歯茎が腫れてしまったら!すぐに腫れや痛みを取れる6つの応急処置法

歯茎が腫れてしまったら!すぐに腫れや痛みを取れる6つの応急処置法
この記事の監修医情報を見てみる

急に歯茎が腫れてしまったら不安になりますね。放置しておくと腫れがひどくなったり痛みが出てきたりすると聞けばなおさらです。しかし、今すぐ病院に行けないような時は、自分で応急処置をしてみましょう。ここでは自分ですぐにできる応急処置の方法をご紹介します。原因ややってはいけないこともお伝えしますので、参考にしてみてくださいね。

この記事がおすすめな人
    • 歯茎が腫れた時に自分でできる応急処置を知りたい
    • 歯茎が腫れた時に腫れを引かせる方法を知りたい
    • 歯茎が腫れた時の痛みを取る方法を探している
    • 歯茎が腫れた時に自分で膿を出す方法を知りたい
INDEX
  1. 歯茎が腫れたときの5つの応急処置
    1. 1-患部を冷やす
    2. 1-鎮痛剤を飲む
    3. 1-ブラッシングをする
    4. 1-殺菌作用のあるうがい薬やマウスウォッシュを使う
    5. 1-休養を取る
  2. 歯茎が腫れる6つの原因と対処法
    1. 2- 虫歯の悪化
    2. 2- 歯周病
    3. 2- インプラント周囲炎
    4. 2- 歯の根のトラブル
    5. 2- 親知らずのトラブル
    6. 2- 口内炎
  3. 自分で膿を出すのはNG!
  4. 歯茎が腫れたときのまとめ

1.歯茎が腫れたときの5つの応急処置

歯茎が腫れてしまったら、まずは以下のようなことを試してみてください。特別なものを用意する必要はありません。自宅にあるもので対応できますよ。

1-1.患部を冷やす

濡れタオルや保冷剤があれば唇の上から冷やします。保冷剤はそのままでは冷たすぎるので、ハンカチやバンダナなどにくるむと良いでしょう。冷やすと痛みも引いて来ることが多いです。ただし、直接氷などを当てると患部を傷つけることがあるので避けてくださいね。

鈴木先生

歯茎が腫れるのはなんらかの原因で炎症が起きている証拠ですから、冷やすと炎症がおさまりますよ。

さるくん

なるほどー。打撲なんかで腫れちゃった時と一緒ですね!

1-2.鎮痛剤を飲む

痛みがひどい時は、市販の鎮痛剤を飲んでください。家に常備しているもので構いません。ただし、あくまでも応急処置なので、早めに病院に行ってください。

鈴木先生

痛み止めを飲み続けると効いてこなくなることがありますし、何より根本的な解決にはなりません

さるくん

そうですよねー。胃にも悪そうです!

1-3.ブラッシングをする

口内に歯垢などの汚れが溜まって炎症を起こしている場合は、口内をきれいにしなければ炎症がおさまりません。歯磨きなどで歯垢を除去した後、柔らかめの歯ブラシで歯茎をマッサージすることで、歯茎が引き締まり炎症がおさまるケースがあります。

鈴木先生

汚れをそのままにしておくと症状が悪化する恐れがあります。

さるくん

そりゃ大変だ!腫れてるとブラッシングは痛そうだけど、やっているうちに改善するんですか?

鈴木先生

軽度の歯周病の場合なら改善しますよ。

1-4.殺菌作用のあるうがい薬やマウスウォッシュを使う

痛くてブラッシングができない場合は、殺菌効果のあるうがい薬やマウスウォッシュを使うのがおすすめです。アルコール成分が入っていると刺激になるので、アルコールフリーのものを選ぶのが良いでしょう。

鈴木先生

マウスウォッシュは、歯周病ケア用のものならほとんど殺菌成分が入ってますよ。

さるくん

歯周病ケアのなら、刺激も少ないものが多いですよね!

鈴木先生

さすがサルくん。そのとおりです。

1-5.休養を取る

ストレスや疲労が原因で歯茎が腫れることもあります。最近疲れが溜まっているなと感じたら、意識して休養を取るようにしましょう。なかなか忙しくて休養が取れない人は、寝る前に少し時間を取ってリラックスするのがおすすめです。好きな香りや紅茶などを淹れてゆったりと過ごしてみてくださいね。

さるくん

ストレスで歯茎が腫れることがあるんですか!

鈴木先生

女性ホルモンの関係で、一時的な内分泌異常などが起こることがあるんです。

さるくん

へえ〜、病気じゃなくても起こるんですね!

