虫歯を放置すると起こる危険がある本当に恐い5つの病気とは?

虫歯を放置すると起こる危険がある本当に恐い5つの病気とは?
この記事の監修医情報を見てみる

虫歯を放置すると痛みがひどくなり、歯に大きく穴があいてしまうのは多くの人が知るところです。しかし、虫歯による弊害はそれだけではないことをご存知ですか?虫歯は全身の健康にとても関係があるのです。ここでは、虫歯を放置すると起こる可能性がある、深刻な病気についてご紹介します。

この記事がおすすめな人
    • 虫歯を長年放置してるけど平気?
    • 虫歯を放置しているとどうなるの?
    • 歯医者さんが怖くてなかなか行けない
    • 痛みがなくなったから虫歯はもう治ったかもしれない
    • 虫歯は自然治癒する?
INDEX
  1. 虫歯の放置で起こる可能性がある病気
    1. 歯原性菌血症
    2. 骨髄炎
    3. 副鼻腔炎
    4. 脳梗塞
    5. 心筋梗塞
  2. 虫歯は自然治癒しません
    1. 痛みがなくなったら危険度MAX!
  3. 虫歯は全身を蝕む恐ろしい病気です

虫歯の放置で起こる可能性がある病気

虫歯が原因で起こる全身の病気は、以下のようなものです。

    • 歯原性菌血症
    • 骨髄炎
    • 副鼻腔炎
    • 脳梗塞
    • 心筋梗塞

あまり聞いたことがないような病気もあるかもしれませんね。ひとつずつ説明していきましょう。

1.歯原性菌血症

菌血症とは、血管の中に細菌が入り込んで全身に運ばれてしまうことをいいます。ただし、血中に混ざるだけでこの時点で何かが起こるということではありません

もし、歯原性菌血症になったとしても、通常は身体の免疫機能が働いているおかげで重篤な病気にはつながりません。しかし、何らかの原因で免疫機能が低下すると、重篤な病気を引き起こすことがあります。

柿木先生

強い力でゴシゴシ歯を磨いても原因になることがあります。

さるくん

え!歯磨きでも?強くこすらないと汚れが落ちない気がするって人も多いんじゃないんですか?

柿木先生

そうですね。でも、柔らかいプラークを落とすだけだからそんなに力は必要ないんですよ。

虫歯や歯周病があると、虫歯や歯周病の原因菌が歯茎から入り込んで、様々な病気を引き起こすリスクを高めます。また、口内の衛生状態が悪いと、硬い食べ物を食べただけで起こることもあります。

2.骨髄炎

骨髄炎とは、骨の中で細菌が繁殖してしまう病気です。骨髄炎にかかると腫れや激痛、発熱、吐き気などの症状が出ます。

虫歯の症状が進んで顎の骨髄にまで達すると、菌が骨の内部に侵食して腐ってしまい、骨髄炎になる可能性が高いです。

さるくん

骨髄炎って治療できるんですか?

柿木先生

はい、抗生物質の点滴などをします。入院して治療することもありますよ。虫歯のほかには2歳未満の子どもがなることもあります。

さるくん

小さい子どもが激痛って、かわいそうだなぁ。

柿木先生

そうですね。手足でかかると動かすのを嫌がるくらいなので、顎骨でなるとどれほど痛いのかは容易に想像できますね。

3.副鼻腔炎

上の歯の虫歯が悪化した場合、副鼻腔炎(蓄膿症)になることがあります。上顎のすぐ上には鼻とつながる大きな空間があり、虫歯が悪化するとそこに膿が溜まってしまうのです。昔の治療跡の詰め物の下で虫歯が進行していることもよくあるので、注意が必要です。

副鼻腔炎の症状は、頭痛、頬の鈍痛、強烈な悪臭があります。ひどくなると生活できなくなるほどの頭痛や悪臭になるでしょう。

さるくん

頭痛もイヤだけど、悪臭がひどくなると人前に出たくなくなるかもしれないですね。

柿木先生

そうですね。実際は人に気づかれるより先に自分のほうが強く感じるので、気分が悪くなる人も多いようです。

さるくん

副鼻腔炎になったら、どの病院に行けばいいんですか?

