オエっとなる嘔吐反射で歯科治療や歯磨きができない?意外な原因と対処法

画像がありません
この記事の監修医情報を見てみる

「歯医者の治療ってオエッてなるから苦手」と、お困りではないですか?

このオエッとなる状態を、「嘔吐反射(おうとはんしゃ)」といいます。

決して珍しい症状ではなく、嘔吐反射をもよおす人は20人に1人ほどの割合ともいわれています。そう聞くと「自分だけじゃなかった」と安心されるかもしれませんね。

この嘔吐反射、かつては緊張やストレスから起こるといわれていました。そう聞くとどうしようもないように感じてガッカリしてしまいますが、実は嘔吐反射には原因と対処法があるのです。

今回は、オエッとなる嘔吐反射について詳しい歯科医にお話をうかがいました。

この記事がおすすめな人
    • 歯型取りや歯科治療でオエッとなる嘔吐反射がある人。
    • オエッとなる嘔吐反射で歯科治療が不安な人。
    • オエッとなる嘔吐反射が起こる原因を知りたい人。
    • オエッとなる嘔吐反射は緊張や不安のせいと諦めている人。
    • 嘔吐反射の原因と対処法を歯科医に聞きたい人。
INDEX
  1. 嘔吐反射が起こる原因は?
    1. 舌で気道が塞がれて呼吸しにくいから
  2. 舌で呼吸がしにくくなる原因は?
    1. 舌を納める空間(舌房)が狭いから
    2. 多くの歯を失って下顎が後方へズレているから
    3. 矯正治療や補修物が不良な状態だから
  3. 嘔吐反射で歯科治療がつらい場合の対処法
    1. 気道確保(Air Way Dentistry)できる歯科医院を選ぶ
  4. 嘔吐反射で子どもが歯磨きできない場合の対処法
    1. 少し下を向き、顎を引いて歯を磨く
    2. 舌に歯ブラシが触れないようにする
    3. ヘッドの小さい歯ブラシで磨く
  5. 嘔吐反射についてのまとめ

嘔吐反射が起こる原因は?

患者さん

歯医者の治療は苦手なんです。歯医者の歯型取りなどでオエッってえずいてしまうんですもん~!

島田先生

それは「嘔吐反射」ですね。

患者さん

嘔吐反射。あれって、どうして起こるんですか?緊張してるから?

島田先生

そういう説もありますが、嘔吐反射が起こるのは、気道がふさがれたことによる「酸素不足」が原因であることが多いんですよ。

患者さん

えっ、酸素不足!?それってどういうことですか~?

嘔吐反射には物理的な要因があります。それは、酸素不足です。

これまで歯科治療で嘔吐反射が起こる原因は、不安や緊張など心理的な要因なのではと考えられていました。

実は、歯科治療で起こる嘔吐反射は、酸素不足が原因であるケースが多く見受けられます。

過度なストレスなど心理的な要因で吐き気をもよおすこともないとはいえませんが、酸素不足が原因で起こる嘔吐反射が多くみられます。

舌で気道が塞がれて呼吸しにくいから

嘔吐反射が起こるのは、簡単にいうと治療器具や歯型取りの材料をお口に入れたとき、舌が押されて後ろに下がり、気道がふさがれてしまうからです。

完全に気道がふさがれなくても、必要な量の酸素を取り込むことができず、苦しくなってオエッと嘔吐反射が起こるのです。

舌で呼吸がしにくくなる原因は?

患者さん

へぇ~!舌で気道がふさがれるとは……!そんなことあるんですね~!

島田先生

そうですね。あまり患者さんはご存じないことかもしれないですね。

患者さん

息が苦しくなっちゃうからオエッて吐き気が起こるってことですかぁ~!驚きの事実ですね!

島田先生

酸素が取り込めなくなったら一大事ですからね。では、なぜ舌が気道をふさいでしまうのか、その原因をみていきましょう。

生命活動に必要不可欠な酸素。酸素不足になることで命の危機を感じ、身体が嘔吐反射を起こします。

気分が悪くなってやっかいに感じる嘔吐反射ですが、実は生命の維持のためには重要な反応なのです。

では、どうして舌が気道をふさいでしまうのか、その原因を見ていきましょう。

舌を納める空間(舌房)が狭いから

オエッとする嘔吐反射が起こるのは、舌が気道をふさいでしまうからですが、どうして舌が気道をふさいでしまうのでしょうか?

歯科治療で器具や歯型取りの材料がお口に入っても、全員にオエッと吐き気が起こるわけではありません。平気な人と、嘔吐反射が起こる人の違いはいったいどこにあるのでしょう……?

それは、舌が納まっているスペースの狭さです。オエッと嘔吐反射が起こりやすい人は起こらない人に比べて、舌の治まる空間が圧倒的に狭いのです。

この舌が治まる空間を「舌房(ぜつぼう)」といいます。 

島田先生

ご自身の舌が、U字型の歯並びのアーチに治まっていることを意識してみてください。その場所が、舌房です。

患者さん

なるほど!「舌の部屋」みたいな場所ですね~!

島田先生

はい。ベロの部屋とも呼ばれていますよ。ですが、何らかの事情で舌房と舌のサイズが合っていない人がいるのです。それが、嘔吐反射の誘発を招いているのです。

患者さん

へぇ~!オエッてなるのって、ベロの部屋が狭いせいだったんですね~!

