どう違う?入れ歯、ブリッジ、インプラントのメリット・デメリット

どう違う?入れ歯、ブリッジ、インプラントのメリット・デメリット
> この記事の監修医師一覧はこちら <
入れ歯、ブリッジ、インプラント。一番のおすすめは、どれなのでしょう?気になりませんか?
歯を何らかの理由で失ってしまった補うとき、その機能を補い、見た目をきれいに整える手段として、入れ歯、ブリッジ、インプラントが挙げられます。

どう違って、どれが良いのか、よくわからないせいで迷う人も多いことでしょう。
ここでは、それぞれの特徴、メリット・デメリットを紹介します。比較検討に役立ててください。
INDEX
  1. 入れ歯、ブリッジ、インプラントのメリット・デメリットを知りたい
    1. 入れ歯のデメリット
    2. ブリッジのメリット
    3. ブリッジのデメリット
    4. インプラントのメリット
    5. インプラントのデメリット
  2. 入れ歯、ブリッジ、インプラント。それぞれの費用は?
    1. 入れ歯の費用
  3. 入れ歯、ブリッジ、インプラント。治療にかかる期間は?
    1. 入れ歯の治療にかかる期間
    2. ブリッジの治療にかかる期間
    3. インプラントの治療にかかる期間
  4. 入れ歯、ブリッジ、インプラント。長持ちするのはどれ?

入れ歯、ブリッジ、インプラントのメリット・デメリットを知りたい

歯を失った時、その機能を補う方法として最も一般的といえるのが「入れ歯」です。数本の歯を失った場合は「部分入れ歯」、すべての歯を失った場合は「総入れ歯」を使用します。
    • 保険診療で作製できるものがあるので、経済的な負担が少ないです。
    • ブリッジのように、健康な歯を削る必要がありません
    • インプラントのように手術をしなくてもよいです。
    • 合わない時に調整・修理しやすいです。
    • 取り外しができるので、清潔に保てます。

入れ歯のデメリット

    • 保険診療でつくると使える歯科材料に制限があるので、食の楽しみが減ってしまうことも。
    • 餅など歯にくっつきやすいものを食べると、ズレたり外れたりしやすいです。
    • 咀嚼力が弱まり、食べ物の旨味を引き出しにくくなり、おいしさを感じにくくなります。
    • 噛む力が弱くなるので、口元の骨や筋肉が痩せて入れ歯が合わなくなることがあります。
    • 合わない、噛めない、痛い入れ歯に悩んでいる人は少なくないでしょう。
    • 部分入れ歯の場合、金属のフックが見えることがあります。
    • 部分入れ歯の場合、フックを掛けている健康な歯に負担が掛かります。
    • 取り外しができるので、必ず外してお手入れをしなければ劣化します。

ブリッジのメリット

ブリッジは、失った歯と隣り合った両側の歯を土台にするため少し削り、3~4歯がつながった上部構造を、橋を架けるように被せる治療です。
失った歯自身は根っこで支えられていない状態ですが、両隣の歯が支えになります。
    • 保険診療の適用範囲内でも治療できるので、経済的負担を少なくできます。
    • インプラントなどと比べると、比較的、短い時間で治療できます。
    • 自分の歯を土台に義歯を増やしている感覚なので、違和感が少ないです。

ブリッジのデメリット

    • 健康な歯を削らなければならないことが、何よりのデメリットといえます。
    • 奥歯を失った場合、両隣に歯がなくてブリッジできないことがあります。
    • 歯周病や虫歯が多くて、土台にできるほど丈夫な歯が無いケースがあります。
    • 土台にした歯が虫歯や歯周病でダメになると、ブリッジ数本がまとめて使えなくなります。

インプラントのメリット

インプラント治療は、人工の歯根を顎の骨にしっかりと埋め込み、骨と融合させて歯を作ります。まるで自分自身の歯が蘇ったかのような噛み心地と、見た目の美しさが得られる優れた義歯です。
    • 快適な噛み心地。人工歯根が顎の骨とくっついているので、支えがしっかりしています。
    • 噛み合わせがズレたり、入れ歯のように急に外れたりしません
    • 自分の歯で食べているような感覚になれるので、食事を楽しめます
    • 1本で独立した歯なので、周りの健康な歯に負担を掛けることがありません。
    • 入れ歯のように取り外してお手入れする必要がなく、歯磨きの感覚でケアできます。
    • 総入れ歯のように取り外し可能なタイプもありますが、噛み心地は段違いに優れています。
    • 噛み合わせが安定して身体や顔の歪みが改善され、肩こりや頭痛が改善されるケースも。
    • 治療法によっては、1日で仮歯まで入れることもできます。

インプラントのデメリット

    • 保険診療が適用せず、ごく一部の特別なケースを除いてすべて自費診療です。
    • 入れ歯やブリッジに比べると、比較的、経済的な負担が大きくなります。
    • 基本的には治療期間が長めです。お口の状態によっては1年以上かかることもあります。
    • 1~2回の手術をしなければ、インプラントを装着できません。
    • 人によっては、手術の後、腫れや痛みが出ることもあります。

入れ歯、ブリッジ、インプラント。それぞれの費用は?

