出っ歯は矯正治療で治る?代表的な「5つの治療法」を徹底比較してみた

出っ歯は矯正治療で治る?代表的な「5つの治療法」を徹底比較してみた
この記事の監修医情報を見てみる

出っ歯は個性のひとつですが、症状によっては口が閉じにくい、発音しにくい、食べ物を咀嚼しにくいといった支障が出てくることがあります。

口が閉じにくくて口内が乾燥すると、感染症のリスクが高まります。お口だけの問題ではなく、身体全体の健康にも関わってきます。

そして何より、見た目がコンプレックスになって悩んでいるケースも少なくないかもしれませんね。

この記事では、「矯正で出っ歯は治る?」という疑問と、どんな治療法があるかについて解説します。

この記事がおすすめな人
    • 出っ歯が気になっていて、矯正してみたいと思っている方。
    • 両親が出っ歯なので、子どもの歯並びが気になっている方。
    • 出っ歯が矯正治療で治るのかどうか知りたい方。
    • 出っ歯というのはどういう状態なのか、きちんと知りたい方。
    • 出っ歯の治療は子どもの頃から始めるべきなのか知りたい方。
INDEX
  1. 出っ歯は治る?どんな症状?
  2. どんな治療法がある?「出っ歯の治療法」5選
    1. ワイヤー+ブラケット矯正
    2. マウスピース矯正
    3. インプラント矯正
    4. 外科的矯正
    5. セラミック矯正
  3. 出っ歯の治療は早めのスタートがおすすめ!

出っ歯は治る?どんな症状?

患者さん

先生~、出っ歯って、どんな症状ですか~?前歯が出っ張ってるのが出っ歯ですよね?

鈴木先生

出っ歯は、歯が前に反りだしている状態や、前歯が大きいせいで唇から飛び出して見えるような状態です。歯そのものの生え方に原因があるケースと、顎の骨格に原因があるケースがあります。

患者さん

出っ歯って矯正治療で治るんですか?

鈴木先生

はい、治療できますよ。症状に合わせて適した治療法を選ぶこともできます。

出っ歯は乱れた歯並び「不正咬合」のひとつで、歯科用語では「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」といいます。

出っ歯になる原因はさまざまですが、下記が考えられます。

出っ歯になる原因
    • 両親や祖父母からの遺伝
    • 指しゃぶり、舌で前歯を押す、下唇を噛むなどの悪い癖
    • 口呼吸が癖になっていて常に口を開いている
    • 上顎が大きい、下顎が小さいなど骨格バランスの影響
    • 歯の生え方が前方に反っている
    • 前歯のサイズが極端に大きい

どんな治療法がある?「出っ歯の治療法」5選

ネコさん

出っ歯の治療法って、どんな方法があるのかなぁ~?矯正でキレイに治るといいなぁ~!

ワイヤー+ブラケット矯正

一般的にイメージされる歯科矯正の治療法といえば、ワイヤーとブラケットを歯の表面に取り付ける矯正治療でしょう。

矯正装置が目立つ見た目が気になる場合は、ホワイトワイヤーや透明なブラケットなど、口元になじむタイプの装置もあります。

また、裏側矯正(舌側矯正、リンガル矯正)といって、歯の裏側に装置をつける方法もあります。

ただし治療費が割高になるため、節約のために目立つ上側のみ裏側矯正にするハーフリンガル矯正という方法も人気です。

鈴木先生

ワイヤー+ブラケット矯正は、比較的幅広い症状に適用する治療法です。重度の出っ歯にも対応しやすいですね。

患者さん

目立たない治療法もあるのは、嬉しいですね~!

【見えない矯正、目立たない矯正】裏側矯正で出っ歯の悩みを解消できる?

マウスピース矯正

患者さんが自分で取り外せるマウスピース型矯正装置を使った治療法です。

マウスピースは薄い透明の樹脂製なので、つけていても周りの人に気付かれにくいというメリットがあります。

あらかじめ歯の動きをコンピュータ上でシミュレーションし、複数のマウスピースを作っておき、それをつけかえることで理想の歯並びに近づけていきます。

そのため、たびたび歯科医院へ通う必要がないというのも忙しい人に喜ばれています。金属不使用なので、金属アレルギーの不安もないですし、金属製の装置が外れたり壊れたりして口の中を傷つける心配もありません。

鈴木先生

ただし、大きく歯を動かす矯正には向いていないため、出っ歯の症状によっては適さない場合があります。

患者さん

そうなんですね~!取り外し式は、食事や歯磨きがしやすくて便利だから症状に合うといいなぁ~!

