【医師監修】インプラントを入れる最適なタイミングはいつ?どんな時?

【医師監修】インプラントを入れる最適なタイミングはいつ?どんな時?
この記事の監修医情報を見てみる

インプラント治療をしたいと思った時、どんなタイミングですると良いのかわからないという人がいます。

ベストなタイミングは人それぞれで、すぐに治療に取り掛かった方がいい場合と、そうでない場合があります。

また、実際に治療にとりかかるまでに時間がかかりすぎると、インプラントを入れられなくなってしまう恐れがあるというから、うかうかしていられません。

「それではいつ、どんなタイミングでインプラント治療を受けると良いの?」という疑問に対し、歯科医監修によるこの記事で説明していきます。

この記事がおすすめな人
    • インプラントにするのは、どんなタイミングが良いのか知りたい。
    • 抜けた歯がある。すぐにインプラントを入れるべきか迷っている。
    • 将来、歯列矯正を考えている。先にインプラントを入れてもいい?
    • 入れ歯の期間が長いと、インプラントができない可能性がある?
    • 顎骨が痩せるとインプラントができないかもしれないって本当?
INDEX
  1. インプラントを考えるタイミングは?
    1. 歯がグラグラして噛めない
    2. 歯周病がひどく骨が減っている
    3. 事故などで歯が抜けた
    4. 抜歯した
  2. タイミングが遅れると手遅れになる!?
    1. 骨が痩せて治療できなくなる
    2. 身体の骨格や顔のバランスが崩れる
    3. 全身の健康にも影響を及ぼす
  3. インプラントを入れるタイミング例
    1. 抜歯後すぐにインプラントを入れる
    2. 歯列矯正をしてからインプラントを入れる
    3. 歯周病を治療してからインプラントを入れる
    4. 痩せた骨を強化してからインプラントを入れる
  4. インプラントの検討は早期がおすすめ

インプラントを考えるタイミングは?

ライオンさん

インプラントは、どんなタイミングで入れると良いですか?

田宮先生

主なタイミングは、虫歯や歯周病等の病気や、事故、怪我で歯を失った時ですね。生まれつき歯が不足していて永久歯が生えてこない場合も、インプラントで歯を補います。

インプラント治療を考えるタイミングは、以下のような状態になった時です。

歯がグラグラして噛めない

虫歯や歯周病が悪化してしまい、グラグラして噛めない状態になってしまうと、抜歯を免れません。

そのまま放置していると、細菌感染が進んで顎骨など周辺組織まで侵食してしまいます。早めに抜歯して、インプラント治療を行うとよいでしょう。

歯周病がひどく骨が減っている

歯周病が進行すると、周辺の組織が破壊され、骨がどんどん吸収されて減ってしまいます。インプラント治療には、土台になる骨の厚みや高さが必要です。

治療のタイミングが遅れるとインプラントを埋め込むことが不可能になってしまいます。

事故などで歯が抜けた

事故や怪我で歯を失った時、抜けたままにしておくのは危険です。

噛み合わせがおかしくなって体のバランスにも影響がでてきます。顔が歪んだり肩こりが酷くなる人もいます。

抜歯した

虫歯の治療のために抜歯したら、空いたスペースを放置しておいてはいけません。

なにしろ歯は、空いたスペースがあると隣の歯が動いてくるという特性があるのです。

抜けたまま放置していると、いつのまにか歯並びが悪くなっていた、という事態に陥りかねません。

歯を失った時は、なるべく早めのインプラント治療がおすすめです。

タイミングが遅れると手遅れになる!?

ライオンさん

歯は抜けたまま放置してはいけない、ということですね。

田宮先生

その通りです。長く放置すると、インプラントができない状態になってしまう恐れがあります。

ライオンさん

そうなんですか。それは困りますね。

田宮先生

歯を失ったり抜いたりした時は、放置せずに早めにインプラント治療を検討をするのがおすすめです。

歯が抜けたままの空間を放置していると、さまざまな問題がでてきます。

どんなトラブルが出てくる可能性があるのか、下記をご覧ください。

骨が痩せて治療できなくなる

歯周病が進行すると、顎の骨がどんどん痩せていきます。骨吸収のスピードには個人差がありますが、悪条件が揃うとわずか2カ月程度でインプラント治療ができないほど、骨の量が減ることがあります。

