矯正で老けたって本当?大人の矯正で起こり得るトラブル

矯正で老けたって本当?大人の矯正で起こり得るトラブル

この記事の監修医師一覧

杉田大先生
杉田 大 先生
所属:杉田歯科医院(千葉県船橋市)
専門:保存修復
2013年 東京歯科大学卒業。現在は杉田歯科医院での臨床のほか、株式会社DoctorbookでDental事業部のマネージャーを務める。

歯並びを治したいけれど、「矯正をしたら老けた」という話を聞いて不安になっている方もいるのではないでしょうか?実際、矯正をして“老けた”と感じることはあり得るのですが、それには理由があります。

ここでは他にも大人の矯正で想定されるトラブルやリスクについて紹介するとともに、その原因や対処法についても解説していきます。矯正に対して不安を感じている方はぜひ参考にしてみてください。

矯正で老けたと感じる2つの原因

矯正で老けてしまったと感じる原因は主に2つ考えられます。

    • 口元が引っ込むことでほうれい線やしわが目立ってしまう
    • 矯正中に口元の筋肉が衰えてたるみが出てくる

口元が引っ込むことでほうれい線やしわが目立ってしまう

矯正をすることで口元がラインが引っ込んでしまうことがあります。特に出っ歯や八重歯の治療で抜歯をしたような場合に多いでしょう。ただしいくら歯を抜いたとしても顔の筋肉がたるむほどの影響はあまり考えられません。矯正によって上顎が下がることで今まであったしわやほうれい線が目立つイメージといえます。

MEMO
日本人は歯の大きさに比べて顎が小さいため、矯正で抜歯が必要になるケースが多いと言われています。

矯正中に口元の筋肉が衰えてたるみが出てくる

矯正中は口元の筋肉が衰えてしまうリスクがあります。矯正中は痛みがある上に、装置の問題などで今まで通りの食事ができないことも多いでしょう。豆腐やうどんなど柔らかいものが中心になり、あまり噛まなくなるのでお口周りの筋肉が弱くなってしまうことがあるのです。しかも矯正の治療期間は1〜3年。影響を及ぼすには十分な期間といえるでしょう。

また、表側にワイヤー装置をつける矯正では見た目を気にして口を大きく開けるのを避ける方もいます。話すときや笑うときに使う表情筋を使わなくなることで筋肉が衰えることも考えられるのです。

ポイント
矯正の治療期間は平均2年と長期にわたります。この間に単純に加齢による影響でしわやほうれい線が目立ち、「矯正のせいかも……」と感じる可能性もありえます。

矯正で老け顔になることを防ぐためには?

矯正をして老け顔になってしまった……というトラブルは適切に対処することで防げる可能性があります。矯正をする上で絶対に避けられないリスクというわけではないので安心してください。

    • 見た目の要望をきちんと歯科医師に伝える
    • 抜歯をしない矯正ができないか相談する
    • 口腔筋機能療法(MFT)でお口周りを鍛える

見た目の要望をきちんと歯科医師に伝える

矯正は非常に高度で複雑な治療です。単純に歯をキレイに並べるだけではなく、噛み合わせを正しく整えた上で、口元の美しさまで考えて治療することが重要です。単に「歯並びを治したい」ではなく、噛み合わせや見た目にどんな悩みがあるのか、どのように改善したいのかまで含めて歯科医師に相談しましょう。

矯正は歯科医師によって技術や経験に差があります。患者さんの要望をきちんと聞いてくれながら、それに合った選択肢を提示してくれる歯科医師を選びましょう。

抜歯をしない矯正ができないか相談する

矯正では必ず歯を抜くわけではありません。歯がキレイに並ぶだけのスペースが足りないときに抜歯が必要になります。なかには抜歯すべきかどうか判断に迷うケースもありますし、歯科医師によって判断が変わることもあります。口元が引っ込んでしわやほうれい線が目立つのが不安なら、その旨を伝えてなるべく抜歯をせずに治療できないか相談してみましょう。

注意
適切な矯正治療のために、どうしても抜歯が必要なケースは存在します。無理に非抜歯で矯正するとトラブルになるケースもありますので、歯科医師としっかり相談してください。
矯正で抜歯しないほうがいい?抜歯が必要な理由と非抜歯矯正のリスク

矯正で抜歯しないほうがいい?抜歯が必要な理由と非抜歯矯正のリスク

口腔筋機能療法(MFT)でお口周りを鍛える

笑顔の女性

矯正中はどうしてもお口周りの筋肉が衰えがち。顔の印象をよくするのはもちろん、正しい噛み方や舌の使い方を身につけるためにもお口周りのトレーニングをしましょう。矯正専門の歯科医院であれば、口腔筋機能療法(MFT)というトレーニング指導をしてくれるところが多くあります。

他にもある!大人の矯正で起こるトラブル

矯正では他にも知っておきたいリスクがあります。

    • 歯茎が下がってしまった
    • 歯と歯の間に隙間ができてしまった
    • 後戻りしてしまった
    • 噛み合わせに違和感が出る

歯茎が下がってしまった

考える女性

矯正で歯を動かすための圧力をかけることによって、歯茎が下がってしまうことがあります(歯肉退縮といいます)。特に加齢で歯茎が下がってきている人や歯周病の症状がある人は矯正によって歯茎が下がりやすいといわれています。矯正前にしっかり歯周病を治療し、矯正中も症状が出ないようにしっかりケアするのが重要です。

ポイント
わずかな力で効率的に歯を動かす「セルフライゲーションブラケット」は歯茎への負担が少なく、矯正による歯肉退縮が起きにくいといわれています。

歯と歯の間に隙間ができてしまった

後戻りを気にする女性

歯と顎の大きさのバランスによっては、ピッタリと隙間なく並ばず少し隙間ができてしまうことがあります。特に抜歯して大きく歯を動かすケースで見られるでしょう。

また歯の形の問題や歯茎が下がることが原因で、歯と歯の間の根元のほうに三角形の隙間がわずかにできてしまうことがあります(ブラックトライアングル)。いずれも特に大きな問題でないケースが多いですが、気になる場合は歯を削って隙間を調整する、被せ物や詰め物で形を整えるなどの対処をすることがあります。

後戻りしてしまった

日本人女性の口元

矯正で動かした歯は自然と元の位置に戻ろうとします。そのため治療が終わって装置を外した後も、しばらくはリテーナー(保定装置)を装着してこの「後戻り」を防ぐのです。リテーナーの装着をサボってしまってしまったことで歯並びがまた悪くなってしまった……というトラブルはよく聞きます。せっかくかけた手間や費用を無駄にしないためにも、リテーナーはきちんとつけましょう。

噛み合わせに違和感が出る

矯正では噛み合わせの問題を整えていきますが、きちんと改善されてもこれまでの噛み合わせと変わることで違和感が出ることがあります。「失敗したかも……」と不安になる方もいるかもしれませんが、慣れるまではある程度時間がかかると思っておきましょう。

また、噛み方の癖が問題となっていることもあります。しばらく経っても違和感がとれない、舌や頰の内側を噛むといった症状が出るようなら担当医に相談してみましょう。

矯正はリスクを踏まえて信頼できる歯科医師に相談を

矯正にはさまざまなリスクがあります。どうしても避けられない問題もありますが、満足できる結果を得られるかどうかは信頼できる歯科医師としっかりコミュニケーションをとって進められるかにかかっていると言えるでしょう。

矯正は専門性の高い治療であり、知識や実績は歯科医師によって差が出ます。考え方の違いや相性の問題もありますので、複数の歯科医院で話を聞いてみた上でどこで治療を受けるか検討するといいでしょう。