インプラント矯正とは?期間の短縮と治療の幅が広がる画期的な方法

インプラント矯正とは?期間の短縮と治療の幅が広がる画期的な方法

この記事の監修医師一覧

杉田大先生
杉田 大 先生
所属:杉田歯科医院(千葉県船橋市)
専門:保存修復
2013年 東京歯科大学卒業。現在は杉田歯科医院での臨床のほか、株式会社DoctorbookでDental事業部のマネージャーを務める。

インプラント矯正はこれまでの矯正治療の課題を解決する可能性を秘めた画期的な治療法です。「インプラント」や「外科手術」と聞いて不安になる方もいるでしょう。インプラント矯正の流れやメリット・デメリットを解説します。

インプラント矯正とは?

インプラント矯正は、歯茎に埋め込んだチタン製の小さなネジ(アンカースクリュー)を支点として歯を動かす治療法です。今までの方法とは全く異なる治療というわけではなく、従来のワイヤーを使ったマルチブラケット矯正を補助するものと考えていいでしょう。

従来よりも効率的に歯を動かせる

矯正治療は奥歯を支点にして前歯を動かすというのが基本です。しかし奥歯は固定されているわけではありません。氷の上で綱引きをするようにお互い少しずつ移動してしまうのです。歯茎に埋め込んで固定されたインプラントを支点にすれば、より強い力で歯科医師の思った通りの方向に歯を動かしやすくなるのです。

裏側矯正でも適応可能

インプラント矯正は裏側矯正でもできます。この場合は、歯の内側にアンカースクリューを埋め込むことになります。症例によっては上顎の中央に1本だけスクリューを埋め込んで、数本のゴムを放射線状に歯と繋げて効率的に歯を動かすという裏側インプラント矯正ならではの手法もあります。インプラント矯正は従来の治療を大きく変える可能性を秘めた画期的な方法なのです。

失った歯を埋める「インプラント手術」とは別物

インプラント矯正は、歯が抜けてしまったときに行う「デンタルインプラント」とは全く違う治療です。誤解されやすいため、日本矯正歯科学会ではインプラント矯正ではなく、「歯科矯正用アンカースクリュー」と呼んでいます。

デンタルインプラントで想定されるようなトラブルは起こりにくいですが、通常の歯科治療ではあまりない外科手術を伴う点は同じです。しっかりとした知識や経験をもった歯科医師と設備を整った環境が必要ということは覚えておきましょう。

MEMO
そもそもインプラントとは、体内に埋め込む医療機器の総称です。ペースメーカーや骨折したときに埋め込むボルトもインプラントなのです。

インプラント矯正に危険はないのか?

学会でガイドラインもある実績ある治療法

インプラント矯正は比較的新しい治療法ですが、既に一定の実績があります。世界中で症例が報告され、有効性も広く認められつつあります。歯科矯正に関する日本最大の学会である「日本矯正歯科学会」でも2012年に最初のガイドラインが作られ、同学会の認定医も積極的に採用しています。

基本的に痛みはほとんどなく跡も残らない

チタン製のネジ(アンカースクリュー)を埋め込む外科手術を伴いますが、麻酔をするので治療中の痛みはほとんどありません。歯茎を切ることもないので、出血も基本的にありません。手術後に一時的に痛みや腫れが出ることもありますが、数日でおさまることが多いでしょう。

MEMO
手術や痛みに対する不安ある方には、静脈瘤内鎮静法や笑気麻酔を使って患者さんの負担を和らげる工夫を行っている歯科医院もあります。ただし、追加の費用がかかる場合もあるので注意してください。

1本10分程度の簡単な手術で終わる

アンカースクリューを埋め込む手術は1本につき10分程度です。埋め込む本数は2本程度なので、前後の時間を含めても30分〜1時間ほどで終わります。

外科手術ではありますが、いわゆる手術室で行う必要は必ずしもありません。きちんと滅菌、感染対策がされている歯科医院を選べば問題ないでしょう。

インプラント矯正のメリット

OKサインをつくる歯科医師

治療期間の短縮が期待できる

インプラント矯正の最大のメリットは、しっかり固定されたアンカースクリューを支点にすることで、十分に力をかけてピンポイントに歯を移動させられることです。計画通りスムーズに歯を動かすことで治療期間の短縮が期待できます。どうしても固定源とする歯も動いてしまう、という従来の治療方法のデメリットを解消できるのです。

抜歯なしで矯正できる可能性が高まる

矯正では歯を大きく動かすためのスペースを作るために健康な歯を抜歯することがあります。インプラント矯正では、従来の矯正方法で固定源となる奥歯を後ろに動かすことで、抜歯をせず矯正できるケースが広がることが期待されます。

ガミースマイルなど従来の方法では難しい症例にも対応できる

ガミースマイルとは、口を開けたときに上顎の歯茎が目立って見える状態のことです。原因や治療法はいくつかありますが、矯正治療で対応できるケースでも、従来は歯茎や骨を切る外科矯正が必要でした。しかし、歯が通常よりも下に下がってしまっている場合には、インプラント矯正によって歯を上に引き上げる治療が可能です。同じ外科矯正でも患者さんの負担は大きく軽減できるでしょう。

インプラント矯正のデメリット

歯が痛む女性

追加費用がかかる

インプラント矯正を行う場合は、通常のワイヤー矯正に追加費用がプラスされます。1本につき5万円ほどが相場でしょう。

人によっては一時的に腫れや多少の痛みが出ることがある

稀にアンカースクリューを埋め込んだ歯茎が炎症を起こして痛みが出ることがあります。一時的な症状であることがほとんどで、数日すればおさまることが多いでしょう。

埋め込んだアンカースクリューが抜けることがある

アンカースクリューはチタンという素材が歯茎の骨とくっつく性質をもっていることでしっかりと固定されます。ただし、特に原因もなく抜け落ちてしまうことがあります。この場合は再度埋め込み直せば問題はありません。再埋入については無料で対応してくれるケースがほとんどでしょう。

普段の歯磨きが煩雑になる

埋め込んだアンカースクリューの周りに食べかすや汚れがたまるとトラブルの原因になるため、毎回の歯ブラシの際にしっかり落とす必要があります。いつも歯ブラシを当てている箇所より更に奥になり、当て方もコツがいるので、慣れるまでは少し面倒に感じるかもしれません。

インプラント矯正は経験豊富な専門医に相談しよう

インプラント矯正は従来の矯正方法の課題を解消する可能性を秘めた画期的な治療法です。通常の矯正治療の精度を高めたり、これまでできなかった治療への対応も期待できます。学会や専門医も支持する人は多い一方で、外科手術を伴う専門性の高い治療です。知識・経験が豊富な歯科医師も限られているので、信頼できる専門医に相談することをおすすめします。