歯についた汚れをなくしたい!着色汚れを予防するステインケアの方法

歯についた汚れをなくしたい!着色汚れを予防するステインケアの方法
この記事の監修医情報を見てみる

歯の着色汚れをステインといいます。歯の黄ばみやくすみ部分的、あるいは歯全体にいつの間にか付着してしまい、すぐには落ちません。せっかく肌や髪のお手入れをしても、歯が汚れていては笑顔の魅力も半減してしまいますね。ここでは、ステインケアの方法をご紹介します。ステインを予防する方法も合わせてお伝えしますので、ぜひ読んでみてくださいね。

この記事がおすすめな人
    • 歯のステインをケアする方法を知りたい
    • ステインってなんなの?
    • ステインがつくのを防ぐ方法はある?
    • ステインを落とすにはどんな方法があるの?
INDEX
  1. ステインの正体とは?
    1. 食べ物の成分
    2. タバコのヤニ
  2. 毎日のステインケア方法
    1. 歯磨き粉でステインケア
    2. 着色しやすい飲食物を控える
      1. ステインがつきやすい食べ物や飲み物
    3. 喫煙を控える・受動喫煙に気をつける
  3. 歯医者さんでのステインケア方法
    1. PMTC
    2. ホワイトニング
  4. ステインケアすればあなたの印象が変わる

ステインの正体とは?

歯科では歯の表面につく着色汚れ全般を指してステインと呼びます。ステインは、食べ物に含まれる色素成分タバコのヤニが主な原因です。

患者さん

歯の変色はステインとは呼ばないんですか?

柿木先生

内側からの変色はステインとは呼ばないんですよ。[/voice

1.食べ物の成分

[image id="22516"]

ステインは食べ物に含まれるポリフェノールと、ペクリルというタンパク質が結びついて付着します。ポリフェノールは色の濃い食物だけでなく、ほとんどの野菜や果物にも含まれています。

[voice chara="user" id="3" align="right"]どうしてステインが付きやすい人とそうでない人がいるんですか?

柿木先生

良い質問ですね!ペクリルは歯のエナメル質を覆う薄い膜なんですが、これは唾液の成分なんです。

患者さん

ふむふむ。

柿木先生

唾液の分泌量は個人差があるので、ペクリルの働きにも個人差があるんですよ。

ポイント
唾液由来のペクリルは、歯の再生化を促したり歯の表面を保護したりする働きがありますが、同時に食べ物中の色素やタバコのヤニを吸収するという特徴もあります。ペクリルに吸収された色素は、時間が経過するにつれて色が濃くなり歯に沈着してしまうのです。

2.タバコのヤニ

タバコには、ニコチンや一酸化炭素と共に、タールが含まれています。タバコのヤニとはこの「タール」のことで、タールには粘着性があります。タバコを吸う人の部屋の壁やガラスが薄茶色になるのは、タールがこびりついているからです。タールはペクリルと結びついて歯の表面にもこびりついて歯を黄ばませます。

柿木先生

タバコのヤニは粘着性が強いので、食べ物に含まれるポリフェノールよりもたちが悪くて、一度付着するとなかなか落とせません

患者さん

うわあ…。歯磨きじゃ追いつかなさそうだなあ。

毎日のステインケア方法

自宅でステインケアをする場合は、以下のような方法が考えられます。

1.歯磨き粉でステインケア

ステインを除去する成分が入った歯磨き粉を使って、歯磨きをする方法です。ホワイトニング用ステインケア用の歯磨き粉を選びましょう。ただし、研磨剤でステインを落とすタイプは、歯の表面を削ってしまうのでおすすめできません。

以下のような成分が入っていれば、歯のホワイトニングやクレンジングができます。

ステインケアができる有効成分
    • ポリリン酸ナトリウム
    • ポリビニルピロリドン
    • PEG-8
    • リン酸カルシウム
    • 水酸化アルミニウム
    • 無水ケイ酸

※リン酸カルシウム、水酸化アルミニウム、無水ケイ酸は研磨剤ですが、歯の表面を傷つけずに汚れを落とすことができます。

患者さん

成分表を見て、どれかが入っていればOKなんですね?

