ブリッジは口臭がキツくなりやすい!その原因と5つの口臭予防法とは?

ブリッジは口臭がキツくなりやすい!その原因と5つの口臭予防法とは?
> この記事の監修医師一覧はこちら <

ブリッジは、失った歯を補う治療のひとつです。費用の面や、治療期間の面などではメリットが多いのですが、構造上、すき間ができてしまうため歯垢がたまりやすく、口臭が発生しやすいというデメリットがあります。

さらに、経年劣化やお手入れ不足になりやすいリスクもあります。ケア不足になると歯周病にかかることも…。当然、口臭も悪化します。

なかなかうまくつきあっていくのが難しいブリッジですが、ここではブリッジが原因でおこる口臭の原因と、効果的な口臭予防の方法について紹介します。最後まで読んで、口臭予防に役立ててくださいね。

この記事がおすすめな人
    • ブリッジにしてから、口臭が気になる。古いブリッジが入っている。
    • ブリッジにすると口臭が強くなる原因は何なのか知りたい。
    • ブリッジの口臭を予防・改善するおすすめの方法を知りたい。
    • 歯医者さんに、ブリッジの口臭について詳しく教えてもらいたい。
    • ブリッジの口臭を改善するために、どうすればいいか相談したい。
INDEX
  1. ブリッジが口臭の元になる原因とは?
    1. ブリッジは、歯垢(プラーク)がたまりやすい
    2. 保険の白い歯や銀歯のブリッジは歯垢がつきやすい
    3. ブリッジが劣化、合わなくなってきている
  2. ブリッジの口臭を予防する5つの方法
    1. 歯みがきを徹底する
    2. 歯間ブラシやデンタルフロスを使う
    3. 薬用のマウスウォッシュを使う
    4. 定期的に歯科検診・クリーニングを受ける
    5. ブリッジを作り変える
  3. ブリッジは放置しないでこまめにケアを!

ブリッジが口臭の元になる原因とは?

ぶたさん

先生、あたくし最近、口臭が強くなった気がして。ブリッジの治療をしてからのような気がしているのですが、何か関係ありますか?

新開先生

ブリッジは、口臭が発生しやすいといえますね。お手入れ不足の可能性がありますね。

ぶたさん

まぁ、そうなんですか。毎日歯磨きをしているのに、まだ磨き足りないのかしら。

新開先生

磨き足りないのかもしれませんね。ブリッジには、汚れがたまりやすい場所があるんですよ。詳しく説明しますので、下記をご覧ください。

ブリッジは、歯垢(プラーク)がたまりやすい

ブリッジは構造上、歯との間にすき間ができる治療法なので、どうしても汚れが溜まりやすいという特徴があります。

汚れを落としきれずにいると、歯垢(プラーク)となって口臭を発生させます。

ブリッジは外科手術が不要で、短期間で治療できて、費用もお手頃と、たくさんのメリットがある義歯ですが、お手入れの難しさというデメリットが、口臭の発生につながるのです。

保険の白い歯や銀歯のブリッジは歯垢がつきやすい

ブリッジは健康保険の適用範囲内で、比較的リーズナブルな費用でも作成できる義歯です。

保険適用にこだわらず、自費診療で義歯を作る場合は、さまざまな素材を使えるのですが、保険適用の場合は使える素材に制限があります。

ブリッジで使われる素材は、以前はいわゆる銀歯とよばれる金属でしたが、今は金属のほかにも白い歯科用プラスチックが用いられることがあります。

どちらも、水分や酸にさらされる口内という過酷な環境下では経年劣化しやすく、傷ついたり、変質したりします。そこに細菌がたまって歯垢がつくられ、歯周病を引き起こし、ひどい口臭を発生させるのです。

自費診療で使えるセラミックなどの素材は、表面がツルツルしていて歯垢がつきにくいので、保険診療で作るブリッジより歯周病リスクが下がります。

ブリッジが劣化、合わなくなってきている

失った歯の代わりの義歯としてブリッジを入れたとしても、生涯使えるものではないのが基本です。ブリッジには寿命があって、約8年程度といわれています。

個人差はありますが、加齢や生活習慣で顔の形が変わるのと同様に、口内の状態も変わってきますので、合わなくなってくるのは自然の現象なのです。

特にブリッジは、両サイドの歯に負担をかけて義歯を支える仕組みのため、負荷がかかった歯が弱くなってしまうことがあります。そうなると歯とのすき間が広がって、細菌が入り込みやすくなり、そこから歯周病にかかって悪臭を放つようになることもあります。

