食後すぐできる!口臭予防ケア法&おすすめタブレット・サプリ5選

食後すぐできる!口臭予防ケア法&おすすめタブレット・サプリ5選

この記事の監修医師一覧

杉田大先生
杉田 大 先生
所属:杉田歯科医院(千葉県船橋市)
専門:保存修復
2013年 東京歯科大学卒業。現在は杉田歯科医院での臨床のほか、株式会社DoctorbookでDental事業部のマネージャーを務める。
「もしかして、口が臭いかも?」と気になっていませんか?
ビジネスシーンでは9割の人が「相手の口臭が気になったことがある」といわれています。
たしかに、距離が近くなる仕事中の会話や通勤電車の中で、「臭っ!?」と他人の口臭が気になる場面があります。

相手の口臭が気になるということは、自分の口臭が周囲に迷惑をかけていることだって十分考えられます。そんなことになる前に、しっかり口臭予防をしておきたいもの。

ここでは、気になる食後の口臭予防やケア法について紹介します。
おすすめのタブレットやサプリも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

食後の口臭の原因は細菌の臭気ガス

口臭とは「口あるいは鼻を通して出てくる気体のうち、社会的容認限度を超える悪臭」と定義されます。
e-ヘルスネット(厚生労働省)」より引用
口臭とはつまり、口から周りに迷惑をかけるほどの臭いにおいを発している状態です。

口臭のほとんどは、口の中にできた気体によるものです。気体の成分は硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイド等です。
これらの嫌な臭いは、お口の中の細菌が、唾液や血液、細胞の死がいが食べカスを分解したり腐らせたりすることによって発生します。

食後の水うがいがおすすめ

食後に水うがいをすることで、口臭をかなり抑制できます。
というのも、口臭は、食べカスや剥がれた粘膜細胞のタンパク質を分解して作られているからです。原因物質を取り除くことで発生を抑えることができます。
食事の後は歯を磨く口をゆすぐなど、こまめに行うようにしましょう。

特に水うがいは効果的なのに簡単にできるため、おすすめです。
歯磨きで落ちやすくなった汚れや、歯ブラシが届かなかった部分の汚れを除去できます。
水うがいのやり方
    • 少量のを口に含みます。
    • 水で激しい水流を作る感覚で、ぐちゅぐちゅとゆすぎます。
    • 口内で作った水流を、歯列に当てる感覚でゆすぎます。
    • 歯と歯ぐきの境目など、汚れがたまりそうなところに当てるようにします。
    • 左上の奥歯、左下の奥歯、右上の奥歯、右下の奥歯、前歯など歯列に激しく丁寧に当てていきます。
    • 表側からも裏側からも当てるようにぐちゅぐちゅゆすぎます。

舌磨きで舌苔をケア

舌苔は、口臭の原因となる菌によってつくられる垢の塊です。歯と歯のすき間や歯周ポケットに溜まる歯垢が舌の上にたまっているような状態なので、歯周病にかかっている人は、舌苔ができやすいといえます。

舌磨きは、最も汚れが溜まっている起床後すぐがおすすめです。舌はデリケートな部位なので、1日1回だけ磨けば十分です。

舌苔は、毛先が柔らかい歯ブラシや、舌磨き専用ブラシでケアします。舌の真ん中に舌ブラシを軽く当てて、のどの奥側から手前へ引くように磨いてください。

唾液を増やして唾液パワーでお口を清潔に

唾液には殺菌作用や自浄作用、粘膜修復作用などがあり、お口の菌を洗い流し清潔に保つ力を持っています。
口呼吸がクセになってお口の中が乾燥したり、ストレスがたまると唾液の分泌量が減ります。そうすると、お口の中の環境を健やかに維持することができなくなってしまいます。

こまめに水分補給!