柿木先生

そうですね。ほとんどのホワイトニング用歯磨き粉にはいずれかが入っていますよ。

2.着色しやすい飲食物を控える

ポリフェノールが含まれた飲み物や食べ物を日頃から多く摂っている人は、生活習慣を見直すなどしてステインがつかないようにするのも一つの方法です。どうしてもやめられない場合は、食後にすぐうがいをするなどして色素が沈着するまえに除去しましょう。

患者さん

ステインが付くのはポリフェノールだけですか?

柿木先生

鋭いですね!ポリフェノールは、実は800種類くらいあって、ウコンやカテキンもポリフェノールなんですよ。

ステインがつきやすい食べ物や飲み物

ステインがつきやすい代表的なものは、コーヒーやワイン、緑茶などですが、他にも以下のようなものがあります。

    • コーヒー
    • 紅茶
    • 緑茶
    • 烏龍茶
    • 赤ワイン
    • チョコレート
    • ココア
    • カレーライス(ターメリック)
    • ブルーベリー
柿木先生

ポリフェノールは色の濃いベリー類にも入っているので、果物が好きでよく食べる人も要注意です。

患者さん

へえ〜、けっこうあるんですね!

3.喫煙を控える・受動喫煙に気をつける

タバコを吸う人は本数を減らしたり禁煙したりすることによって、ステインがこれ以上付着するのを防ぐことができます。また、自分が吸っていなくても周囲の人が吸うことでステインがついてしまうこともあります。

患者さん

え?受動喫煙でもステインってつくんですか?

柿木先生

そうなんです。10歳未満のお子さんがタバコのヤニで歯が黄ばんだ例もあります。

歯医者さんでのステインケア方法

ステインは、歯医者さんで落とすこともできます。歯医者さんでステインを落とす場合は、PMTCやホワイトニングといった処置をします。

PMTC

PMTCとは、歯医者さんによる専門的なクリーニングのことです。歯科でしか扱えない強い薬剤やレーザー、専用機材などを使ってていねいに磨きます。

柿木先生

セルフケアでも落ちない場合は、歯医者さんで落とすのがおすすめですよ。

患者さん

歯医者さんでならしっかり落ちそうですね!

ホワイトニング

PMTCでも落とせないような頑固なステインは、ホワイトニングを行うことで着色汚れを改善することが可能です。

柿木先生

歯を白くする薬剤を塗布したり、特殊な光を当てて白くします。

患者さん

1回で白くなるんですか?

柿木先生

使う機材は歯医者さんによって違うし、効果にも個人差があるので、数回通う場合もあります。

歯医者さんのホワイトニングは2種類
オフィスホワイトニング・・・歯科で薬剤塗布や光照射を行う。
セルフホワイトニング・・・歯医者さんで薬剤とマウスピースを受け取り、自宅で行う

ステインケアすればあなたの印象が変わる

一度ついてしまったステインはなかなか頑固ですが、毎日の歯磨きである程度は改善することが可能です。また、これ以上歯の黄ばみがひどくなるのを防ぐためにも、コーヒーやワインを日常的に飲んでいる人は控えるのが良いでしょう。もしも改善しない場合は、歯医者さんでステインケアをすることができます。ホームページなどでチェックして、ホワイトニングやステインケアをしているところを探してみてはいかがでしょうか。

記事の重要ポイントをチェック!
    • ステインの原因はポリフェノールやタバコのヤニとタンパク質が結びつくこと
    • 歯磨き粉はステインケアに有効な成分が入ったものを選ぶ
    • ポリフェノールが含まれる飲食物は控える
    • 受動喫煙でもステインがつく
    • 歯医者のステインケアはPMTC やホワイトニング