2.歯茎が腫れる6つの原因と対処法

歯茎が腫れるということは、何らかのトラブルが起こって炎症が起きているからです。原因は、以下のようなものが考えられます。

2-1. 虫歯の悪化

虫歯が歯の内部深くにまで進むと神経に達してしまいます。神経が虫歯菌に侵されると炎症を起こし、歯の根の周りまで炎症が及んで歯茎が腫れてしまうのです。悪化した虫歯は治療が必要ですので、できるだけ早めに歯科医院を受診しましょう。

鈴木先生

はじめての虫歯以外にも、詰め物の下で虫歯が再発して歯茎が腫れるケースもあります。

さるくん

うわっ、治療跡でもなっちゃうんですねー!

2-2. 歯周病

歯周病は歯と歯茎の境目に細菌が入り込んで炎症を起こす病気です。炎症を起こしながら歯や歯の周りの組織を溶かしてさらに奥深くに進んでしまうので、炎症が起きたらすぐに対処しなければなりません。

軽い炎症の段階なら歯ブラシのマッサージで改善できますが、歯周病がひどくなると治癒できなくなります。歯科医院で消毒や殺菌をして進行を止める処置が必要です。

さるくん

え!歯周病って治らないんですか?

鈴木先生

進行を止めてそれ以上悪化しないようにすることはできますが、歯周病は骨を溶かしていってしまうので、その前に食い止めるのが重要なんです。

さるくん

そうなんですか!じゃあ、歯茎が腫れてきたら早めに歯医者さんに行った方がいいですね。

鈴木先生

そのとおり。歯周病用の歯磨き粉を使うのもおすすめですが、できれば歯医者にかかってきちんと治療を受けるのがいいですね。

2-3. インプラント周囲炎

インプラントを入れている人は、インプラント周囲炎になっている可能性があります。インプラント周囲炎とは、天然歯がかかる歯周病と同じようなものです。ただし、インプラント周囲炎は通常の歯周病よりも進行が早いので、歯茎の腫れやその他の異常に気づいたら、なるべく早くかかりつけ医に相談してください。

鈴木先生

インプラントは日頃のケアと定期メンテナンスでインプラント周囲炎にかからないように注意することが何よりも大事です。

さるくん

インプラントの人は定期メンテナンスを受けてるんですね。

鈴木先生

はい。それでもかかってしまう可能性もあるので、厄介ですね。

2-4. 歯の根のトラブル

歯の根のトラブルで考えられるのは、以下の2種類です。

    • 歯の根の破損
    • 歯の根に膿が溜まっている

溜まった膿は、歯茎に穴があいて少しずつ排出することもありますが、口臭がひどくなる可能性が高いです。排出されない場合は腫れと痛みがひどくなります。いずれの場合も歯科医院での治療が必要です。

さるくん

歯の根に膿が溜まるってどういうことですか!

鈴木先生

根尖性歯周炎というんですが、虫歯が悪化した場合や、神経を取った後に細菌が残ってしまった場合になります。

2-5. 親知らずのトラブル

親知らずが曲がったり倒れたりした状態で生えている場合、歯垢が溜まって炎症を起こすことがあります。これを智歯周囲炎といい、歯科医院で抜歯や抜歯した場所の消毒などをして治療します。

鈴木先生

親知らずは根っこ部分が曲がっていたり、半分だけ埋もれて生えてトラブルになることが多いんです。

さるくん

だから抜いたほうがいいんですね!

鈴木先生

もちろん、まっすぐに生えて機能している親知らずは抜かなくても大丈夫ですよ。

2-6. 口内炎

口内炎が口の中にあっても歯茎が腫れることがあります。通常は自然治癒しますが、なかなか治らない場合は別の病気の可能性があるので注意が必要です。

さるくん

別の病気って全身の病気ですか?

鈴木先生

そうです。そういった場合は、歯科医院から内科などに紹介しますよ。

3. 自分で膿を出すのはNG!

歯茎が腫れて膿が出ている場合、膿を出してしまえばいいのではないかと思うかもしれませんが、これはやってはいけません。指などで押すと余計な力が加わって腫れがひどくなる可能性があります。また、細菌が入ってしまう危険性もあるので、膿が出ている場合は早急に歯科医院に行きましょう。

鈴木先生

奥歯で膿が出ている場合は、唾液と混ざって苦くなるので分かります。

さるくん

苦い唾液が続いたら、膿が出てる可能性があるってことですね!

4. 歯茎が腫れたときのまとめ

歯茎の腫れは炎症という形のトラブルのサインです。トラブルは原因を取り除かなければ改善しません。また、口の中だけの問題ではない場合も考えられます。まずは早急に歯科医院に行って診察を受けましょう。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 冷やす時は直接ではなく唇の上から
    • 痛みがひどい時は市販の鎮痛剤を飲んで様子を見る
    • 殺菌成分のあるうがい薬やマウスウォッシュも有効
    • 疲れやストレスが溜まっている時は、休むと腫れが引くことがある
    • 歯茎の腫れの原因は虫歯や歯周病、歯の根のトラブルなど
    • 応急処置はあくまでも一時的なもの。しっかりとした治療が必要