20代で虫歯だらけ!おすすめの治療法は?治療期間や費用はいくら?

20代で虫歯だらけ!おすすめの治療法は?治療期間や費用はいくら?
この記事の監修医情報を見てみる

虫歯があまりに多いと「治療費はどのくらいかかるのだろうか?」と恐れおののいて、治したほうがいいと分かっているのに歯医者に行くのをためらってしまいますね。

生まれつき歯が弱く、20代ですでに虫歯だらけという人がいます。虫歯のことをう蝕といいますが、厚生労働省が調査したところによると、20代のう蝕は学生時代に比べて急増します。

参考:厚生労働省 平成28年歯科疾患実態調査結果の概要

義務教育中は、学校の先生や親から言われて歯医者に通うことが多いものの、社会人になると自己管理になるため、忙しいと虫歯の治療はつい後回しになってしまうのかもしれませんね。

しかし、虫歯は進行するもの。放っておけばどんどん悪化し、将来は治療できないような状態になる可能性があります。

そこで、この記事では20代で虫歯だらけの人にオススメの治療法や治療期間、費用などについて詳しくご紹介します。漠然としていたことが明確にわかると、計画的に虫歯治療ができるようになりますよ。

この記事がおすすめな人
    • 20代で虫歯だらけだけど、自分が悪いので歯医者に治療法を聞けない
    • 20代で虫歯だらけの場合、どんな治療をするのか知りたい
    • 虫歯を全部治すにはどのくらい費用と時間がかかるのか不安
    • 20代で虫歯だらけだけど、全部治したら銀歯ばかりになっちゃうの?
INDEX
  1. 20代で虫歯だらけになってしまう理由
  2. 20代で虫歯が多いと将来は総入れ歯?!
  3. 虫歯の治療法とかかる費用
    1. 3- 軽度の虫歯は被せものをする
    2. 3- 虫歯がひどい場合根管治療をする
    3. 3- 虫歯がひどい場合差し歯を入れる
    4. 3- 虫歯がひどい場合抜歯後に義歯を入れる
  4. 虫歯の治療費の考え方
  5. 20代で虫歯だらけの人は早急に歯医者さんへ!

1. 20代で虫歯だらけになってしまう理由

虫歯だらけだと自己管理が悪いというイメージがありますが、毎日しっかり歯磨きしていても虫歯になってしまう人もいます。20代で虫歯だらけになってしまう理由を挙げてみました。

    • 生まれつき歯質が弱い
    • 虫歯があると知っていたのに長いこと放置していた
    • 歯医者恐怖症で虫歯を治しに行けない
    • 虫歯の治療が辛くていつも途中でやめてしまう
    • 甘いものや間食が好き
    • 歯磨きが習慣化されていない

歯の表面のエナメル質や、その内部の象牙質の硬さには個人差があります。生まれつき歯質が弱い人は、普通に生活していても他の人より虫歯になりやすいのです。

患者さん

他にも色んな理由で虫歯になる要素があるんですね!

鈴木先生

症状を自覚しにくい虫歯もあるので、レントゲンではじめてたくさん虫歯があることに気がつく人もいますよ。

患者さん

それはびっくりするでしょうねー!

2. 20代で虫歯が多いと将来は総入れ歯?!

冒頭でも少し触れましたが、虫歯は放っておくとどんどん奥へと侵入していきます。最初は歯の表面が黒くなるだけですが、そのうち穴が空き、象牙質へと侵入します。それでも放置しておくと歯の根にまで虫歯菌が入り込み、神経に感染して神経が壊死してしまうのです。

最終的には歯が抜けてしまうため、虫歯だらけの歯が全部抜けてしまえば、将来総入れ歯になる可能性も十分あります。

虫歯の進行度合い

患者さん

C4なんて象牙質の色が変わっちゃってますね!

鈴木先生

神経が死んでしまうと、血管からの栄養も行き届かなくなるからです。

3. 虫歯の治療法とかかる費用

今虫歯がたくさんある人は、すぐに治療した方がいいです。とはいえ、いざ治療となると「銀歯だらけになるのでは?」「費用がたくさんかかるのではないか」など、分からないことがたくさんありますね。

そこで、症状別の治療方法と費用相場をご紹介します。

3-1. 軽度の虫歯は被せものをする

軽度の虫歯は、虫歯部分を削って詰め物や被せものをします。

1本あたりの費用相場:1000円程度
治療期間:2〜3週間程度

患者さん

よくある銀色のやつですか!

鈴木先生

保険内治療ではそうなりますね。ただ、前歯だけは白いプラスチック(コンポジットレジン)でできますよ。

鈴木先生

それに、自費診療なら白い詰め物を選ぶこともできますよ。

患者さん

よかった〜。

3-2. 虫歯がひどい場合1.根管治療をする

虫歯が歯の根にまで到達している時は、感染した神経を抜き、歯の根を消毒・殺菌薬剤を詰めて上から被せものをします。根管治療のメリットとデメリットは以下のようなものです。

    • メリット:抜歯しなくて済む、痛みを感じなくなる
    • デメリット:神経を抜くので歯がもろくなる、定期的に消毒をし続けなけても完治するのが難しい

1本あたりの費用相場:保険内は数千円、自費治療は7〜15万円程度
治療期間:2〜3ヶ月程度

患者さん

保険内治療と自費治療では何が違うんですか?

