「非歯原性歯痛」とは?治療しても原因不明の歯痛が一向に治らない理由

「非歯原性歯痛」とは?治療しても原因不明の歯痛が一向に治らない理由
この記事の監修医情報を見てみる

原因不明の歯の痛みでお悩みではありませんか?それは、非歯原性歯痛かもしれません。

    • 歯を治療した後も痛みが続く
    • 歯が痛くて受診したのに虫歯や歯周病がないと診断された

これらは、典型的な非歯原性歯痛の例です。その他にも色々な例があります。

ここでは、非歯原性歯痛の様々な症状や治し方についてご紹介します。原因不明の歯の痛みでお悩みの人は、ぜひ読んでみてくださいね。

この記事がおすすめな人
    • 歯の根管治療をした後もずっと痛みが続いている
    • 何件も歯医者や総合病院を受診したのに痛みが一向に改善しない
    • 虫歯や歯周病はひどくないのに激しい痛みがある
    • 歯の疾患がないのに頭痛やストレス時だけ歯の痛みが起こる
    • こめかみを触っただけで歯に激痛が起こる
    • 原因不明の歯の痛みはどこに行けば治るの?
INDEX
  1. 「非歯原性歯痛」とは
    1. 1- 「非歯原性歯痛」の症状
  2. 「非歯原性歯痛」の原因と治し方
    1. 2- 筋・筋膜性歯痛
    2. 2- 神経障害性疼痛による歯痛
    3. 2- 神経血管性頭痛による歯痛
    4. 2- 上顎洞疾患による歯痛
    5. 2- 心臓疾患による歯痛
    6. 2- 精神疾患または心理社会的要因による歯痛
    7. 2-突発性歯痛
    8. 2-その他様々な疾患による痛み
  3. 「非歯原性歯痛」かなと思ったら
  4. 原因不明の歯の痛みは「非歯原性歯痛」の疑いが高い

1. 「非歯原性歯痛」とは

非歯原性歯痛は読んで字のごとく、歯が原因ではない歯の痛みのことです。虫歯や歯周病などの問題がないのに、歯が痛むのです。

身体のパーツはそれぞれ血管や神経、筋肉、皮膚でつながっていますね。歯も口の中では歯茎や骨とくっついていて、顎骨や鼻、頭部、首などにもつながっていきます。

非歯原性歯痛は、身体のどこかにある問題が歯の痛みとなって表れたり、関連痛として表れるものです。

1-1. 「非歯原性歯痛」の症状

非歯原性歯痛の痛みは、顔の片側の鈍痛こめかみ辺りの神経痛のような痛み、噛んだ時だけの一時的な激痛など、ひとつに特定できません。痛みが出る時の状況も、横になって寝ようとした時ストレスを抱えている時など様々です。非歯原性歯痛のよくある症状は以下のようなものです。

    • どの歯かわからないが、疼くような痛みがある
    • 抜歯したのにまだ痛む
    • 歯の治療をした後も痛みが続いて一向に改善しない
    • 顔の片側や喉に一瞬電気が走ったような激痛がある
    • こめかみ辺りを押すと歯に激痛が走る
    • 歯や顔が急に痛み出し、数時間後にはスッと消えていく
    • 片側の上の奥歯がずっと痛い
    • 軽い運動や歩いただけで下の歯が痛み、10分ほどすると収まる
    • 嫌なことを思い出したりストレスを抱えたりしている時だけ歯が痛む
患者さん

こんなに症状がバラバラなんですか!

柿木先生

そうなんです。ただ、共通しているのは歯には問題がないということですね。

患者さん

へえー。こんな病気があるなんて知りませんでしたよ。

2. 「非歯原性歯痛」の原因と治し方

非歯原性歯痛を治すには、原因を特定して対応しなければなりません。日本口腔顔面痛学会では2011年にガイドラインを発行し、8つの病態に分けました。

    • 筋・筋膜性歯痛
    • 神経障害性疼痛による歯痛
    • 神経血管性頭痛による歯痛
    • 上顎洞疾患による歯痛
    • 心臓疾患による歯痛
    • 精神疾患または心理社会的要因による歯痛
    • 突発性歯痛
    • その他の様々な疾患による歯痛

ちなみにこのガイドラインは、原因不明の歯痛で困っている患者さん、医師の両方を助け、効果のない抜歯などの治療が行われないようにするのが目的です。

「非歯原性歯痛の診断ガイドライン」日本口腔顔面痛学会
」より引用

では、上記の原因と治し方を1つずつ説明していきますね。

2-1. 筋・筋膜性歯痛

顎の筋肉や筋膜が関係している歯の痛みです。疼くような痛みが長時間続くようなら、間違いなく筋・筋膜性歯痛でしょう。こめかみ、鎖骨の上、顎関節などを押すと激痛が走ります。また、顎の筋肉などを使いすぎた時に起こり、ストレスが溜まっているとより悪化します。

治し方は歯科で行い、鎮痛剤を服用しつつマッサージやストレッチ、温熱療法などを行って筋肉を緩めていきます。

患者さん

ふつうの歯医者さんでもやってくれるんですか?

