「妊娠すると歯がぼろぼろになる」というのはホント?胎児への影響は?

「妊娠すると歯がぼろぼろになる」というのはホント?胎児への影響は?
この記事の監修医情報を見てみる

妊娠をきっかけに、歯茎から血がでるようになったとか、虫歯ができたとか、「急に歯が悪くなってしまった」という話をよく聞きます。

「妊娠すると歯がぼろぼろになるのは、おなかの赤ちゃんに栄養がいってしまうから?」と思っている人も多いようですが、果たして実際は、どうなのでしょうか?

そこで今回は、マタニティ歯科に詳しい歯科医に、妊娠と歯の関係について話を聞きました。

歯磨きがつらいとき、少しでも楽にオーラルケアができる方法についても紹介しています。生まれてくる赤ちゃんのためにも、この記事を最後まで読んでみてくださいね。

この記事がおすすめな人
    • 妊娠したら歯がぼろぼろになるのでは、と心配な方。
    • 胎児に栄養を取られるから妊婦の歯が悪くなる?
    • 妊娠しても歯を悪くしない方法を知りたい方。
    • 妊娠中は歯磨きができなくて困っている方。
    • 妊娠中、歯科へ行ってもいいのか迷っている方。
INDEX
  1. 赤ちゃんにカルシウムが取られるという、ウソ
  2. なぜ妊娠すると、歯がぼろぼろになるの?
    1. 女性ホルモンの影響
    2. ダラダラ食べ
    3. 歯磨き不足
  3. 妊婦のお口の環境が悪化すると、どうなる?
    1. 早産・低体重児出産のリスク
    2. 赤ちゃんが虫歯になりやすい
  4. 妊娠中こそ歯磨きをしっかりと
    1. ヘッドの小さい歯ブラシを使う
    2. 歯磨き粉は低刺激のものを使う
  5. 歯科医療機関で定期検診&クリーニングを

赤ちゃんにカルシウムが取られるという、ウソ

うさぎさん

妊婦さんって、赤ちゃんのためにカルシウムを使うから、歯が悪くなりやすいんですか?

鈴木先生

いえいえ、それは誤解です。昔は、妊娠すると赤ちゃんにカルシウムを取られてしまうと言われることもありましたが、そんなことは無いんですよ。

うさぎさん

え、違うんですか…?

なぜ妊娠すると、歯がぼろぼろになるの?

うさぎさん

でも、妊娠すると、歯が悪くなりますよね?歯ぐきから血が出ることもあるし、歯がぼろぼろになる人もいるみたいですよ。

鈴木先生

そうですね。妊娠期は、歯が悪くなりやすい時期です。でも、それは予防することができるんですよ。

うさぎさん

え、予防できるんですか…?

鈴木先生

はい。妊娠中にも正しくお口のケアをすれば、歯がぼろぼろになるのを回避できますよ。

うさぎさん

えー!?妊娠したら歯が悪くなるのって、どうしようもないことじゃないのね…!

それまでは歯が丈夫だったのに、妊娠をきっかけに急に歯ぐきから血がでたり、むし歯ができるようになった、というのは珍しいことではありません。

妊婦さんは歯が悪くなりやすい、というのは事実です。しかし、それはお口のケアをきちんとすれば防ぐことができます。

まずは、妊娠中、どうして歯が悪くなりやすいのか、その理由を見ていきましょう。

女性ホルモンの影響

妊娠すると、体調が大きく変化しますが、そのひとつが女性ホルモン「エストロゲン」「プロゲステロン」の分泌量の劇的な増加です。

妊娠していない時も、月経時などには女性ホルモン分泌が増えますが、妊娠期は、さらにその10~30倍まで増加します。

実は、歯周病の原因菌のなかに、そういった女性ホルモンをエサに繁殖する細菌があります。

妊娠期は、大量の女性ホルモンが歯と歯茎の間からもじわじわと分泌されるため、口内は歯周病菌にとって絶好の環境になるというわけです。そして歯茎に炎症を起こし、歯周病が悪化するのです。

ダラダラ食べ

妊娠期は体調の変化によって、1回の食事でたくさんの量を食べられなくなることがあり、不本意ながら少しずつダラダラと食べるスタイルに陥りがちです。

いつも何か口内に入っている状態になるので、常に口内が酸性に傾いた状態になり、歯の表面が溶かされる「脱灰」が長く続くことになります。

溶かされるといっても、すぐに唾液に含まれるカルシウムやリンにによって「再石灰化」と呼ばれる修復が始まるので心配は要りません。

しかし、ダラダラ食べる状態が続くと「再石灰化」の時間が短くなり、歯が溶かされ続けることになります。

そんなことも要因となって、妊娠期は歯が悪くなりやすいのです。

歯磨き不足

妊娠期は、口内環境が悪くなりやすいという説明をしました。

そんな時なのに、つわりなどの体調の影響で「歯ブラシを口に入れるのもつらい」という理由から歯磨きがしにくく、オーラルケア不足になりがちです。

歯周病菌の好物である女性ホルモンが増加し、ダラダラ食べで歯が溶かされやすい口内環境になっているのにもかかわらず歯磨き不足になってしまうのです。

あっという間に歯周病が悪化してしまうのは、いうまでもありません。

妊婦のお口の環境が悪化すると、どうなる?

うさぎさん

女性ホルモンが増えると、歯周病菌も増えてしまうんですねー。それなのに歯磨き不足になりやすいんだから歯がぼろぼろになっちゃうわけですね…!