  舌が舌房に治まり切らないと、舌は自然に後ろへ下がるしかありません。そうなると気道がふさがれてしまい、常に酸素不足の状態に陥るのです。

吐き気だけでなく、酸素不足による頭痛や慢性的な重だるさなどの体調不良、舌への歯型や傷が絶えないのも舌房が狭い人の特徴です。

多くの歯を失って下顎が後方へズレているから

患者さん

じゃあ自分は、ベロの部屋が狭いんでしょうか?でも、いったいなぜ……?

島田先生

舌に筋力が不足していると、舌房が発育不足になり狭くなりやすいですね。他には、多くの歯を失った影響で顎が後方へズレて舌房が狭くなっているケースもあります。

患者さん

ええっ、歯を失うと顎が後ろへズレるんですか?

失った歯の空間を入れ歯などの義歯で補わなければ、周辺の歯は空いたスペースへ動いたり倒れたりしていきます。そうなるとU字型の歯並びやかみ合わせが乱れ、舌房が狭くなる恐れがあります。

患者さん

歯がないところを放っておいたら、吐き気が起こりやすい口になってしまうとは……怖いですね〜!

矯正治療や補修物が不良な状態だから

矯正治療の経過不良や合わない補修物の影響で、舌房が狭くなるケースもあります。

矯正治療では、歯を何本か抜いて歯並びをきれいに整えますが、そうなるとU字型の歯列がひとまわり小さくなって舌房が狭くなることがあるのです。

もちろん、舌のサイズは矯正治療を行っても変わりませんから、舌房が狭くなると舌がきちんと正常な位置に納まらなくなります。

障害物があると、舌は後ろへ下がるしかありません。その結果、気道をふさいでしまい、酸素不足に陥ります。

合わない補修物も同じです。口腔容量といってお口の空間のサイズが狭くなり、呼吸に支障がでて必要な量の酸素を取り入れられなくなるのです。

ふだんは少し狭いくらいで済んでいたとしても、歯科治療で器具や材料がお口に入ったときに正常な状態の舌よりも後方へ下がりやすく、気道をふさぐ原因をつくってしまうのです。

嘔吐反射で歯科治療がつらい場合の対処法

患者さん

ベロの部屋が狭いからオエッてなりやすいことがわかりました~。でも、これってどうしようもないじゃないですか……。

島田先生

そんなことはないですよ。原因が明確だからこそ、対処法があるのです。

患者さん

えっ、ほんとですか?

島田先生

それには気道確保(Air Way Dentistry)できる歯科医院を選ぶことです。

患者さん

気道確保(Air Way Dentistry)……?

気道が舌でふさがれて酸素不足になることで起こる嘔吐反射を回避するためには気道確保(Air Way Dentistry)を図りながら治療する必要があります。

このことを理解して適切に治療を行える歯科医院なら、嘔吐反射を起こさずに済む可能性が高いといえます。

気道確保(Air Way Dentistry)できる歯科医院を選ぶ

嘔吐反射が起こらないように歯科治療を行いたいなら、気道確保(Air Way Dentistry)に配慮した上で処置を行える歯科医院を選びましょう。

どのようにして選ぶのかですが、まずは歯科医院の公式ホームページに記載されているかどうかチェックしてみましょう。

また、必ずしもホームページに記載されているとは限らないので、治療前のカウンセリングで嘔吐反射の不安について話し、気道確保に対応しているという説明がされるか確認するといいですね。

緊張やストレスといった心理的な話に終始する場合は、気道確保を行った治療には対応していないということです。

嘔吐反射で子どもが歯磨きできない場合の対処法

ひどい嘔吐反射で歯ブラシをお口に入れることもつらく、歯磨きさえままならないお子さん がいます。

歯磨き不足でむし歯になっても歯の治療どころではありませんから、本当に困ります。

そんなときは、つぎのような工夫をしてみましょう。歯磨きが幾分が楽になるはずです。

少し下を向き、顎を引いて歯を磨く

少し顎を引いて下を向き、歯を磨くようにします。そうすれば喉から歯ブラシが遠くなり、嘔吐反射が起きにくくなります。

舌に歯ブラシが触れないようにする

オエッとなる嘔吐反射が起こるのは、舌に歯ブラシが当たるからというケースが多いです。できるだけ歯ブラシを舌に触れさせずに歯磨きしましょう。

ヘッドの小さい歯ブラシで磨く

ヘッドの小さい歯ブラシを選ぶのも、嘔吐反射を抑えるコツのひとつです。お口に歯ブラシをずっと入れたままにせず、休みながら少しずつ磨きましょう。

嘔吐反射についてのまとめ

患者さん

嘔吐反射を回避するためには、気道確保(Air Way Dentistry)できる歯科医院を選ぶことがポイントです。

患者さん

嘔吐反射はベロの部屋が狭いことで起こるんですもんね!

島田先生

その通りです。カウンセリングで、歯科医と話してみてください。気道確保(Air Way Dentistry)できる歯科医院なら、しっかり説明してくれますよ。

記事の重要ポイントをチェック!
    • 嘔吐反射とは、口にものが入ってオエッと反応が起こること。
    • 舌が後ろに下がって気道をふさぎ、嘔吐反射が起こる。
    • 嘔吐反射の原因は、気道がふさがれることによる酸素不足。
    • 嘔吐反射で歯磨きがつらい人は、舌に歯ブラシが当たらないように注意。
    • 気道確保を理解している歯科医を選んで治療を受けよう。