柿木先生

理学療法をしている歯科ですね。「筋・筋膜性歯痛 歯科」で検索するといいですよ。

2-2. 神経障害性疼痛による歯痛

神経からくる痛みで、突発性のものと持続性のものがあります。突発性のものは三叉神経が関係していて、血管で神経が圧迫されると痛みが起こります。持続性のものは帯状疱疹に伴って起こるものです。

治療は神経痛に使うプレガバリンという薬が有効です。ただし、皮膚科で帯状疱疹の治療をしながら歯科や口腔外科も受診する必要があります。

患者さん

それぞれの専門家に診てもらうのがいいんですね!

柿木先生

歯科では識別診断というものをする必要があるので、必ず受診してくださいね。

2-3. 神経血管性頭痛による歯痛

偏頭痛や、目の奥からこめかみにかけて痛む群発性頭痛からくる歯の痛みです。頭痛による関連痛なので、頭痛が治ると歯痛も収まることが多いです。

偏頭痛や群発性頭痛は季節の変わり目などに起きやすく、長期間患っている人が多いので、頭痛外来を受診するがおすすめです。

患者さん

歯じゃなくて頭痛を治すんですね!

柿木先生

そういうことです。

2-4. 上顎洞疾患による歯痛

上顎洞は歯の上、鼻の横に広がる大きな空間で歯にも近い場所です。そのため、急性の副鼻腔炎が起こると歯の痛みを感じることがあります。

治療の際に受診するのは耳鼻科です。

患者さん

昔は蓄膿症って言ってたんですよね!

柿木先生

そのとおり。風邪が悪化したりするとなりますね。

2-5. 心臓疾患による歯痛

心臓疾患からくる関連痛で歯が痛む症状です。狭心症、心筋梗塞、心膜炎、動脈解離などが報告されています。

歩いたり運動したりするだけで歯が痛む場合は、早急に心臓の専門家を受診しましょう。

柿木先生

歯の痛みは、時に重大な病気のサインでもあるので、見逃せません。

患者さん

歯痛がまさか心臓病につながってるとは!

2-6. 精神疾患または心理社会的要因による歯痛

精神疾患からくる歯の痛みです。うつ病、パーソナリティ障害、双極性障害などにみられます。心理社会的要因とは引っ越しや部署異動などの社会環境が原因でストレスが溜まることです。

心療内科や精神科での治療となります。

柿木先生

妻の妊娠がきっかけで非歯原性歯痛を訴えた記録が、すでに17世紀にあるんですよ。

患者さん

そんな昔から分かってたんですね!

2-7.突発性歯痛

抜歯をした後も痛みが続く状態がまさにこれで、1本または数本の歯を抜いた後に、疼くような痛みが持続します。

不安やストレス、医療への怒りなどが関連しているとも言われていますが、時間の経過とともに収まる場合もあります。

患者さん

この治療法は…?

柿木先生

正直、原因不明なので識別診断の結果によって異なりますが、まずは鎮痛剤で痛みを抑えて対応するのが現実的ですね。

2-8.その他様々な疾患による痛み

上記のどれにも当てはまらない歯の痛みで、血管炎や頚椎、口腔がん、薬の副作用などで引き起こされるケースが多いです。

患者さん

こういう場合はどうすればいいんですか?

柿木先生

原因を知る必要があるので、まずは大学病院の歯医者さんなどを受診してください。

3.「非歯原性歯痛」かなと思ったら

虫歯や歯周病がないのに歯が痛む場合は、非歯原性歯痛の可能性が高いです。痛みの種類も様々で、頻度も持続性や時々出るようなものまであるので、歯に痛みがある時はそのままにせず、すぐに対応しましょう。

非歯原性歯痛の治療で他の科にかかる場合には、歯科医による診断が必要です。そのため、まずは歯科医院を受診します。

診察の結果、歯に問題がなければ非歯原性歯痛の疑いがあるので識別診断をします。識別診断は難しく、設備が整った大学病院や口腔外科で行うのが一般的です。

CTやMRIなどで精密検査を行って調べていき、上記の8つのどれかを判断して次のステップに進みます。

患者さん

次のステップってなんですか?

柿木先生

原因が取り除ける科で治療をするということですよ。

患者さん

あー、そうですよね!

原因不明の歯の痛みは「非歯原性歯痛」の疑いが高い

原因不明の歯の痛みは、別の病気の可能性も孕んでいます。近所の歯医者で「問題ない」と言われたからといって、安心してはいけません。早急に歯の精密検査ができる大きな病院に行って、改めて受診しましょう。

症状と対応する科を以下にまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 筋・筋膜性歯痛→歯科
    • 神経障害性疼痛による歯痛→ペインクリニック、疼痛専門病院
    • 神経血管性頭痛による歯痛→頭痛外来
    • 上顎洞疾患による歯痛→歯科
    • 心臓疾患による歯痛→内科、循環器系
    • 精神疾患または心理社会的要因による歯痛→心療内科、精神科