歯茎から血が出るのはどうして?5つの原因や対処法について

歯茎から血が出るのはどうして?5つの原因や対処法について
この記事の監修医情報を見てみる

食事した時や歯磨きをした時に歯茎から血が出ると不安になりますね。歯茎からの出血は、歯肉や歯になんらかのトラブルが起こっている可能性や、血が止まりにくい病気にかかっている可能性が考えられます。この記事を読めば、歯茎からの出血の原因が分かり、受診すべき病院や自宅でどんなケアをしたら良いかが分かるでしょう。

この記事がおすすめな人
    • 親知らずを抜歯したあと歯茎から血が出るようになった
    • 定期検診では虫歯も歯周病もなしと言われたのに歯茎から血が出た
    • 歯茎から血が出るのはなにかの病気なの?
    • 歯茎から血が出るのはやっぱり歯周病?
INDEX
  1. 歯茎から血が出る原因
    1. 1-虫歯が歯茎の中まで進行している
    2. 1-歯肉炎や歯周炎で歯茎に炎症が起きている
    3. 1-歯の被せものが歯茎を圧迫している
    4. 1-親知らずの抜歯がドライソケットになっている
    5. 1-全身の病気の可能性も
  2. 歯茎から血が出る多くの場合は歯周病のサイン
    1. 2-歯肉炎は治癒できる
    2. 2-歯周炎は治癒しない
  3. 歯周病が悪化すると全身疾患の危険も!
  4. 歯周病の予防と治療
    1. 4-歯磨き時の出血程度ならブラッシングで改善できる
    2. 4-膿や痛みがある場合は歯医者さんへ
  5. 血を出し切ったほうがいいは間違い
  6. 歯茎から血が出るときのまとめ

1.歯茎から血が出る原因

歯茎から血が出る原因は様々ですが、その多くは歯や歯茎にトラブルが起こっていると考えられます。

1-1.虫歯が歯茎の中まで進行している

虫歯が悪化して歯茎の内部にまで進行すると、歯茎の組織が細菌の侵入を防ごうとして炎症を起こします。炎症が起こって腫れたりブヨブヨしたりした歯茎は刺激に弱いので、歯ブラシや食べ物があたると容易に出血してしまうのです。

さるくん

へえー、知らなかったなあ。歯茎から血が出るのって歯周病だけかと思ってましたー。

鈴木先生

そうですね。歯周病のイメージが強いですけど、虫歯の悪化でも出血するんですよ。

1-2.歯肉炎や歯周炎で歯茎に炎症が起きている

歯茎に炎症が起きて歯肉炎や歯周炎になっていると、出血しやすくなります。

鈴木先生

これも虫歯の時と理屈は同じで、歯茎が細菌に対抗しているからです。

さるくん

風邪をひくと熱が出るのと一緒ですかね?

鈴木先生

鋭いですね!そのとおりで、炎症は身体の免疫機能のひとつですね。

1-3.歯の被せものが歯茎を圧迫している

虫歯で治療した場所の被せものが合っていなくて歯茎などを圧迫しているような時にも出血は起こります。被せものが合っていない時は痛みや噛んだ時の違和感が出ることも多いので、早急に歯医者を受診しましょう。

鈴木先生

合っていない被せものを使い続けると、咬み合わせのバランスが崩れてしまいます。

さるくん

ということは、歯並びも悪くなったりするってことですか!

鈴木先生

それもありますし、片頭痛や肩こりの原因にもなりますよ。

1-4.親知らずの抜歯がドライソケットになっている

親知らずを抜歯した後、かさぶたがうまくできないとドライソケットになる可能性が高いです。ドライソケットは、抜歯した部分を舌や指で触る、歯ブラシで刺激する、強い力でうがいをするなどで起こります。

鈴木先生

要するに、かさぶたがいつまでたっても出来ないので血が止まらないということです。

さるくん

抜歯したらそっとしておかなきゃダメなんですね!

1-5.全身の病気の可能性も

歯茎からの出血は、口内ではなく糖尿病、白血病、ビタミンC欠乏症などの全身疾患のサインの場合もあります。また、子どもの歯茎から血が止まらない場合は血友病の可能性もあるので要注意です。

鈴木先生

血友病は血が止まりにくい病気です。通常は固い食べ物などで歯茎に傷がついても、唾液の作用ですぐに血が止まります。

さるくん

でも、血友病の場合は…。

鈴木先生

そう、血が止まりにくいんです。びっくりするかもしれませんが、様子を見て2時間以上止まらない場合は病院に連絡してくださいね。

2.歯茎から血が出る多くの場合は歯周病のサイン

歯茎からの出血の多くは、やはり歯周病のサインである可能性が多いです。というのも、日本人の45歳以上の約8割は歯周病(ごく軽度を含む)で、そのうち約4割に歯肉出血が認められるからです(参照:厚生労働省 e-ヘルスネット)。

e-ヘルスネット「歯周疾患の有病状況」より引用

歯周病には段階に応じて歯肉炎と歯周炎に分けられます。歯周病のはじまりは歯肉炎で、重症になってくると歯周炎に進みます。

2-1.歯肉炎は治癒できる

歯肉炎は、歯茎だけに炎症が起こっている状態です。歯肉炎の段階では、歯ブラシのマッサージで歯肉を引き締めれば症状が改善できる場合が多いです。

さるくん

歯磨きだけで治るんですね!