治療にどれくらいの費用がかかるのかも、大切な検討材料です。
それぞれの治療に必要な費用を見ていきましょう。

入れ歯の費用

インプラントは自費診療です。一部のケガや病気が原因の特別なケースのみ、保険診療になることもありますが、虫歯や歯周病で歯が悪くなった場合は適用しませんので、基本的には全て自費診療と考えてください。
インプラント治療にかかる費用は、1本あたり35万円~55万円程度です。
治療の内訳おおよその価格
インプラント本体+埋入手術15万円~30万円
アバットメント(本体と上部構造をつなぐ部品)4万円~5万円
上部構造(被せ物) 7万円~20万円
【合計】1本あたり35万円~55万円
インプラントは専門性・難易度が高い治療です。
色々な学会が認める専門医や認定医の制度があり、歯科医院や歯科医師によって提供できる技術や知識、設備にも幅があります。
代表的なオプションを紹介します。
オプション
    • 骨量が少ない場合 骨造成1本につき10万円程度
    • 歯ぐきが弱い場合 歯ぐきの移植10万円程度
    • サージカルガイド(精度を高める術式) 5万2000円~
    • 点滴と吸入麻酔(ウトウト眠っているような状態になれる麻酔)7万円程度

入れ歯、ブリッジ、インプラント。治療にかかる期間は?

失った歯の機能を補う目的があるものですから、治療にどれくらいの期間が必要なのかというのも、気になるところです。それぞれの治療期間を見ていきましょう。

入れ歯の治療にかかる期間

部分入れ歯、総入れ歯など、大きさや材料によっても異なりますが、一般的には2週間~1カ月くらいで完成します。1週間に1回、3~5回程度の通院で、型取りから調整まで終えて、お口の中に装着することができます。
小さな部分入れ歯の場合は、2回目の通院で完成することもあります。

ブリッジの治療にかかる期間

ブリッジの治療は、インプラントに比べると比較的早く治療が終わります。セラミックのブリッジが完成するまでには、1~2週間程度かかります。
失った歯の跡がどのような状態であるかにもよって、治療期間が異なります。もし、歯がグラグラしていて、それを抜いてからブリッジの治療を行うようなケースであれば、抜歯した跡が治癒してから治療を始めることになりますので、2~3カ月かかることも少なくありません。

インプラントの治療にかかる期間

インプラントの治療にかかる期間は、治療の内容によって大幅に異なります。骨の状態に問題がなくて、インプラントを埋め込むだけなら、約4カ月程度です。
長く総入れ歯を使っていて噛む力が弱くなってしまっている場合、お口まわりの骨が痩せてしまっていることが少なくありません。骨が薄く少なくなってしまっているとインプラントの土台にできないため、まずは骨造成や骨移植を行うことになります。場合によっては、歯ぐきの移植が必要なケースもあります。
そうなると、手術+安静期間として3~9カ月は必要になります。1年以上、かかることもあります。
治療がおわったら、1~2カ月に1回ほどのタイミングで、定期メンテナンスが必須であることも忘れてはいけません。

入れ歯、ブリッジ、インプラント。長持ちするのはどれ?

お口の状態や使用環境によって異なりますが、一般的な耐久年数を紹介します。
    • 入れ歯 約7~8年。歯ぐきに負担がかかって痩せていくため、合わなくなることが多い傾向です。
    • ブリッジ 約8年。顎の骨が痩せて形が変わると合わなくなることがあります。
    • インプラント 10年~40年。90%が10年間もつというデータがあるため、10年保証をつけている歯科医院もあります。世界初のインプラントは、装着してから亡くなるまで40年間使い続けられたといいますから、メンテナンスをしっかりと継続すれば、長持ちすることがわかっています。以上のことから、メンテナンス必須ですが、最も長持ちするのはインプラントといえます。
費用・治療期間、メリット・デメリットなど、入れ歯、ブリッジ、インプラントがもつそれぞれの特徴を紹介しました。どの治療法が自分自身に適しているか、ぜひ検討してみてください。