セルフホワイトニングの効果が違う?市販・エステ・歯科医院 

セルフホワイトニングの効果が違う?市販・エステ・歯科医院 
この記事の監修医情報を見てみる

「自分で歯を白くしたくてとりあえず2000円程度のセルフホワイトニングを試してみたけれど、思ったとおりに効果が出なかった」という話をよく聞きます。しかし、歯科医院やホワイトニングサロン、市販のセルフホワイトニング剤で使う薬剤は種類が違うので、効果に差があることはあまり知られていません。ここでは、それぞれのセルフホワイトニングで使われる薬剤の効果を比較しながら、本当に歯を白くできるセルフホワイトニングについてご紹介します!

この記事がおすすめな人
    • 自宅で気軽にホワイトニングがしたい
    • せっかくやるならきちんと効果が出る方法でやりたい
    • エステサロンでホワイトニングしたが効果がなかった
    • 市販のホワイトニング剤は本当に効果があるの?
INDEX
  1. セルフホワイトニングの種類
  2. 市販のホワイトニング剤を使う
    1. 市販のホワイトニング剤の選び方
  3. サロンでセルフホワイトニングをする
  4. 歯科医院のホームホワイトニングをする
  5. 歯科医院のオフィスホワイトニングとは?
    1. 過酸化水素とは?
  6. 歯科医院のホームホワイトニングの費用
  7. セルフホワイトニングは歯科医院が効果あり!

1.セルフホワイトニングの種類

セルフホワイトニングには、エステサロンやホワイトニングサロンで行うものと、歯科医院で受け取って自宅で行うものなどがあります。また、手軽に行える市販のホワイトニング剤も販売されています。

各サロンや市販のホワイトニング剤と歯科医院のセルフホワイトニングには大きな違いがあります。それは、医療内か否かということ。サロンや市販の薬剤は一般の人でも安全に取り扱える成分なのに対し、歯科で扱う薬剤は国家資格を有した医師しか取り扱うことができません。

柿木先生

歯科医院で扱うのは薬機法(旧薬事法)で定められている、濃度が高い薬剤です。

さるくん

つまり、効果が格段に違うってことですか?

柿木先生

効果だけでなく、白くする役目も違うんです。順を追って説明していきますね。

1.市販のホワイトニング剤を使う

市販のホワイトニング剤は、歯みがき粉の中にホワイトニング効果のある成分が含まれているものや、歯みがき粉に準じた製品です。歯の表面の黄ばみ(ステイン)を落とすことができますが、1本使い切っても変化がないなど、効果の実感には個人差があります

■効果の持続性は1〜2ヶ月

市販のホワイトニング剤の選び方

市販のホワイトニング剤には、2つのタイプがあります。

    • 有効成分で歯の表面を白くするタイプ
    • 歯の表面を研磨して歯を白くするタイプ

有効成分で白くするタイプは、ポリアスパラギン酸やリンゴ酸などが着色汚れを浮かせて剥がします。

一方、研磨剤入り歯の表面を削って白くしますが、使う頻度が高いと歯の表面を削り過ぎてしまいます。エナメル質には歯を守る大事な役割があるので、削りすぎると虫歯や歯周病になりやすく、知覚過敏になる可能性も高いです。

また、一時的には白くなったと感じるかもしれませんが、歯の表面に凹凸ができるので、かえって汚れが入りやすくなることもあります

さるくん

着色汚れを落とすなら有効成分入りがいいんですね!

柿木先生

そうですね。ただし、どちらのタイプも歯の内部にある汚れまでは落とすことができません。

さるくん

歯の内部にも汚れってあるんですか?

柿木先生

汚れというより、経年変化と言ったほうがいいかもしれません。歯は長く使うと象牙質の色が黒ずんでくる場合があるんです。

さるくん

市販のだと歯の表面を白くするだけだから、歯の内部が汚れてる場合は効果を感じられないってことですね。

柿木先生

そのとおり。

2.サロンでセルフホワイトニングをする

エステサロンやホワイトニングサロンで使われている薬剤で代表的なものは、ポリリン酸ナトリウムや光照射です。ポリリン酸ナトリウムは、歯の表面の汚れを吸着して落とします。また、光照射はLEDのライトを当てて歯を白くします。どちらも歯の表面を白くするのには有効ですが、歯の内部の汚れまでは落とせません

■効果の持続性は1〜2ヶ月

さるくん

サロンで扱う薬剤も市販のホワイトニング剤と変わらないってことですか?

