インプラント矯正vsマウスピース矯正!回避できないリスクとは?

インプラント矯正vsマウスピース矯正!回避できないリスクとは?
> この記事の監修医師一覧はこちら <
歯列矯正には、さまざまな方法があります。
なかでも、近ごろはインプラント矯正がメジャーになってきました。マウスピース矯正も人気を集めています。
専門性が高い歯列矯正なので、それぞれの治療法にリスクはないのか、いったい自分にはどちらが合っているのかわからないものです。ここでは、それぞれの矯正の特徴、メリットやデメリットなどを紹介します。
一人ひとりのお口の状態によってもベストな選択が違ってきますので、向き不向きなどは一概にはいえませんが、歯科医師に話を聞いて相談や質問をするための基礎知識として、参考にしてみてください。
INDEX
  1. インプラント矯正VSマウスピース矯正、どちらを選ぶ?
  2. インプラント矯正とは?
    1. ①抜歯をしなくてもよい可能性が高い
    2. ②難しい症例でも対応できる
    3. ③抜歯せずに済むことがある
    4. ④治療期間が短縮できる
  3. マウスピース矯正とは?
    1. ①目立たない矯正ができる
    2. ②矯正中の痛みや不快感が少ない
    3. ③取り外し可能なので虫歯になりにくい
  4. それぞれの矯正のリスクは?
    1. インプラント矯正は埋入手術が必要になる
    2. マウスピース矯正は時間がかかる
  5. インプラント矯正VSマウスピース矯正、おすすめは?

インプラント矯正VSマウスピース矯正、どちらを選ぶ?

歯列矯正を考えている時、どの治療法を選択するのかは、目指す目的や着地点によって変わってきます
最初は、どんな観点で選べばいいのか、解らないことが多いと思います。
ここでは、どんな目的をもった治療に向いている矯正なのか、治療法の特徴を紹介しますので、検討材料にしてみてください。

インプラント矯正とは?

インプラント矯正とは、歯列矯正のために専用のインプラントを使用する治療法です。
歯科矯正用アンカースクリューという小さなインプラントを、歯ぐきの骨に埋め込み、それを支えとして歯を動かしていきます。一般的なインプラント治療というのは、人工の歯根を埋め込んで人工歯をつくる治療ですが、それとは異なります。矯正のためだけに専用のインプラントを使用します。

①抜歯をしなくてもよい可能性が高い

歯を目的に合わせて動かしたい、通常動きにくい後方へ動かしたいという時に、インプラント矯正が向いているといえます。
骨に固定源を埋め込んでいるので、通常動かすのが難しい後方へ引っ張ることができ、抜歯をしなくても済む可能性が高いのが特徴です。治療結果を比較的予測通りに得られますし、奥歯に負担がかからないのも大きなメリットです。歯を傷めず、大切にできます。

②難しい症例でも対応できる

これまでのワイヤーを使った矯正では、歯の移動に限界がありました。
インプラント矯正では絶対に動かないインプラントを固定点として引っ張れるので、難しい症例でも矯正が可能です。これまでは、ヘッドギアなど歯を引っ張るための大がかりな器具を装着しなければ矯正できなかったようなケースでも、インプラント矯正では治療が可能になりました。
ただし、一人ひとりにのお口の状態にもよりますので、診断の上、適切な矯正方法を検討しましょう。

③抜歯せずに済むことがある

大きな歯並びの乱れでは、抜歯せずに矯正するのは困難でした。
例えば極端な出っ歯や、上顎と下顎の噛み合わせが合わずに開いているようなケースでは、抜歯することが多かったのですが、インプラント矯正では可能になりました。

もちろん、抜歯しない矯正必ずしも良い治療法とは限りません。矯正歯科医師を対象に行った調査では、100%の歯科医師が「抜歯しない矯正治療が良いとは限らない」と答えています。そして、抜歯を必要と診断したケースは、8割以上の歯科医師が、6割の患者さんの抜歯ありの矯正をしたと答えています(日本歯科矯正専門学会による2016年度版Q&Aより)。

抜歯をしたほうがよいかどうかは、お口の状態にもよりますので一概にはいえませんが、インプラント矯正によって「健康な歯を抜きたくない」という患者さんの思いを尊重した治療を行える可能性が広がったのは利点といえるでしょう。

④治療期間が短縮できる

歯が動きやすいので、スピード矯正が可能になりました。インプラント矯正では、通常の矯正で3年程度かかる症例でも、1年程度まで矯正期間を短縮することが可能な場合があります。できるだけ早く矯正を完了したい人には、おすすめの矯正方法といえます。

マウスピース矯正とは?

