インプラントがぐらぐらして心配!原因と対処法・予防について

インプラントがぐらぐらして心配!原因と対処法・予防について

この記事の監修医師一覧

櫻井祐弥先生
櫻井 祐弥 先生
所属:エムズ歯科クリニック下落合
専門:デジタル
東京都出身。東京医科歯科大学を卒業し、インプラント専門医の下で臨床研修を行った後に医療法人社団翔舞会エムズ歯科クリニックに入社。現在、エムズ歯科クリニック下落合院長として診療をする傍ら、子育てと趣味の読書と最近習い始めたゴルフに奮闘している。

失った歯にインプラント治療をしたのにぐらぐらしてきたら、とても心配ですね。原因は何なのか、すぐに治せるのだろうかとお悩みなのではと思います。

そこで、インプラントがぐらぐらした時の原因と対処法、そしてぐらつかないための日頃からできる予防法をご紹介します。原因を究明して、適切な対処を取りましょう。

INDEX
  1. インプラントのぐらつきの原因
    1. ネジが緩んでいる、もしくは折れている
    2. インプラントの被せものが外れかかっている
    3. インプラントを支える骨が溶けかかっている
  2. インプラントのぐらつきの治療
    1. 手術後すぐにぐらついた場合
    2. しばらく経過してからぐらついた場合
  3. ぐらつきを治療する病院を探したい
  4. インプラントのぐらつきを治すための費用
  5. インプラントのぐらつきを予防するには
  6. インプラントは経験豊富な医師を探そう

インプラントのぐらつきの原因

インプラントは直接骨に埋め込むため、本来ならぐらつくことはありません。それでもぐらぐらしている場合は、以下のような原因が考えられます。

ネジが緩んでいる、もしくは折れている

インプラントがぐらぐらするもっとも多い原因は、上部の被せもののネジが緩んでいることです。

インプラントは大きく以下の3構造から成り立っています。

    • 人工歯
    • アバットメント
    • インプラント本体

インプラント本体は、骨に埋めるためにスクリューの形をしています。これが骨と結合してしっかりと固定されるため、本体自体はぐらつきません。インプラント本体の上に、アバットメント(支台)を取り付けます。アバットメントは人工歯をかぶせるためのものです。取り付けはネジで行いますが、ぐらつきの多くの原因は、このアバットメントのネジが緩んだことによるものです。

ネジが緩んでいると、本体とアバットメントの間に隙間ができ、そこに細菌が侵入する恐れがあります。ネジの緩みを治すには、細菌の侵入を防ぐため歯科で洗浄・除菌などを行ってから締め直すことになります。もし緩んだまま放置しておくと、細菌が増殖して「インプラント周囲炎」という病気になるリスクが高まります。一度罹ると非常に厄介なので、ぐらぐらしていると感じたらすぐに病院で受診しましょう。

インプラントの被せものが外れかかっている

インプラント自体が原因のぐらつきでもうひとつ考えられるのが、インプラント上部の被せものが取れかかっているということです。アバットメントはしっかりと締められていますが、人工歯がなんらかの原因で外れかかっている場合は、ぐらぐらすると感じる可能性があります。

人工歯に使われる素材はとても種類が豊富です。多くの場合はセラミックなど耐久性に優れたものが使われていますが、それでも外部から強い力が加わると、経年劣化などによりヒビが入ったり破損したりすることがあります。特に歯ぎしりや食いしばりなどの癖がある人は、その傾向が強いと言えます。

インプラントを支える骨が溶けかかっている

インプラントのぐらつきを起こす要因のうち、厄介なのはインプラント周囲炎です。骨は細菌感染に弱く、感染するとどんどん進行して「インプラント周囲炎」になってしまいます。インプラント周囲炎とは、インプラント特有の歯周病のようなものです。

インプラント周囲炎にかかった時の初期の症状は、歯茎の腫れや出血などです。病気が進行すると、インプラントの土台となっている骨が吸収されて溶けてなくなり、インプラントを支えられなくなってグラグラしてしまいます。更に進行すると、インプラント本体がむき出しになり、最悪の場合は抜け落ちてしまいます。

インプラント周囲炎ができるしくみは、天然歯が歯周病になるのと同じです。口内の衛生が保たれていないと口内細菌がプラークを作ります。細菌はプラークを住処としてどんどん増殖し、インプラントと骨の間周辺組織に侵入して病気を広げていってしまうのです。

インプラントのぐらつきの治療

インプラントがぐらついたらできるだけ早い対処が必要ですが、手術直後とインプラントを入れてから時間が経っている場合では、方法や費用面が異なります。

手術後すぐにぐらついた場合

インプラントの手術をしてから半年以内にぐらついた場合には、手術した医療機関に相談します。原因がアバットメントの緩みの際にはかみ合わせの調整や洗浄などをして、再装着してくれます。事故などで人工歯が破損した場合なども、対応してくれます。