柿木先生

役割的にはそういえると思います。

2.歯科医院のホームホワイトニングをする

歯科医院でもセルフホワイトニングをすることができます。歯科医院で薬剤を受け取って自宅で行いますが、医師の指導のもとで行うので安全です。即効性はありませんがジワジワと白くなっていき、サロンや市販のもので行うより白くなります。

■効果の持続期間は1〜2年程度

さるくん

持続性が長いんですね!

柿木先生

そうですね。自宅で行ってもらうので、穏やかな薬剤を使います。

さるくん

具体的にはどうやるんですか?歯みがき粉と同じ感じですか?

柿木先生

マウスピースの中にジェルを塗って装着します。自分のタイミングで行えるのがメリットですね。

さるくん

なるほど!寝る前とかにやってもいいんですね。

歯科医院のオフィスホワイトニングとは?

実は、歯医者さんで行うホワイトニングには、ホームホワイトニングオフィスホワイトニングの2種類があります。オフィスホワイトニングは即効性があり、早い人では1回の通院で白さを実感することができるでしょう。

■持続期間は3〜6ヶ月程度

柿木先生

歯医者さんが直接する場合には過酸化水素という強い薬剤を使うので、歯の内側から白くできるんですよ。

さるくん

過酸化水素ってどんな薬ですか?

過酸化水素とは?

過酸化水素とは、濃度の濃いオキシドールのようなものです。殺菌力や漂白力があり、傷口の消毒や衣類の漂白などに使われます。過酸化水素は劇薬に分類されるので、有資格者しか取り扱うことができません。歯のホワイトニングには、30%程度の濃度の過酸化水素が用いられます。過酸化水素は歯の内部(象牙質)から白くできるので、本来の色以上に白くすることが可能です。

柿木先生

オフィスホワイトニングは、過酸化水素と光照射などを組み合わせて使います。

さるくん

なんかすごく効き目がありそうですね!

柿木先生

そうですね。他にも、神経がない歯の黒ずみを取るインターナルブリーチというものもあります。

さるくん

また別のホワイトニングなんですか?

柿木先生

歯に穴を開けて中に漂白剤を入れて白くするんです。これは1本限定で白くする方法ですね。

歯科医院のホームホワイトニングの費用

ホームホワイトニングの費用相場は、3〜5万円程度です。これは主にマウスピースとジェルの代金です。最初にマウスピースとジェルが渡され、2週間〜1ヶ月程度使い続けます。

さるくん

オフィスホワイトニングは1回いくらくらいですか?

柿木先生

だいたい1万円前後のところが多いですね。

さるくん

それなら通ったほうがお得ですね!

柿木先生

効果を実感するのは人にもよりますが、だいたい1回から3回目くらいなので、通院が面倒でなければこちらのほうが効果は高いですね。

セルフホワイトニングは歯科医院が効果あり!

歯の表面の着色汚れを落としたいということなら、サロンや市販のホワイトニング剤を使うのも悪くありません。しかし、効果が実感できるかどうかは自己責任になります。歯科医院で行うホームクリーニングはやや割高にはなりますが、しっかりと効果を実感することができます。通うことや施術を受けるのが面倒という人は、歯科医院で指導を受けて、あとは自宅で行えるホームホワイトニングがおすすめです。

記事の重要ポイントをチェック!
    • ホワイトニング剤には、医療用とそうでないものがある
    • 医療用でないものは歯の表面の汚れを落とすことが可能
    • 医療用は歯の内部の汚れまで落とせる
    • サロンで使う薬剤は医療用ではない
    • 歯科のホームクリーニングはマウスピースとジェルで行う
    • サロンや市販剤のホワイトニング効果の持続は1〜2ヶ月
    • 歯科のホームクリーニングの効果の出はゆっくりだが1〜2年持続する