子供の歯科矯正の費用の一部が戻ってくる?医療費控除の還付金を受け取る方法

子供の歯科矯正の費用の一部が戻ってくる?医療費控除の還付金を受け取る方法
この記事の監修医情報を見てみる

子供の歯列矯正に、まとまった費用を支払った親御さんに朗報です。

その一部が医療費控除の対象となって、還付金が戻ってきます。もし親子で矯正をしていれば2人分の還付金が戻ってきますので、かなりまとまった金額になりそうですね。

ただし、きちんと手続きをしなければ還付されません。規定の期間に税務署へ必要な資料を提出し、もらえるものはしっかり受け取りましょう。

今回は、子供の歯科矯正をはじめとする歯科治療にかかった治療費の「医療費控除」について、簡単にわかりやすく説明します。

この記事がおすすめな人
    • この1年間、子供の歯科矯正で、まとまった医療費の出費があった。
    • 子供の歯列矯正は医療費控除になるのかどうか知りたい。
    • 確定申告をしたら子供の歯科矯正の治療費が戻ってくるって本当?
    • いつもは確定申告をしていないので、手続きの方法がよくわからない。
    • 子供の歯科矯正が医療費控除で、いくら戻ってくるのか知りたい。
INDEX
  1. 子供の歯列矯正は医療費控除の対象?
    1. 医療費控除とは?
      1. 医療費控除の対象になるもの
      2. 医療費控除の対象ならないもの
  2. 還付金はいくら戻ってくる?
    1. 還付金がいくら戻ってくるのか計算する方法
      1. 医療費控除の対象となる金額を計算する
      2. 還付金の計算式は?
      3. 還付金額を計算してみよう
    2. 歯科ローンやクレジットなど分割払いも医療費控除の対象?
  3. 還付金が戻ってくる!手続きの方法は?

子供の歯列矯正は医療費控除の対象?

ネコさん

子供の歯科矯正は、医療費控除になるってホントですか~?

柿木先生

本当です。子供の場合は、正しい成長を促進するための矯正治療が医療費控除の対象になります。

ネコさん

えっ、ていうことは、歯科矯正って全部が医療費控除になるわけじゃないんですね~?

柿木先生

はい。美しく見せるための美容・審美目的の治療は対象外ですね。

ネコさん

なるほど~!そういうことなんですね~!

歯列矯正で医療費控除の対象になるのは、噛んだり、発音したりといった機能面の回復を目的にした治療のみです。

子供の歯科矯正は、正しい成長を目的としているので、医療費控除の対象です。

医療費控除とは?

ネコさん

ところで医療費控除って何だっけ?お金が戻ってくるってことだけはわかるけど~!

医療費控除は、年間の医療費の合計が10万円を超えた際、税金の一部が還付金として戻ってくる制度です。

医療費控除をうけるためには、個人事業主だけでなく、会社員も、指定の期間に自分で手続き(確定申告)をする必要があります。

医療費控除の対象になるもの

医療費控除の対象になるものは、治療費、処方された医薬品、市販の医薬品、通院のための交通費です。

交通費は電車・バスなどの公共機関のみです。交通手段がタクシーに限られる場合は、タクシーも含まれます。

医療費控除の対象ならないもの

美容目的の治療費やサプリメント、マイカーで通院した場合のガソリン代・駐車場代は、医療費控除の対象になりません。

還付金はいくら戻ってくる?

ネコさん

子供の歯科矯正に支払った医療費って、いくら戻ってくるのか気になりますね~!

柿木先生

下記の計算式で、還付金を計算できますよ。

還付金がいくら戻ってくるのか計算する方法

下記に沿って、子供の歯科矯正にかかった医療費がいくら戻ってくるのか計算してみましょう。

医療費控除の対象となる金額を計算する

まずは、医療費控除の対象となる金額を計算します。

医療費控除の対象となる金額 = <実際に支払った医療費の合計額-(1)の金額>-(2)の金額

(1)保険金などで補てんされる金額

(2)10万円(その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額)

還付金の計算式は?

還付金として税金が戻ってくる金額を計算します。

医療費控除の対象となる金額 × 所得税率(※) = 所得税の還付金額
医療費控除の対象となる金額 × 10% = 住民税の減額金額

所得税率(※)は、所得金額によって異なります。下記を参照してください。

所得税率(2020年4月1日現在/国税庁ホームページより)
    • 【課税される所得金額 1000円~194万9000円】税率5%
    • 【課税される所得金額 195万円~329万9000円】税率10%
    • 【課税される所得金額 330万円~694万9000円】税率20%
    • 【課税される所得金額 695万円~899万9000円】税率23%
    • 【課税される所得金額 900万円~1799万9000円】税率33%
    • 【課税される所得金額 1800万円~3999万9000円】税率40%
    • 【課税される所得金額 4000万円以上】税率45%

還付金額を計算してみよう

子供の歯科矯正にかかった医療費がいくら還付されるのか、実際に計算してみましょう。

<子供の歯科矯正をしたネコさんの場合(一例)>
■1年間で支払った医療費(子供の歯科矯正費含む)50万円
■課税される所得金額300万円
■保険金などで補てんされる金額0円
ネコさん

上の計算式に当てはめたら、所得税の還付金4万円、住民税の減額金額4万円になりました~!合計8万円お得になるんですね~!これは大きい~!

柿木先生

忘れずに確定申告して、還付金を受け取ってくださいね

歯科ローンやクレジットなど分割払いも医療費控除の対象?

ネコさん

子供の歯科矯正の費用もですけど、ローンや分割で払った医療費も、医療費控除の対象になるんですか~?

柿木先生

はい、ローン契約が成立した年の医療費控除の対象になります。

子供の歯科矯正など高額な医療費は、クレジットカードや分割払いにすることがあります。信販会社との契約が成立した年医療費控除の対象になります。ただし、利子は控除対象に含まれません。

還付金が戻ってくる!手続きの方法は?

ネコさん

医療費控除の還付のための手続きは、いつすればいいんですか~?

柿木先生

確定申告は、通常、毎年2月15日~3月15日に受付しています。最寄りの税務署、もしくは国税庁ホームページで手続きできます。

ネコさん

インターネットでも手続きできるのね~。

医療費控除の申告は還付申告に当たりますので、医療費がかかった年から5年前まで遡って申請できます。

個人事業主は毎年しているはずですが、会社員の方で過去5年に確定申告をしておらず、高額な医療費を支払っている場合、遡って手続きすることが可能です。

2020年、2021年は、新型コロナウイルス感染症の感染リスクを軽減するため、受付期間が延長されました

今後の状況によっても方針が変動しますので、必ず国税庁ホームページ「確定申告特集」のページで最新情報を確認し、受付期限や必要書類などの情報を確認し、期限内に申請するようにしましょう。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 歯科矯正は、機能の改善のためなら医療費控除の対象になる。
    • 子供の歯科矯正は、成長の促進のためなので医療費控除の対象になる。
    • 確定申告を行えば、所得税・住民税の一部が戻ってくる。
    • 還付申告は、税務署や国税庁ホームページで受付している。
    • 受付期間は毎年2月15日~3月15日。最新情報を確認しよう。