透明なマウスピースを使った矯正は、目立たないことから、見た目を気にする若い女性を中心に人気を集めている矯正治療の方法です。
ただし、矯正できる症例に限りがあるなど注意点もあります。マウスピース矯正の特徴や、向いている人について説明します。

①目立たない矯正ができる

透明なマウスピースを、歯の移動に合わせて複数用意し、どんどん付け替えて動かしていく矯正方法です。マウスピースが透明なので、着けていても目立ちません。周りの人に矯正していることが気づかれにくい審美性の高い矯正治療です。

②矯正中の痛みや不快感が少ない

ワイヤー矯正やインプラント矯正ほど強い力がかからないため、矯正中におこりがちな痛みや、矯正装置を口に入れているための不快感が少ないのも特徴です。
ワイヤーを使った矯正治療が口の粘膜に当たることで痛みや口内炎の原因になることがあるのですが、マウスピ―ス矯正の場合はそんな心配が少ないのも魅力です。
マウスピースは見た目にもわかりにくいほどの薄さなので、装着した時の異物感が少なく口の中で当たって痛いということも起きづらいです。

③取り外し可能なので虫歯になりにくい

歯を覆ってしまうマウスピースタイプなので、食事をするときは外します。自分で取り外し可能なので、歯磨きがしやすいのは大きなメリットです。ワイヤー矯正など、取り外し不可能な場合は、矯正装置の周辺から虫歯になりやすいというリスクがあるのです。
また、「いつでも外せる」と思えるのはストレスの軽減にもつながります。気持ちを健やかにしますので、精神衛生的にも良いといえます。

それぞれの矯正のリスクは?

インプラント矯正VSマウスピース矯正、どちらがいいのか検討するなら、それぞれのリスクやデメリットも把握しておく必要があります。

インプラント矯正は埋入手術が必要になる

インプラント矯正は、歯ぐきの骨に、歯を引っ張るための固定源となるアンカースクリューを埋め込む必要があります。ただし、通常のインプラントとは違って手軽にできます。
矯正用の細いインプラントを使用するのですが、細いため、処置が非常に簡便で、虫歯の治療や歯石取りのクリーニングより楽にできます。
以前はは口腔外科での手術という扱いになっていました。
しかし矯正治療の技術が革新し、現在ではアンカースクリュー1本につき5~10分くらいの短時間で比較的簡単に入れられるものになりました。手術室で大掛りに行うこともなく、少量の麻酔で治療ができますので身体への負担も軽減できるようになりました。

マウスピース矯正は時間がかかる

日進月歩で進化を遂げているため、これまでよりは治療できる範囲は広がりましたが、マウスピース矯正は歯を動かす力が控えめなため、矯正治療が難しいケースがあります。
歯列だけでなく、骨格自体がズレているなど、歯を大きく動かさなければならない場合には、向いていません
また、毎日20時間以上は装着していなければならないので、食事と歯磨き以外の時間は着けたままになります。取り外し可能なのでついつい外したまま着けるのを忘れてしまったり、サボったりしがちですが、すぐに後戻りしてしまうので治療期間が長引いてしまいます。治療費も余計にかかることになりますので、計画通り治療を進める自己管理力が必要です。

インプラント矯正VSマウスピース矯正、おすすめは?

インプラント矯正VSマウスピース矯正、おすすめは、どちら?という疑問ですが、どちらともいえません。
お口の状態や、目指している矯正の仕上がりによって、おすすめの矯正法が異なるからです。
目指す矯正の仕上がりと自分自身のライフスタイルを考慮しながら、歯科医師と相談して決めるようにすると良いでしょう。