと意外かもしれません。ヨーグルトには、口臭を予防する効果がありますが、選び方も重要なポイントです。この記事を読むと、どのヨーグルトを選べば口臭を予防できるかが分かります。加えて、ヨーグルトを食べることによる他の効果についてもお伝えします。

この記事がおすすめな人
    • 口臭予防にはヨーグルトがいいと効くが、そのわけを知りたい。
    • どんな時にヨーグルトを食べると一番効果的なのかと思っている。
    • 口臭に効くヨーグルトの種類があるなら知りたい。
    • デザートにヨーグルトを食べれば口臭が予防できるのか知りたい。
INDEX
  1. ヨーグルトが口臭予防に良いのはなぜ?
    1. 口内細菌を抑制するから
    2. 腸内環境を整えるから
  2. 口臭予防におすすめのヨーグルト
  3. ヨーグルトを食べるタイミングはいつ?
  4. 口臭はどこから来るの?
  5. まだある!ヨーグルトパワー
  6. ヨーグルトで息も腸内もきれいにしよう

ヨーグルトが口臭予防に良いのはなぜ?

ヨーグルトが口臭予防に良いのは、ヨーグルトに含まれるに秘密があります。最近の研究では、ある特定のヨーグルトに含まれる菌が特別な働きをすることが分かっています。

1.口内細菌を抑制するから

ヨーグルトに含まれる菌といえば、乳酸菌です。乳酸菌は元々人の口の中に存在する菌ですが、これを意図的に増やすことで、口内細菌の働きを抑制する力があるのです。

私達の口の中には、常在菌が約500種類以上もいます。その多くが善玉菌と悪玉菌で、善玉菌のひとつが乳酸菌です。口内が酸性に傾き悪玉菌が増えると、口の中に悪臭を持つ細菌が増殖して口臭の原因になります。

口内に悪玉菌が増えるのを防ぐには、乳酸菌を多くして悪玉菌が活発になるのを抑えることが重要です。それを手っ取り早く行えるのが、乳酸菌を多く含んだヨーグルトの摂取というわけです。

ぶたさん

ヨーグルトって美味しいだけじゃなかったんですね。

杉田先生

ヨーグルトは発酵食品なので、他にも色んな効果があります。

2.腸内環境を整えるから

お腹を壊したり便秘になったりすると、口臭が気になった経験がある人もいると思います。お腹の調子が悪くなると口臭が発生するのは、腸内環境のバランスが崩れて、腸内で悪臭を持つガスが発生するためです。

腸内には口内と同じく数百種類の常在菌が棲みついていて、善玉菌と悪玉菌のバランスが保たれています。しかし、何らかの原因でバランスが崩れると、悪玉菌が増殖して消化・排出しきれないものが腐敗し、口臭や病気になりやすくなるのです。

生まれたばかりの赤ちゃんの腸内には悪玉菌はほとんどいないと言われていますが、これは悪玉菌の元になる飲食物を摂っていないからです。しかし、様々な飲食物から栄養を摂る私達は、どうしても腸内環境が不安定になりがちです。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やすことにより、悪玉菌が増殖するのを抑制してくれます。

ぶたさん

口の中も腸内も、細菌の活動って似てるんですね。

杉田先生

そうですね。常在菌がバランスを取っている点で、似ていると言えます。

口臭予防におすすめのヨーグルト

ぶたさん

ヨーグルトってたくさん種類がありますけど、どれがいいとかあるんですか?