唾液のパワーを活かしてお口の健康維持のため、水分をこまめに補給するようにしましょう。
よく噛んで食べる、鼻呼吸を心がける、レモンや梅干しといった酸っぱいものを食べて唾液の分泌を促すといった工夫も大切です。
1日に必要な水分
約2.5リットル(水分は食事からもとれますし、体内で生成もされます。飲料水としては1日最低約1リットル必要です)

マウスウォッシュで口内環境を整えよう

口臭・殺菌効果のあるマウスウォッシュを使用するのも効果的です。
マウスウォッシュには、香りづけのための化粧品のようなタイプもありますので、洗口料として役立つものを選びましょう。

気を付けなければいけないのは、マウスウォッシュは歯磨きの代わりにはならないということです。
マウスウォッシュによっては、歯磨きの前後に使用することでお口の汚れや歯垢を落としやすくなる効果を狙えます。あくまで歯磨きの補助的な使い方がおすすめです。

口臭予防サプリ・タブレットを服用

食事をしたらすぐに歯磨きをしたいところですが、外出中だったり、人と一緒だったりすると、なかなかそんな時間をとれません。
口臭ケアを手軽にする方法として、ガムを嚙む人は多いですが、ビジネスシーンなどではガムを嚙めないような局面も多いと思います。そんな時は、サプリやタブレットを服用するとよいでしょう。

食後の口臭予防に!タブレット・サプリ5選

食後にサッと簡単にケアできる口臭予防タブレット・サプリを紹介します。

ブレスケア

「ブレスケア ミント」小林製薬
口臭予防の有効成分
    • パセリ10枚分のパセリオイル配合
食事の後、2~3粒を噛まずに水などの飲み物と一緒に服用します。お腹の中でカプセルが溶け出し、臭いの元にダイレクトにアプローチします。
服用して約10~20分後には、ミントの香りの息を感じることができます。

エチケットサプリ

「エチケット サプリ ローズ 柿渋 シャンピニオン」Mariabella
口臭予防の有効成分
    • 柿渋エキス
    • ローズヒップエキス
    • シャンピニオンエキス
    • 緑茶カテキン
柿渋の殺菌・消臭効果で、口臭を予防します。ローズヒップエキスが入っているので、女性にもおすすめ。
日本国内GMP認定工場での生産だから、品質面でも安心です。
1日2粒〜3粒を、水・ぬるま湯で服用してください。

システマ オーラルケアタブレット

「システマ オーラルヘルスタブレット」ライオン
口臭予防の有効成分
    • 乳酸菌【T12711】配合
歯科医院で取扱いされている、歯医者さんもおすすめの口臭予防タブレットです。
1gに生きた乳酸菌【T12711】が3億個配合されています。善玉菌を増やすことで健康効果を狙う、プロバイオティクスの発想から生まれました。
1日3粒を目安に摂取しましょう。

森永 オーラバリア

「オーラバリア」森永乳業
口臭予防の有効成分
    • ラクトフェリン
    • ラクトパーオキシダーゼ
1粒が直径1.5cmと大きいサイズの口臭タブレットなので、じっくりと舐めることができます。レモンミント風の味で食べやすく、チャック付のアルミパウチ入りで持ち歩きにも便利です。
1回1粒を目安に摂取してください。

ロイテリ菌サプリ

「ロイテリ菌 タブレット」 ロイタブ
口臭予防の有効成分
    • ヒト由来の乳酸菌「ロイテリ菌」
    • キシリトール
口腔内フローラを良好に保って口臭を予防。歯ぐきを丈夫で健康に保つ乳酸菌「ロイテリ菌」のタブレットです。
1日1~2粒を目安に、噛むまたは舐めて摂取します。過剰摂取は止めましょう。

気になる時は、口臭外来へ!

口臭ケアをしてもどうにもならない頑固な口臭の場合は、もしかすると病的な原因によるものかもしれません。そんなときは歯科医院の口臭外来で相談してください。
歯科医院でプロによるクリーニングを行うと、口臭が改善できる場合もあります。
writer
ナチュラル・ハーモニー
ナチュラル・ハーモニー
大手出版社出身、ディレクター・ライター歴15年以上。歯科ライティング実績は500件以上。都道府県主催テレワーク講座にも登壇。趣味は観劇と史跡巡り。柴犬好き。