一生、歯を1本も失わない宣言!予防歯科が提唱するKEEP28について

一生、歯を1本も失わない宣言!予防歯科が提唱するKEEP28について
この記事の監修医情報を見てみる

歯が痛くなってから慌てて歯医者に駆け込んで、削って、詰めて、被せる、そんな治療はもう古い!?

歯科医療のトレンドは、治療より予防。そうはいっても実際に、歯が生えてから1本も失うことなく生涯を終えることなど、できるのでしょうか?

トラブルのリスクを未然に察知し、病気を発症させないようお口の健康管理を行う歯科医師「オーラルフィジシャン」が提唱する「KEEP28」について解説します。

この記事がおすすめな人
    • 歯の治療も、歯医者に行くのも、苦手な方。
    • 歯が痛くなって治療するような嫌な思いをしたくない方。
    • 一生、よく噛めるキレイな歯で快適に過ごしたい方。
    • 食べる幸せを、生涯を終える最期まで大切にしたい方。
    • 「KEEP28」とは何か?何の役に立つのか知りたい方。
INDEX
  1. KEEP28とは?
    1. 永久歯の本数は?
    2. 「人生100年時代」の新しい目標
  2. 治療型歯科から予防型歯科へ
    1. 予防型歯科医院とは?
  3. KEEP28達成のためにメンテナンスを受けよう
    1. 歯科医院でプロケア
      1. 歯磨きチェック、歯磨き指導
      2. 歯・歯茎・粘膜の状態を確認
      3. 虫歯や歯周病の原因になる細菌を除去
      4. 磨き残した歯垢を専用機器で除去
      5. フッ素塗布で虫歯予防
    2. ホームケアを継続
  4. 歯を喪失しない「KEEP28」を達成して生涯現役!幸せな人生を!

KEEP28とは?

さるくん

KEEP28!?それって「8020運動」とは違うんですかー?

櫻井先生

8020運動は、「80歳になっても歯を20本保とう」という運動ですが、KEEP28は「歯が生えそろってから一生を終えるまで、歯を1本も失わない」という運動ですね。

さるくん

えぇー!1本も?じゃあ人生100年時代といわれる今、100歳で28本の歯を残すってことですか?

櫻井先生

そういうことです。ただ残すだけでなく、機能を保ちながら残すことが目的です。予防に力を入れていけば、不可能ではないと思いますよ。

さるくん

へぇー!そうなんですね!今はKEEP28の時代なんだ~!

■ 「8020運動」については下記の記事が参考になります。歯を残すメリットやセルフケアの方法についても解説しています。

歯医者さんの「8020運動」って何?高齢になっても歯を残すメリット

永久歯の本数は?

さるくん

ん?永久歯って全部で何本あるんでしたっけ?

櫻井先生

28本です。親知らずの4本を入れると32本なので、人によって28~32本の間ということになります。

さるくん

なるほど!親知らずはカウントしてないんですねー!

永久歯は、親知らず除くと上下合わせて28本です。

親知らずの4本を入れると32本ですが、親知らずはすべての人が生えてくるわけではないですし、抜いたほうが健康に良いケースも多いため、「KEEP28」では、28本で全ての歯が残っているとカウントします。

永久歯は、子供の歯である乳歯から6歳くらいを目安に生え変わり始め、15歳くらいまでに28本が生えそろいます。

「人生100年時代」の新しい目標

これまで歯の健康維持のための啓蒙キャンペーンとして、広く「8020運動」が提唱されてきました。

 「80歳になっても歯を20本残すことを目指そう、そうすればいくつになっても食べる楽しみを感じ、快適に過ごせる」という日本歯科医師会と厚生労働省からのメッセージです。

しかし、この運動が開始されたのは1989年、平成元年です。

それから30年以上の年月が過ぎた現在、平均寿命は80歳を軽く上回り、8020運動の達成率も、スタート当時は7%程度でしかなかったものが、今では51.2%(2017年厚生労働省発表「歯科疾患実態調査」より)となりました。

人生100年時代を迎え、次のステップとして予防歯科を重視する歯科医から100歳で28本達成を目指す「KEEP28」が提唱されています。

さるくん

へぇー!今は、2人に1人が、80歳で20本の歯を保っているんですねー!スゴイ!それで次のステップへ進めるんですねー!

櫻井先生

はい。今や人生100年時代ですからね。最期のひとときまで健康で生きぬくために、「KEEP28」は非常に大切な取組みです。

治療型歯科から予防型歯科へ

さるくん

さっきから「予防歯科に力を入れている歯医者さん」の話がよく出てくるんですが、どういうことですかー?

櫻井先生

これまでは、歯が痛くなってから歯医者に行く人がほとんどでしたよね?予防歯科では、虫歯や歯周病の発症そのものを防ぎます。

さるくん

病気になってから治すのではダメなんですか?