杉田先生

入っている菌を見て選ぶのが良いですよ。

口臭に効果があるのは、「LS1」「ロイテリ菌」の2種類です。ヨーグルトにはビフィズス菌やブルガリア菌、ガセリ菌SP株、シロタ株菌など様々な種類の菌が入っているものがありますが、口臭予防を目的とするなら「LS1」か「ロイテリ菌」が入っているものがおすすめです。

「LS1」は健康な人の口の中から発見された菌で、歯周病に対して強い殺菌力があります。実験では、歯周病菌に「LS1」を与えて培養した結果、24時間後にはほぼ死滅していたというデータがあります。歯周病は口臭の原因のトップでもあるため、LS1で歯周病を防げば口臭も予防できます

「ロイテリ菌」は人の母乳から発見された菌です。虫歯菌の抑制、重度の歯肉炎の緩和、ピロリ菌感染やアレルギー症状を抑制する効果があります。また、実験でロイテリ菌を口臭のある人達に試したところ、臭気ゼロになった人が4.5倍も増えたという結果も報告されています。

ロイテリヨーグルト110g×16個「クール便でお届けします。」【オハヨー乳業】

ヨーグルトを食べるタイミングはいつ?

結論からいうと、ヨーグルトはいつ食べてもかまいません。ただし、空腹時は胃の中の消化液が強い酸性になっているので、ヨーグルトを食べても乳酸菌が死滅してしまうことがあります。

おすすめのタイミングは、食後です。デザートとして美味しく食べれば、口臭を予防し腸内環境も整って一石二鳥です。

ぶたさん

食間に乳酸菌入りのタブレットをなめてるんですけど、それでもいいんですか?

杉田先生

もちろんです。食べるヨーグルトと効果は同じです。

口臭はどこから来るの?

ぶたさん

そういえば、乳酸菌が効かない口臭もあったりするんですか?

杉田先生

いい質問ですね。では、口臭の原因についてお話しますね。

口臭の原因は以下のようなものです。

    • 虫歯や歯周病
    • 腸内環境が崩れてガスが発生する
    • 口呼吸をしている
    • ストレスや疲労がたまり唾液が減る
    • 飲食物が口内に残っている
    • 内臓の病気

虫歯や歯周病、腸内環境が原因の口臭には、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やLS1、ロイテリ菌が効果的です。

唾液量が減ることによる口臭には、別の対策が必要です。唾液量が減ると口臭が発生するのは、唾液に含まれる抗菌・殺菌成分が働かなくなり、悪玉菌が増えるからです。唾液量を増やすには、よく噛んで食べること、日頃からこまめに水分補給などをして口の中を潤すと効果があります。

唾液量が減る原因としては、口呼吸やストレスなどがあります。鼻炎などで鼻詰まりになり、一時的に口呼吸になっている人は、鼻炎を治せば口臭も自然と改善されるでしょう。朝起きた時や緊張時にも、唾液の量は少なくなります。朝起きたらすぐに歯磨きをしましょう。緊張したら水分を摂ったり深呼吸したりするなどして、ストレスを和らげるのがおすすめです。

口の中に残って口臭になりやすいのは、にんにくやニラ、ビールなどのニオイが強い食べ物・飲み物です。食べた後は歯磨きをするなどし、口臭を防ぎましょう。

まだある!ヨーグルトパワー

ヨーグルトには口内や腸内のバランスを整える優れた効果がありますが、それだけではありません。体内の善玉菌が増えると体全体の免疫力も上がり、虫歯や歯周病予防になる上、ガンやその他の内臓疾患にもなりにくくなります。また、腸内が整うことで肌や髪にも栄養が行き届き、美肌や美髪にも効果的です。

ぶたさん

ヨーグルトを食べるだけで、なんだかものすごくいい感じがしますね!

杉田先生

細菌バランスは免疫に直結しているので、お口や体全体のケアになります。

ヨーグルトで息も腸内もきれいにしよう

ヨーグルトには、口臭を予防するだけでなく、免疫力もアップして体の中から健康になります。1日1回ヨーグルトを食べると、息も腸内も美人になれます。

ぶたさん

体内から美しくなりたいです!

杉田先生

体が健康だと表情もはつらつとしますね。

記事の重要ポイントをチェック!
    • ヨーグルトは口内細菌を抑制する
    • ヨーグルトは腸内環境を整える
    • 口臭に効果があるのはLS1とロイテリ菌
    • 空腹時には効果が半減するためそれ以外の時間に食べる
    • タブレットでも効果あり
    • ヨーグルトは体全体の免疫力をアップする