また、インプラント周囲炎にかかっている場合は、初期段階では洗浄・除菌を繰り返して治療することが可能です。いずれの場合も保証期間内であれば無償で治療してくれる可能性があるため、相談してみましょう。

しばらく経過してからぐらついた場合

何年も問題なくインプラントの歯を使えていたのに、しばらくは正常に使えていたのにぐらぐらしてきた時は、インプラント周囲炎にかかっている可能性があります。また、インプラントが経年劣化した場合も考えられます。

経年劣化の場合には、インプラントを取り除いて再手術する必要があります。インプラント周囲炎が原因の際には、骨が残っている場合は再埋入できますが、骨が残っていない場合は入れ歯やブリッジなど別の方法が取られます。

ぐらつきを治療する病院を探したい

手術してから年数が経っていると、転居などで元の医療機関に行けない場合や、すでに病院が閉院してしまっているという場合もあります。20年30年と年数が経っている場合は、インターネットで検索することをおすすめします。インプラントには多くのメーカーがあるため、基本的に同じメーカーを取り扱っている医療機関を選ぶのがポイントです。

また、治療に不安がある、通院してもなかなか解決しないという場合には、他の医療機関を希望することもあるでしょう。そういった時にはセカンドオピニオンを利用するのも1つの方法です。

インプラント治療は高度な技術が必要なので、確かな技術を持った信頼できる医師を選びたいものです。インプラントにはいくつかの学会があり、その学会で認定している専門医なら安心です(ただし、経験豊富な名医の中には専門医の認定を持っていない医師もいます)。総合的な口腔外科なら、設備が充実しているし、救急病院と連携している病院も多いです。

選ぶときのポイントは、以下のことを確認しましょう。

    • 自分のインプラントと同じメーカーを取り扱っている
    • 経験豊富な医師である
    • 専門医として学会で認定されている
    • 設備が整っている

インプラントのぐらつきを治すための費用

インプラントのぐらつきを治す費用は、ねじを締め直したり外れかかった被せ物を付け直すだけだったらそんなにかかりません。しかしながら、インプラント周囲の骨が溶けて、インプラントを埋め直さなくてはいけないケースになったら
話は変わってきます。保証があるのならいいのですが、なかった場合は再び埋める費用がかかります。

インプラントを埋める費用の主な内訳は、手術費、アバットメント代、被せもの(人工歯)代です。これにCT検査や分析料などが加わる場合もあります。また、インプラントは基本的に自由診療(保険適用外)なので、費用は各医療機関によって異なります。

ただし、2012年から一部保険内で行えることになりました。インプラントで保険適用が認められるケースは以下の条件とされています。

    • 病気で顎の骨が広範囲に渡り欠損した
    • 第三者行為の事故により顎の骨が広範囲に渡り欠損した
    • 上記の部位に骨移植を行い再建した状態
    • 生まれつき1/3以上の顎骨や歯の欠損・形成不全があるとき

歯周病や加齢による骨の吸収は保険適用の対象にはなりません。また、メンテナンスで実質負担額が一定額を超えた際は、上限200万円まで医療費控除を利用できる場合もあります(一定額は2020年2月現在で10万円)。

インプラントのぐらつきを予防するには

インプラントのぐらつきを防ぐ鍵は、日頃からのセルフチェック定期メンテナンスの2つです。インプラントのグラつきの多くの原因は、インプラント周囲炎です。したがって、インプラントのぐらつきを予防するには、病気の原因となるプラークコントロールが何よりも大切となります。

インプラント周囲炎は、通常の歯周病よりも進行度合いが速いことが分かっています。そのため日頃から正しい方法で丁寧に歯磨きをし、プラークを作らせない事が重要です。

また、インプラント手術後は、定期的にメンテナンスをする必要があります。定期メンテナンスでは、インプラントがきちんと適応しているか、噛み合わせは上手くいっているかなどをチェックする他に、専門器具でクリーニングを行います。また、ブラッシング指導では磨き残しをしやすい部位をチェックし、適切な磨き方や歯ブラシの選び方などまでアドバイスしてくれます。

インプラントは経験豊富な医師を探そう

インプラントがグラつく原因は、ネジが緩んでいる・被せものが外れかかっている・インプラント周囲炎が進行しているなどがあります。ぐらつきに気がついたら、すぐに診察を受けて対応してもらう事が重要です。

ぐらつきはインプラントに原因がある場合とメンテナンス不足が原因の場合などがありますが、いずれの場合でも誠実に対処してくれる病院を探すと、なにかあったときにも安心して任せられますね。

インプラント治療は手術だけでなく、その後のメンテナンスが何年にも渡るため、経験豊富信頼の置ける医療機関または医師を選ぶことがポイントです。「近所だから」「広告でよく見かけるから」などの理由で安易に決めるのではなく、きちんと調べて納得したうえで治療を受けましょう。