インプラント治療は、十分な顎の骨の高さや厚みがなければできません。

タイミングが遅れると、まずは骨の量を増やすための手術が必要になりますので、その分の治療費や治療にかける時間、労力が余計にかかってしまいます。

身体の骨格や顔のバランスが崩れる

ピンとこないかもしれませんが、歯は成長期が終わっても生涯動いています。

奥歯の方から前歯に圧がかかる力の流れがあるため、歯が抜けたままの空間を放置していると、歯並びや噛み合わせが乱れてきます。

だんだんと出っ歯になってきたり、顔が歪んだりすることもあるので、軽く考えていると後悔することになるかもしれません。

全身の健康にも影響を及ぼす

噛み合わせの乱れが出てくると、肩こりが酷くなる、頭痛が慢性化するといった全身の健康にも影響を及ぼします。

筋肉のコリが神経を圧迫し、体の節々に痛みや痺れを発生させることもあります。疲労感や倦怠感が抜けないといった体調不良に悩まされる人もいます。

インプラントを入れるタイミング例

ライオンさん

お話を聞いていると、歯を失ったタイミングですぐに、インプラント治療をするのがいいようですね。

田宮先生

そうですね。抜けたまま放置は危険ですからね。でも歯の状態によっては別のタイミングが良いときもあります。

インプラントを入れる4つのおすすめのタイミングを紹介します。

抜歯後すぐにインプラントを入れる

抜歯した後、すぐにインプラントを入れられるなら、そうしましょう。抜けたままの状態で放置するのは、歯にも健康にもよくありません。

ただし、骨量が十分でなかったり、虫歯や歯周病が見つかったりした時は、インプラント手術ができません。まずは歯を治療し、骨造成の処置を行います。

喫煙の習慣がある人は、しばらく禁煙するようにしてください。喫煙していると術後の経過が悪くなり、思うように治癒しない恐れがあります。

歯列矯正をしてからインプラントを入れる

歯並びを治したいと考えている場合は、先に歯列矯正をしてからインプラントを入れるという順番がおすすめです。

その理由は、インプラントを入れてからの歯列矯正では、動かしたい歯がインプラントに邪魔されて動かない場合があるからです。

中には「歯並びは良くないけれど、別に歯列矯正は考えていない」という人もいると思いますが、悪い歯並びのままインプラントを入れるとインプラントに余計な圧がかかり、人工歯が破損することがあります。

矯正には1~2年かかることが多いので、このタイミングを選んだ場合は長期の治療になります。

歯周病を治療してからインプラントを入れる

歯周病があるのに治療せず、インプラントを入れるのは危険です。

インプラント周辺の組織に細菌感染し、インプラント周囲炎になる恐れがあります。

インプラント周囲炎は歯周病に似た症状ですが、歯周病よりも進行が早いのが特徴です。

一度かかると治療が難しいため、先にリスクの種をできるだけ取り除いてから、インプラントを入れることになります。

痩せた骨を強化してからインプラントを入れる

顎骨が吸収されて痩せてしまっていて、そのままではインプラントを入れられる状態ではなくなっていることがあります。入れ歯を長く使用していた人にも、多く見られる症状です。

その場合は、まずは骨造成の手術を行います。骨の特性を活かし、骨が増えるよう促す処置をします。骨量が十分になるまでの期間には個人差がありますが、一般的には3カ月程度です。

造骨処置で十分に骨が増やせたところで、インプラントを埋め込む手術を行います。

インプラントの検討は早期がおすすめ

インプラントを入れるタイミングは、人それぞれです。

口内や骨の状態によってもベストタイミングが違ってきます。

顎骨の骨量が足りない人は骨造成をしてから、歯周病や虫歯がある人は治療してから、歯並びが悪い人は矯正してからインプラント治療を行います。

田宮先生

インプラントを入れたい部分の顎骨が痩せてしまう恐れがある人は、早期に治療することが必要です。

ライオンさん

なるほど、早め早めに。歯が抜けたまま放置するのがいちばんダメなことですね。

田宮先生

そうですね。何らかの事情で歯を失った場合、医師への相談は、できるだけ早くしましょう。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 好条件が揃っていれば抜歯して即インプラントを入れる方が良い。
    • 歯列矯正を考えている時は、インプラントの前に矯正をするべき。
    • 虫歯や歯周病がある時は、先に治療してからインプラントを入れる。
    • 入れ歯の期間が長いと顎骨が痩せ、インプラントが難しいことがある。
    • 歯を失った時は放置せず、できるだけ早く歯科医に相談しよう。