インプラントの構造や治療内容、用語について分かりやすく説明します

インプラントの構造や治療内容、用語について分かりやすく説明します

この記事の監修医師一覧

柿木辰美先生
柿木 辰美 先生
専門:一般歯科
2013年 明海大学歯学部卒業。卒後は東京都内の歯科医院に常勤歯科医師として勤務。 現在は複数の歯科医院で非常勤歯科医師として、インプラントや歯内療法を軸に一般歯科診療を日々行なっている。

インプラントをしてみたいけれど、骨に埋めると聞いて、「一体どんな構造になっているのだろう」「どんな治療をするのだろう」と疑問を持つ方は多いと思います。インプラントはふつうの歯科治療とは異なります

ここでインプラントの正しい知識を身につければ、安心して治療に臨むことができるでしょう。後半には用語集もご用意しました。インプラントについて調べていて分からない単語を確認できます。

INDEX
  1. インプラントとは
    1. インプラントの原理
  2. インプラントの構造
    1. ワンピース
    2. ツーピース
  3. インプラント治療の流れ
    1. 1回法
    2. 2回法
    3. 定期メンテナンス
  4. インプラント治療の安全性
    1. 治療中のリスクとその原因
    2. 治療後のリスクとその原因
  5. インプラント治療に向く人・向かない人
  6. インプラント用語集
  7. インプラントの構造と治療のまとめ

インプラントとは

デンタルインプラントとは、歯を失った際に自分の歯と同じように生活ができるようにする治療法です。歯科でインプラントというと顎骨に埋入するものを指します。しかし、そもそも医療全体で見ると、インプラントとは人工臓器を表し、失った臓器の代わりに以前と近い状態で使うことがその目的です。

インプラントと通常の歯科治療の大きな違いは、残りの既存歯にダメージを与えないことです。歯を失った際の治療法としては、インプラントの他にブリッジ入れ歯があります。

ブリッジは既存の歯を削らなくてはならず入れ歯は留め金を掛ける部分にどうしてもダメージを与えます。既存の歯が削られたり歯や歯ぐき余計な荷重がかかる場合、顎骨がやせてきて歯ぐきが退縮したり既存の歯の寿命を縮めたりすることになります。しかし、インプラントは基本的に1本の歯だけで完結するため、既存の歯を削ったり寿命を縮めたりすることはありません。

インプラントの原理

インプラントの原理は、歯がなくなった部分を人工物で補うという考え方です。歯は目に見える部分と、歯ぐきやその下の顎骨に埋まっている「根っこ」の部分から成り立ちます。私たちがいわゆる「歯」と言っている噛み合わせ部分は、根っこが土台となり、衝撃などから守ってくれているのです。

歯の上部だけが欠損して根っこが残っている場合には、通常の歯科でも治療することが可能です。しかし、根っこが著しく欠損などした場合には、インプラントが適しています。

インプラントは、歯の根がなくなった部分の顎骨に、歯の根の代わりとなるパーツを埋め込んで骨組織と結合させ、その上に被せものをします。顎骨に穴を開ける際には、歯ぐきを切開して骨を出し、顎骨にドリルで穴を開けます。外科手術のため、通常の歯科医院の設備では行うことができません。

インプラントの構造

インプラントの構造は、フィクスチャーと呼ばれるインプラント体、その上に人工歯を固定するためのアバットメント、そして被せものの人工歯の大きく3つのパーツから成ります。

接着方法にはスクリュー固定式セメント固定式の2つがあります。

    • スクリュー固定式:アバットメントと人工歯をスクリューと呼ばれるネジで固定します。
    • セメント固定式:アバットメントと人工歯を、直接接着剤で固定する方法です。

さらに、インプラントの種類はワンピースツーピースがあります。

ワンピース

フィクスチャーとアバットメントが一体化したものです。洋服のワンピースを思い出すと分かりやすいでしょう。胴体で分かれず上から下までひとつなぎでできています。

インプラント手術には1回行うものと2回行うものがありますが、ワンピースは1回で行うため治療期間が短くて済み、価格も割安です。しかし、修正などが必要になった場合には、フィクスチャーごと摘出しなければならない可能性があります。また、ワンピースの場合は、強い衝撃が上から加わった場合に、直接骨が衝撃を受けてしまうため、炎症などが起こりやすくなります。

ツーピース

ツーピースは、フィクスチャーとアバットメントが別々のパーツでできているタイプのインプラントです。ツーピースの手術は、1回でも2回でも対応可能ですが、多くの場合は2回手術する方法で行います。

2回の手術を要するため、ワンピースに比べて時間や費用はかかりますが、フィクスチャーはそうそう外れないため、トラブルがあってもアバットメントの修理だけで済みます。

インプラント治療の流れ

インプラントの手術には、1回法2回法があります。それぞれの流れを説明していきましょう。

1回法

歯ぐきを切開して骨を露出させ、歯科専用ドリルで穴を開けます。その後フィクスチャーを埋入します。ツーピースの場合は、フィクスチャーとアバットメントを連結した形で埋入します。歯ぐきが治癒したら人工歯を装着します。

2回法

2回法の場合も、ドリルで穴をあけるまでは1回法と同じです。1度目の手術でフィクスチャーを埋め、歯ぐきと結合しないように膜のようなカバーをつけます。歯ぐきを縫合したらインプラントが骨としっかり結合するまで3〜6ヶ月ほど待ちます。

結合が確認できたら、2度目の手術で再び歯ぐきを切開し、カバーを取り除きます。しかし、そのままでは歯ぐきが傷ついているため、仮のアットメントを入れて歯ぐきを治癒させます。歯ぐきが治癒したら、本物のアットメント人工歯を装着して治療は終了です。

MEMO
現在ではフラップレス法という新しい手術法があります。歯ぐきを切開する代わりに、パンチのようなものでピンポイントに穴を開け、フィクスチャーを埋める方法です。正確に埋入できて痛みや腫れが少ないですが、サージカルガイドと呼ばれるものが必須です。

インプラントを安全に行う「サージカルガイド」とは?