鈴木先生

そうなんです。それに、妊婦さんの歯がぼろぼろになるほど歯周病が悪化したら、おなかの赤ちゃんにも影響があるんです。

うさぎさん

えー!?どうなるんですか?それだけは避けたいですよ…!

鈴木先生

早産や、赤ちゃんの歯が悪くなりやすくなる、というリスクにつながります。

歯がぼろぼろになるほど、歯周病や虫歯が悪化してしまったら、それが原因で重篤な全身の病気につながる恐れがあります。

細菌が血管や気管へ入り込み、心筋梗塞や脳梗塞、誤嚥性肺炎など、毎年多くの人々の命を落とす原因となっている病気を引き起こすかもしれないのです。

さらに妊婦さんの場合は、おなかの赤ちゃんにも影響があります。

早産・低体重児出産のリスク

歯周病が進行している妊婦さんは、歯周病にかかっていない新婦さんの約7倍、早産・低体重児出産のリスクが高くなるという研究データがあります。

喫煙でも早産リスクが高くなることがわかっていますが、それよりもはるかに高い危険性をはらんでいます。

赤ちゃんが虫歯になりやすい

無菌で生まれてくる赤ちゃんは、その後、お母さんを始め周りの大人から細菌がうつります。

歯周病菌もいずれはうつるのですが、うつる時期を少しでも遅くできれば、将来も虫歯になりにくい口内環境になれるといわれています。

周りの大人が歯科検診や歯のクリーニングに通わず、口内に細菌がうようよいる状態だったら、早めに赤ちゃんに細菌をうつしやすくなるでしょう。

妊娠がわかったら、早くから家族全員で歯科を受診して、口内の悪い細菌をできるだけ減らしておきましょう。

妊娠中こそ歯磨きをしっかりと

うさぎさん

赤ちゃんに影響がでることだけは、絶対に避けたいですー!どうすれば予防できますか?

鈴木先生

そうですね。やはり、体調がすぐれないからといって歯磨きを休むときは、工夫してお口の中の衛生環境を守りましょう

うさぎさん

そうですねー…といっても、本当につらいときは歯磨きできないんですよね…。どうすればいいでしょうか?

鈴木先生

口をゆすぐようにしてください。そして、翌日など、できるときに丁寧に磨くといいですよ。体調が良いときを見計らって、歯科医院でクリーニングを受けると、蓄積汚れをキレイに落とせます。

どうしても体調が悪い日は、「歯磨きをちゃんとできなかった」と気にしすぎず、翌日にでもその分、しっかりと磨くようにしましょう。

ただし、ふだんの時とは違い、少しでも気を抜くと歯周病が進行しやすいことを忘れずに。お口のケアには、いつも以上に力を入れなければなりません。

気分が悪い時は、下記のような工夫をしてみてください。

ヘッドの小さい歯ブラシを使う

歯ブラシはヘッド小さいサイズのものを選びましょう。

ワンタフトブラシといって、ヘッドが丸い小さな毛束になっている歯ブラシを取り入れるのもおすすめです。

歯間ブラシやデンタルフロスで、細菌のかたまりである歯垢が たまりやすい部分の汚れを掻き出すように意識しながら磨くと、効率よく清掃できます。

細菌のかたまり「歯垢」が たまりやすい部分
    • 歯と歯の隙間
    • 歯と歯茎の境い目
    • 奥歯の噛む面
    • 歯を治療した跡(被せ物・詰め物との境い目)
    • 歯並びがデコボコしているところ

歯磨き粉は低刺激のものを使う

歯磨き粉は、低刺激のタイプを選びましょう。

また、泡が多いタイプは思ったほど磨けないので、泡が少ないタイプを選ぶといいでしょう。歯科専売品として取扱いのあるものもおすすめです。

歯科医療機関で定期検診&クリーニングを

うさぎさん

妊娠していると、歯医者さんに行くのをためらってしまうんですけど、行ってもいいんですか?

鈴木先生

はい。大丈夫です。歯科治療も受けられます。むしろ、妊婦さんの歯科検診は、自治体で無料で受けられるようになっているところも多いほど、推奨されているんですよ。

うさぎさん

へえー、そうなんですねー。

鈴木先生

妊娠中であることを歯科医に伝えれば配慮されますし、治療内容によっては、かかりつけの産婦人科と連携して進めることもできますよ。

うさぎさん

そうなんですねー。それなら安心ですね。

鈴木先生

はい。ぜひ、妊娠中の歯科検診に行ってくださいね。歯のクリーニングを受ければ、歯周病や虫歯のリスクが下がりますし、口臭の予防にもなりますよ。

うさぎさん

口臭の予防にも?それ、嬉しいですねー。実は妊娠中って口臭も気になることが多かったんです。

鈴木先生

口臭も歯周病菌の増加とともに悪化しますからね。妊娠したら、毎食後と就寝前の歯磨きに歯科でのプロケアをプラスして、ふだん以上に手厚いオーラルケアを行ってください。

公開中記事の投稿IDを指定してください。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 妊娠中は女性ホルモンが増加する影響で、歯が悪くなりやすい。
    • 体調が優れず、歯磨き不足になりやすいのも歯が悪くなる原因。
    • 一度に量を食べれず、ダラダラ何かを口にしているのも悪影響。
    • 妊娠中に歯周病が悪化すると、胎児にも影響を及ぼすことがある。
    • 妊娠中こそ、毎日の歯磨きと歯科検診を受けて歯の健康を守ろう。