櫻井先生

はい。一度治療した歯は脆くなります。10年経たずに再発しているケースがほとんどなんです。

さるくん

言われてみればー!前に直したはずなのに、また虫歯になってしまった!ってことが、よくありますー!

櫻井先生

ですから、歯を1本も失くさない「KEEP28」達成のためには、まず虫歯や歯周病にならないように予防することが重要なんです。

歯の健康に保つためには、歯を削る、詰める、被せるといった治療をしないまっさらな状態で維持することが、もっとも効果的です。

現在はインプラントなどの先進的な歯科医療の技術が進化してはいますが、天然の歯ほど優秀なものはありません。

人工の歯にも、噛む機能や見た目の美しさで引けをとらないものもありますが、天然の歯には、再石灰化や自浄作用といった機能があります。歯を強化したり、感染症を防御したりといった生体ならではの働きまで備えているのです。

天然の歯をそのまま維持できれば歯の健康には一番良いのですが、虫歯や歯周病になってしまったら治療をしないわけにはいきません。

だからこそ病気を発症しないように、未然に予防することが大事なのです。

予防型歯科医院とは?

患者さんが、定期的に検診とメンテナンスに通うための予防&管理システムが構築された歯科医院です。

ケアを行う歯科衛生士が担当制で、毎回顔なじみのスタッフが施術を行うクリニックもあります。

経過を子細に把握できるメリットがあるだけでなく、「一緒に予防をがんばる」という心理効果が働き、通院のモチベーションアップにもつながります。

櫻井先生

予防型歯科医院の中には、予防のためのフロアを完全に分離し、予防フロアには歯を削るキーンというドリル音などが聞こえない状態にしているところもありますね。

さるくん

へぇー!それいいですね!あの治療音がイヤで歯医者さんに行きたくなくなるんですよねー!

櫻井先生

そんな歯科医院では、まるで美容院やマッサージサロンに通うように、患者さんが歯のメンテナンスに通いやすい雰囲気を構築していますよ。

さるくん

へぇー!リラックスできそう!歯医者さんに通うのが楽しみになりますねー!

KEEP28達成のためにメンテナンスを受けよう

さるくん

KEEP28いいなー!ぼくも達成を目指したいですねー!予防歯科ではどんなことをするんですかー?

櫻井先生

では予防歯科の定期メンテナンスではどんなことが行われるのか、プロケアの流れを見ていきましょう。

歯科医院でプロケア

歯の予防を効果的に行うためには、毎日の歯磨きを徹底することが基本です。それに加え、歯科での定期的なメンテナンスが欠かせません。

歯科医師、歯科医衛生士による歯科医療の国家資格を持ったプロによるオーラルケアは、下記のような流れで行われます。

歯磨きチェック、歯磨き指導

毎日の歯磨きが上手くできているか口内をチェックします。

磨き残したところが赤く染まる液を使って可視化することもあります。

歯磨きが苦手なところを、しっかり磨ける方法について指導を受けます。

歯・歯茎・粘膜の状態を確認

歯・歯茎・粘膜の状態を確認し、虫歯や歯周病をはじめ、口内の病気のリスクをチェックします。

虫歯や歯周病の原因になる細菌を除去

虫歯や歯周病の原因となる歯垢を、スケーラーという専用の器具を用い、プロの手技で除去します。毎日の歯磨きでは取れない歯垢や歯石が取れます。

磨き残した歯垢を専用機器で除去

手技では取り除けない汚れを、専用の機械を使って取り除き、歯の表面を磨き上げます。仕上がりはツルツルになり、虫歯菌や歯周病菌がつきにくくなります。

コーヒーや紅茶、タバコのヤニなど、歯の表面についた着色汚れも除去できるので、歯本来の自然な白さに戻ります。

フッ素塗布で虫歯予防

歯質の強化に役立つフッ素塗布を行い、虫歯を予防します。

ホームケアを継続

指導を受けた通りに、自宅でもしっかりと歯磨きを継続します。定期メンテナンスは3カ月~6カ月に1回、それぞれのお口の状態に合わせた適切なタイミングで通います。

歯を喪失しない「KEEP28」を達成して生涯現役!幸せな人生を!

さるくん

予防歯科なら、スタッフさんと一緒に、予防を計画的に進めていけるんですねー!

櫻井先生

かかりつけの予防歯科を決めて、定期メンテナンスにしっかり通ってくださいね。もし歯にトラブルが起きても早期発見できますよ。

さるくん

はーい!予防歯科に通えば、ぼくも「KEEP28」を達成できそうな気がしてきましたー!

記事の重要ポイントをチェック!
    • KEEP28とは「生涯1本の歯も失わない」という人生100年時代の目標。
    • KEEP28は、予防歯科に力を入れる歯科医師が提唱する運動。
    • 歯は一度治療すると脆くなる。歯が悪くなる前に発症を防ぐのが大切。
    • 治療より予防が歯科医療のトレンド。定期メンテナンスに通おう。
    • 予防の基本は、毎日の歯磨きの徹底。プロケアと併せて継続しよう。