鈴木先生

自費治療では、保険内では使えない器具や機材、薬剤を使うことができるんです。そのため治療精度が格段に上がります。

患者さん

なるほどー。

3-2. 虫歯がひどい場合2.差し歯を入れる

差し歯とは、患部を削った後に歯の根に土台を入れて被せものをする方法です。主に前歯によく使われます。

    • メリット:気軽にできる、抜歯しなくて良い
    • デメリット:保険内のプラスチックは経年変色しやすい

1本あたりの費用相場:3000円〜8000円程度(保険内)
治療期間:2〜3ヶ月程度

鈴木先生

土台はぐらつかないように硬い金属でできていて、歯科用接着剤でがっちりとくっつけます。

患者さん

なるほどー。

3-3. 虫歯がひどい場合3.抜歯後に義歯を入れる

歯の根にまで虫歯が到達した時の従来からの方法です。抜歯をした後は歯が抜けたままの状態になるので、義歯を入れます。義歯の種類は以下の3つです。

◎部分入れ歯
抜歯した両サイドの歯にフックをかけて義歯を固定します。

    • メリット:保険内で治療できる、治療期間が短い
    • デメリット:噛む力が弱い、健康な歯に負担がかかる、寿命が短い

1本あたりの費用相場:5000円〜1万円程度(保険内)
治療期間:1〜2週間程度


◎ブリッジ
抜歯した両サイドの歯を削り、連結した被せものをします。

    • メリット:保険内で治療できる、治療期間が短い
    • デメリット:噛む力が弱い、健康な歯を削るとその歯ももろくなる、寿命が短い

1本あたりの費用相場:1〜2万円程度(保険内)
治療期間: 2週間程度


◎インプラント
抜歯した部分の骨に人工の歯の根を埋め込み、上に義歯を装着します。

    • メリット:寿命が長い、天然歯と変わらない使い心地
    • デメリット:外科手術が必要、初期費用が高額

1本あたりの費用相場:30万円程度〜(自費診療)
治療期間:3〜6ヶ月程度

患者さん

抜歯した後の義歯って、こんなに種類があったんですね!

鈴木先生

それぞれメリットやデメリットがあるので、先生によく聞いて決めるのがいいですよ。

4. 虫歯の治療費の考え方

たくさん虫歯があると、治療費についてどう考えたらいいか迷ってしまいますね。ここでは治療費の考え方や節約の仕方についてご紹介します。

◎保険適用内で治療できる
虫歯治療は保険内で行えます。1万円の治療をすれば、3割負担なら3000円で済みますね。

ただ、使う材料(銀歯、セラミックなど)は自由に選ぶことができません。保険内治療では最低限のラインの材料しか使えないことになっているからです(前歯は審美理由から白いプラスチック)。

費用を安く抑えたい場合は保険内治療がおすすめですが、強度や耐久性などを考えるなら、自費診療も考慮に入れるといいでしょう。

◎10万円以上は医療費控除の対象になる
虫歯がたくさんあって治療費が10万円以上かかった場合は、医療費控除の対象になります。10万円以下であっても、所得の5%以上の医療費を使っていれば控除の対象になります。最高200万円まで税金分が安くなるので、上手に使えば節約できますね。高額になりそうであれば、ぜひ調べてみてはいかがでしょうか。

国税庁「医療費を支払った時」

国税庁「医療費を支払った時」

患者さん

うーん、色々悩んじゃうなあ。

鈴木先生

例えば、今経済的な余裕がない場合は一旦保険内で治療しておいて、余裕ができたら徐々にセラミックに変えていくという方法もありますよ。

患者さん

なるほど〜!

鈴木先生

考え方は色々なので、担当医とよく相談することが重要ですね。

患者さん

分かりました!

5. 20代で虫歯だらけの人は早急に歯医者さんへ!

20代で虫歯だらけの人は、早急に治療することが大事です。ただ、どんな順番で、なぜその治療をするのかなど、治療方針や治療内容も詳しく説明してくれる歯医者さんを選ぶのも大切です。歯医者選びは、いくつか回って相談し、実際に話して決めましょう。

歯医者さんのサイトで口コミを見たり、治療実績などを見るのもおすすめですよ。痛みが怖い人は麻酔を使った治療をしてくれるところがあるので相談してみてくださいね。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 虫歯だらけになるのは、生まれつきの歯質と生活習慣
    • 虫歯は放置しておくとどんどん悪化する
    • 軽度の虫歯は被せものをする
    • ひどい虫歯の治療には、根管治療や差し歯がある
    • 歯の根まで失ってしまった場合はブリッジ、部分入れ歯、インプラントなどがある
    • 治療費は保険内診療と自費診療がある。違いは使う機材や薬剤