柿木先生

虫歯が原因の場合は虫歯の治療もしなければならないので、歯医者さんですね。

4.脳梗塞

歯原性菌血症は免疫機能が追いつかずに血管の中に菌が入ってしまう現象ですが、血中に菌が入るとそれが変化して、動脈硬化になることがあります。脳や首の血管で動脈硬化が進行するのが、脳梗塞です。最近の研究で、脳梗塞の原因のひとつに歯原性菌血症が加えられました。

さるくん

じゃあ、歯茎から菌が入ったせいで脳梗塞になることもあるってことですか?

柿木先生

そうですね。恐ろしい話ですが本当です。

5.心筋梗塞

動脈硬化は心筋梗塞も引き起こします。動脈硬化とは、血管の中に塊ができて血流が悪くなることですが、心臓の筋肉への血流が滞ると、酸素が送れなくなって心筋梗塞が起こってしまうのです。

さるくん

虫歯を放っておいただけでこんなことになるとは…。

柿木先生

虫歯は小さい子でも知っている身近な病気ですが、決してあなどれないんですよね。

虫歯は自然治癒しません

歯医者さんが怖くて、または行くのが面倒で虫歯を放置してしまうという人もいますね。しかし、虫歯は自然治癒するものではありません。ごく初期の虫歯なら自然治癒すると言われていますが、それはいうなれば”脱灰”の段階です。脱灰はエナメル質の表面が溶け出した状態で、唾液の成分や歯みがき粉の有効成分で修復することができます。

しかし、歯の表面の色がくすんだり、黒ずんだりする段階の虫歯は、もはや唾液の自然治癒力や歯みがきだけでは治りません。

柿木先生

脱灰と再石灰化は口の中で常に起こっていることですが、再石灰化が追いつかなくなると虫歯になってしまうんです。

さるくん

再石灰化が追いつかなくなるってどんなときですか?

柿木先生

食べた後歯磨きしないでプラークが歯にくっついたままとか、酸っぱいものを頻繁に食べたり飲んだりですね。

さるくん

まさにそれが、虫歯になるための条件ってわけですね!

柿木先生

そのとおり。

痛みがなくなったら危険度MAX!

痛みのある虫歯を我慢してしばらくすると、気づいたらあれほど激しかった痛みが消えていることがあります。しかし、「虫歯が治った!」と思ってはいけません。虫歯がより進行して、神経が壊死してしまった状態なのです。神経が死んでいるので痛みは感じませんが、虫歯の進行は止まりません。虫歯が重症化すると歯の根の下に膿の袋ができ、膿がたまると再び痛みがでます

柿木先生

こうなると、歯を抜いてしまうか根管治療をする必要があります。

さるくん

根管治療ってなんですか?

柿木先生

歯の根の内部を洗浄して消毒し、薬剤を詰める治療のことです。根管治療をすることで抜歯しなくて済む場合もあります。

さるくん

そんないい治療法があるなら、みなな抜歯しないで根管治療にすればいいんじゃないんですか?

柿木先生

根管治療は高度な技術が必要な難しい治療で、やっている歯医者さんはまだ少ないんですよ。

さるくん

なるほど、そういう理由があるんですね。

虫歯は全身を蝕む恐ろしい病気です

さるくん

今日は新しいこと色々知っちゃったな!

柿木先生

そうですね。歯科医療はどんどん研究が進んでいますから、新しいことが分かったらまたお話しますね。

虫歯を放置すると、容易に細菌が血流に乗って全身に巡ってしまいます。血管内に細菌がいるだけでは何も起こりませんが、体調を崩したりすると、重篤な病気につながります。そんなことにならないように正しい歯磨きをこころがけ、口内はいつも清潔にしましょう。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 歯原性菌血症は歯茎の傷などから血中に菌が入り込むこと
    • 骨髄炎は骨の中で菌が繁殖する病気
    • 副鼻腔炎は上顎の空洞に膿がたまる病気/li>
    • 脳梗塞は歯原性菌血症が進行して起こる
    • 心筋梗塞も歯原性菌血症が進行して起こる
    • 虫歯が重症化すると一旦痛みが収まるが膿がたまると痛みは復活する
  • 虫歯は自然治癒しない