定期メンテナンス

手術が終わっても、インプラントは定期的にメンテナンスに通う必要があります。インプラントはインプラント周囲炎という病気にかかりやすいため、定期的に口内をチェックし、クリーニングをする必要があるからです。

また、定期メンテナンスに通っていないと、もしもの場合に保証がききません。保証が利用できる条件には、定期メンテナンスに通っていることが定められています。保証がきけば、保証期間内は無性に近い形で修理ができますが、保険が利かないと高額な費用を再び出すことになるため注意が必要です。

インプラント治療の安全性

インプラント治療は緻密な計画を立てて用意周到に行うため、本来は安全なものです。しかし、最近よく耳にするように、インプラントのトラブルも発生しています。

治療中のリスクとその原因

インプラント治療中のリスクとは、治療中に細菌感染する、ドリルが他に当たってしまい神経や血管を傷つけるなどです。

手術をするには清潔な環境が不可欠です。しかし、医療機関によって管理環境は異なります。十分な衛生環境が整っていない場合、治療中に細菌感染する恐れがあるのです。また、術前にはCT検査をして口内を三次元的に把握する必要がありますが、レントゲン撮影のみでCT検査をしていない医療機関だと、骨の深さや角度などを把握しきれていないため、治療中のミスにつながります。

インプラント治療は安さや早さを求めると、粗悪な材料の使用や十分な工程を行っていない場合があります。また、経験の豊富でない医師が行っていると、何かあった時にトラブルに対処できない可能性があるため、注意が必要です。

治療後のリスクとその原因

治療後に起こるリスクで考えられるのは、インプラントと骨が結合していない痛みや腫れがいつまでたっても引かない・あるいは酷くなるなどです。

インプラントと骨が結合しない理由は、骨の状態骨周辺の組織不足のほか、プランニングの問題無理な埋入などが考えられます。また、メンテナンスが不十分インプラント周囲炎にかかる場合も多いです。

症例数の多い経験豊富な病院の場合、万が一医療側の問題が見つかった場合でも、無償で再治療するなど適切に対応してくれるでしょう。治療後も数年にわたり定期メンテナンスに通うため、長くつきあえる経験豊富で任せられる医師や医療機関を選びましょう。

なお、インプラント周囲炎は、定期メンテナンスだけでなく、セルフメンテナンスも重要です。

インプラントの定期メンテナンスの様々な疑問にお答えします!

インプラント治療に向く人・向かない人

インプラント治療が向く人は、骨が強く、骨の深さや量が十分にある人で、定期メンテナンスもきちんと通える人です。反対にインプラント治療に向かない人は、骨密度が低い・骨の深さや厚みが足らない・骨粗鬆症である・重い全身疾患があるような人です。また、歯磨き習慣がない人や喫煙者、定期メンテナンスに通えない人も向いていません。

歯科医が教える「インプラント治療に向かない人・できない人」

インプラント用語集

アクセスホールスクリュー固定式でスクリューを入れるネジ穴。
アナログインプラントとアバットメントの位置を知るために作られる模型。
インプラントレプリカアナログと同義。
エクスターナルインプラント体とアバットメントを接合する様式のこと。アバットメントがインプラントの外側に被るものをいう。外部連結、エクスターナルコネクション、エクスターナルジョイントなどと呼ばれる
クラウン被せもののこと。インプラントでは人工歯をさす。王冠から転じてクラウンと名付けられた。
スクリュータイプ骨に埋入するインプラント部分が螺旋状のネジのようになっているタイプ。
スクリュー リテインスクリュー固定式のこと。
ネジ式スクリュータイプと同義
ヒーリングアバットメントインプラント手術の後、歯肉が治癒することを目的に入れる仮のアバットメント。
フィクスチャーインプラント体のこと。骨に埋入する部分。
プラットフォームインプラントとアバットメントの接続面のこと。

インプラントの構造と治療のまとめ

インプラントの構造は、インプラント体(フィクスチャー)・アバットメント・人工歯から成り立ち、さらに接着方法スクリュー式(ねじ式)の場合にはアバットメントと人工歯の間にスクリューというネジのパーツが入ります。

一般的にインプラントが緩んだというのは、スクリューやアバットメントのネジが緩んだことを指します。また、インプラントの種類にはワンピースツーピースがあり、ワンピースは1回法、ツーピースはどちらの方法でも行えます。

どれが良い悪いということはなく、歯科医が検査などをして診断し、口内の状態や状況に応じて適切な方法を選択します。そのため、手術から治療後までを安心して託せられる、経験と知識が豊富な歯科医に行ってもらうことが、最善の方法と言えるでしょう。