インプラント矯正

インプラント矯正は、大きく歯を動かしたい時に有効な治療法です。インプラントといっても、失った歯を補うためのインプラント治療とは違います。

矯正用のネジ「アンカースクリュー」は、直径1.4~2mm前後、長さは6~10mmと極小サイズ。これを奥歯の歯茎の骨に埋め込み、歯を動かすための固定源にします。

固定源がしっかりと骨に埋め込まれているので、強い力で歯を動かせるのです。

鈴木先生

出っ歯の場合、奥歯を後ろへ大きく動かす必要があるケースが多いので、有効な治療法といえます。

患者さん

へぇ~!インプラント矯正は、大きく歯を動かせるんですね~!

歯茎にネジを刺すだけ?難症例も治療できるアンカースクリュー矯正とは

外科的矯正

外科的矯正は、外科手術を伴う矯正治療です。

例えば出っ歯の場合、横顔の口元がモコッと出っ張っているような症状があります。そういった出っ歯の場合は、顎の骨格に原因があるため、歯を動かすだけでは口元の出っ張りは改善できません。

外科手術で骨の一部を削除し、骨格そのものを後退させることで、口元の出っ張りを目立たなくさせる治療法です。

外科手術の後、ワイヤー+ブラケット矯正などを組み合わせ、歯並びや噛み合わせを調整します。

鈴木先生

インプラント矯正が進化していますので、外科手術を回避できるケースが増えてきました。よりよい効果を得られながらも、なるべく患者さんの負担が少ない方法をご提案したいと考えています。

患者さん

一人ひとりの症状に合わせた治療法を提案してもらえるんですね~!まるでオーダーメイドですね~!

出っ歯を矯正できないと言われた!手術を伴う外科的矯正ってどんな治療?

セラミック矯正

セラミック矯正は、歯列矯正とは根本的に異なり、審美治療の分野に当たります。

前歯2本を削り、その上にセラミックの被せ物を装着することで、見た目を整える治療法です。

どんな出っ歯にも適す治療法ではないため、要注意です。

また、健康な歯を削って人工の歯を被せるため、10年以上経過すると劣化することがありますし、歯そのものの寿命が短くなる恐れもあります。

鈴木先生

セラミック矯正にはデメリットやリスクがありますが、その半面、早く治療が終わる、治療費が矯正よりも低価格な場合があるなど、メリットもあります。しっかり検討した上で治療を受けてくださいね。

患者さん

メリットとデメリットしっかりチェックして治療法を選ばないといけないですね~!

出っ歯だけ、前歯二本だけ、簡単に治療できる「部分矯正」が気になる!

出っ歯の治療は早めのスタートがおすすめ!

患者さん

出っ歯って、早く治療を始めた方が治りやすいですか~?

鈴木先生

そうですね。小さな子どもの頃から治療を始めると、悪いクセを直す治療や、顎の成長を促す治療を行うことができます。治療法の選択肢が増えますし、抜歯せずにすむ可能性が高まるというメリットもありますね。

患者さん

へぇ~!やっぱり早くから治療を始めるとメリットがあるんですね~!

鈴木先生

そうですね。とはいえ大人になってから治療しても十分間に合います。その時のタイミングに適した治療法をご提案しますので、諦めないでいつでも歯科に相談してくださいね。

出っ歯の矯正法6選!骨格ごと治すやり方、短期間で矯正するやり方

●お子さんの場合は、下記のような治療法もあります。

出っ歯を治すにはヘッドギア矯正が効果的!使用時間は?費用は安い?

子供の出っ歯はマウスピース矯正がおすすめ!6つのメリットや種類を紹介

子供の出っ歯の矯正治療は早い方がいい?歯科医が早期スタートを推す理由

記事の重要ポイントをチェック!
    • 出っ歯は、矯正治療を行えば治ると期待できる。
    • 出っ歯は、子どもの頃から治療を始めるのがおすすめ。
    • 出っ歯の治療法は多彩。目立たない治療法もある。
    • 出っ歯の矯正には、大きく歯を動かせる矯正法がいい。
    • それぞれの治療法のメリット・デメリットを把握しよう。