鈴木先生

そうですね。歯茎の血行が良くなって、栄養が行き渡りやすくなります。

2-2.歯周炎は治癒しない

歯周炎は歯肉炎が骨にまで進み、骨が溶かされてしまった状態です。ここまで症状が悪化してしまうと、溶けてしまった骨は元には戻せません

さるくん

うわー、できれば歯肉炎の段階で改善したいですね!

鈴木先生

歯茎から血が出た段階でブラッシングによるマッサージをしていれば、ほとんどの場合は改善します。放置しないことが大切ですね。

3.歯周病が悪化すると全身疾患の危険も!

歯周病を起こす細菌が血液に乗って体内に入り込むと、細菌が血管の中で固まって梗塞を引き起こすことがあります。その他にも、歯周病は糖尿病、心疾患や慢性腎臓病、呼吸器疾患、骨粗鬆症、関節リウマチ、がんなど様々な全身疾患に関係していることが最近の研究で分かってきました。

妊娠している場合は早産や低体重児出産のリスクを高めることも報告されています。口内を清潔にして歯周病を予防することは、全身の健康を守ることにもつながるのです。

鈴木先生

歯周病は生活習慣病のリスクファクターと重なる部分も多いんです。

さるくん

食べ物とかタバコとかですか?

鈴木先生

そうそう。それから飲酒、休養、運動習慣などもありますね。

さるくん

本当に一緒の部分が多いんですねー!

4.歯周病の予防と治療

歯周病は歯を失う原因の多くの割合を占めています。歯を失うと食べるものが限られるようになり、全身の老化が進むなど体全体の健康に大きく悪影響を及ぼす可能性が高いです。歯周病を改善するには、症状がどの段階かによって異なります。

4-1.歯磨き時の出血程度ならブラッシングで改善できる

歯磨き時に出血した場合は、歯肉炎になっている可能性があります。ごく初期の歯周病なので、歯磨き時に柔らかめの歯ブラシでマッサージすれば、数日〜1週間程度で出血がなくなるでしょう。

さるくん

出血がなくなれば、改善されたって考えていいんですか?

鈴木先生

はい。出血が治まるということは、歯茎が引き締まって元に戻ったと考えて良いでしょう。

4-2.膿や痛みがある場合は歯医者さんへ

歯茎からのがある場合や、強い痛みを伴う出血の場合は、歯周炎になっている可能性が高いです。歯周病が悪化しているので、早急に歯科医院を受診してください。

鈴木先生

歯周病は進行が早いので、早めに治療が必要です。放っておくと最終的には歯が抜けてしまいます。

さるくん

そ、それは本当に大変ですね!

5.血を出し切ったほうがいいは間違い

歯茎からの出血は出し切ったほうがいいという説もありますが、これは間違いです。無理に歯茎を押して血を出したりすると歯茎を痛めますし、細菌が入ってしまう可能性があります。

おそらく、出血が怖くて磨けない人に対して「(マッサージのために)磨いたほうがいい」と言ったのを、いつのまにか「血を出し切ったほうがいい」に変換されてしまったのかもしれません。

鈴木先生

歯ブラシでゴシゴシこするのはNGをですが、柔らかめの歯ブラシで丁寧に磨くのはやったほうがいいです。

さるくん

なるほどー、そういうことですね!

6.歯茎から血が出るときのまとめ

歯茎からの出血は、身体にトラブルが起こっているサインです。歯茎から血が出たら、怖がらずにまずは柔らかめの歯ブラシでいつもより丁寧にブラッシングしてみましょう。歯茎や歯と歯茎の境目をマッサージするように、細かく揺するように動かします。しばらく続けても出血が止まらないようなら、別の原因が考えられます。まずは歯科医院に行って、状況を説明しましょう。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 虫歯が歯茎の中まで進行すると出血することがある
    • 歯周病では初期段階で出血することが多い
    • 被せものが合っていないせいで出血することもある
    • 親知らずの抜歯後にドライソケットになっている可能性がある
    • 歯茎の出血が全身疾患のサインである場合もある
    • 歯磨き時の出血程度なら丁寧なブラッシングで改善できる
    • 膿や強い痛みがある場合は至急歯医者を受診する