ブリッジの口臭を予防する5つの方法

新開先生

ブリッジの口臭予防のポイントは、歯磨きの徹底です。構造上、ケア不足になりやすいですから、しっかりと行ってくださいね。

ぶたさん

ふむふむ。歯磨きの方法にもコツがあるようでしたら、ぜひ知りたいですわ。

新開先生

わかりました。では、ブリッジの口臭予防に効く歯磨きのコツと、歯磨きと併用して行える口臭予防法について紹介しますね。

1.歯みがきを徹底する

ブリッジには、汚れがたまりやすい部分があります。そこを徹底して磨き、汚れを取り除くことで、効果的に口臭予防ができます。

ブリッジは、3~4連の歯がつながったスタイルの義歯です。義歯を入れたい部分の両サイドの歯を橋げたに見立て、それを土台にして橋を渡すように義歯を被せます。ダミーの歯は歯ぐきに乗っているだけなので、下の部分にすき間が生じます。

下記の汚れがたまりやすい部分を、磨き忘れないように心掛けましょう。

ブリッジの汚れがたまりやすい部分
    • ダミーの義歯の下の部分
    • ダミーの義歯と両サイドの歯が連結した部分
    • 両サイドの歯の被せものと歯ぐきの境い目・歯周ポケット

2.歯間ブラシやデンタルフロスを使う

ソートンフロス ブリッジ・インプラントタイプ

上記の、汚れや歯垢がたまりやすい部分を効果的に磨くためには、歯間ブラシやデンタルフロスの使用がおすすめです。

ブリッジは連結しているので、普通のデンタルフロスでは通すことができません。そこで、ブリッジ専用のスーパーフロスというタイプのものを使用します。

普通のデンタルフロスは糸状ですが、スーパーフロスはブリッジの下に通すため、先が硬くなっています。グッと歯の裏側まで通すと、真ん中にスポンジ加工が施されているので、そこがダミーの歯の下に来るように持ち、2~3回こすって汚れを掻き出します。

スーパーフロスは、歯科医院やインターネットのショッピングサイトでも購入できます。ご自身で選んでもいいですが、より口臭予防の効果をあげたい場合は、ブリッジの治療を受けた歯医者さんに相談するとよいでしょう。お口の状態に適したタイプのケアアイテムを紹介してもらえます。

3.薬用のマウスウォッシュを使う

お口を清潔にするために、マウスウォッシュやデンタルリンスの使用もおすすめです。マウスウォッシュでぐちゅぐちゅ口をゆすぐと、ブリッジの周りについている細菌を洗い流すことができます。

マウスウォッシュは香り成分だけ配合されているものではなく、薬用の、殺菌・抗菌成分が含まれたアイテムを選ぶようにしましょう。歯周病を予防できるものなら、より効果的です。

けれども、マウスウォッシュは歯磨きの代わりにはなりません。歯磨きできない時に単品で使うのはいいですが、基本的には歯磨きと併用して行うようにしましょう。

4.定期的に歯科検診・クリーニングを受ける

毎日の歯磨きを行って、さらに歯医者さんで定期的に検診とクリーニングを受ければ、口臭予防に関しても、より安心です。

自宅での歯みがきは、どんなに丁寧に行っても20~40%は磨き残しが生じてしまいます。歯ブラシが届かない場所に歯垢がたまっていたり、すでに固い歯石になってしまったりしていたら、自分では取り除くことができないからです。

歯医者さんでの定期検診&クリーニングは、3カ月~半年に一度くらいがおすすめです。

費用は基本的に自費診療ですが、歯周病治療の一環として行われる場合は健康保険の適用内で行われます。その場合は、1回3500円くらいの負担が目安です。

5.ブリッジを作り変える

ブリッジは長年の使用で劣化してきます。また、口内が年齢とともに変化して合わなくなっている場合があります。そんなときは、ブリッジを新しく作り替えるのがおすすめです。

合わないブリッジをそのまま使い続けると細菌や歯垢がたまりやすく、口臭の発生を止めることができません。

噛み合わせがあわなくなってきている場合は、肩こり・頭痛・顔や背骨の歪みなど、さまざまな身体の不調がでてきます。そこからまた、さらに口臭が悪化することにもつながるのです。

ブリッジは放置しないでこまめにケアを!

ぶたさん

ふむふむ。口臭予防のためには、ブリッジのお手入れが肝心なのですね。

新開先生

その通りです。ブリッジは汚れがたまりやすい部分がたくさんありますので、歯医者で定期的にクリーニングを受けるようにすれば、かなりきれいに保てますよ。

ぶたさん

ふむふむ。そうすればケア不足にならずに済みそうですね。あたくしの口臭も改善できそうな気がするわ。さっそく歯医者さんに予約を入れようかしら。

新開先生

いいですね。ぜひ、そうしてください。

記事の重要ポイントをチェック!
    • ブリッジは構造上、汚れが溜まりやすいため、口臭が発生しやすい。
    • ブリッジには歯垢がたまりやすい部分がある。歯磨きの徹底が必要。
    • 経年劣化した合わないブリッジを放置していると、口臭の原因になる。
    • ブリッジの清掃専用のスーパーフロスをプラスした歯磨きがおすすめ。
    • ブリッジはケア不足になりがち。歯科医院で定期的にクリーニングを受けよう。