インプラントにできたこの隙間って何?正しい知識とメンテナンス法

インプラントにできたこの隙間って何?正しい知識とメンテナンス法

この記事の監修医師一覧

櫻井祐弥先生
櫻井 祐弥 先生
所属:エムズ歯科クリニック下落合
専門:デジタル
東京都出身。東京医科歯科大学を卒業し、インプラント専門医の下で臨床研修を行った後に医療法人社団翔舞会エムズ歯科クリニックに入社。現在、エムズ歯科クリニック下落合院長として診療をする傍ら、子育てと趣味の読書と最近習い始めたゴルフに奮闘している。

時々「インプラントにした歯の部分に隙間ができて困っている」という声を耳にします。もしそれが前歯だとしたら、見た目的にも格好悪いし、放っておいてもいいものかと悩みますよね。

インプラントは、 骨に直接人工歯を埋める治療法です。時間が経つと骨に密着するため強度があります。 しかし、いくら強度があるといっても人工物なのでリスクもあります。ここでは、インプラントの正しい知識と、メンテナンス法のほか、隙間ができてしまった原因や対処法についてもご説明します。インプラントを長持ちさせるために、正しい知識をしっかりと身につけましょう。

インプラントの隙間ができる2つの理由

インプラントの隙間ができてしまった理由は2つ考えられます。ひとつは治療直後に何らかの理由でインプラントが動いてしまったこと、もうひとつは治療して何年か後に口内環境が変化して、歯肉や骨が痩せて退縮してしまったことです。

通常のインプラント治療は型取りを行い、かみ合わせを確認してから作っていくので、治療直後に隙間ができることはごくまれです。インプラントは時間をかけて骨とくっつき、固定されていきます。しかし、治療した直後は、まだインプラントが骨にくっついていません。手術してしばらくの間は不安定なので、舌や手で頻繁に触るとインプラントが動いて骨に定着しにくくなり、隙間ができることがあります。また、強い力がかかっても同様です。

手術直後に隙間ができる原因
    • 舌や手で頻繁に触る
    • 硬いものを噛む
    • 片側ばかりで噛む
    • 歯ぎしりや食いしばりの癖がある

また、数年経って隙間ができた場合は、口内の状態によって歯ぐきや骨が吸収されることが多くの原因です。症状が進むと隙間だけでは収まらず、インプラントがむき出しになったり、最悪の場合は脱落してしまったりすることがあります。

インプラント治療の注意点

インプラントは失った歯の代わりになり、強度に優れているため噛んだ時にかかる力を分散して他の歯にダメージを与えません。また、インプラントの人工歯は天然の歯に近い素材を使うため、人工の歯だとは気づかれにくいのが良い点です。

しかし、インプラントにはデメリットもあります。そもそも、骨の硬さが十分でない場合や、歯周病などで骨がなくなってしまっている部分は、インプラント治療をすることが難しくなります。インプラントを埋めるためには、十分な骨の厚みと深さが必要です。また、インプラントには以下のようなデメリットがあります。

外科手術が必要

インプラント治療は通常の歯の治療と異なり、外科手術です。そのため通常の歯医者さんではなく、インプラント治療に必要な外科的技術と設備が必須となってきます。

外科手術なので、通常の手術と同様に、出血すると止まりづらい人・脳梗塞や糖尿病などにかかっているか既往歴がある人・固薬を飲んでいる人などは、内科医とも相談しながら進めることが重要です。

歯周炎になることがある

インプラントは人工物なので、それ自体が細菌に侵されることはありませんが、インプラントの周囲の組織が細菌に侵されてしまうことがあります。この病気は「インプラント周囲炎」と呼ばれます。

インプラント周囲炎は、インプラント本体と骨の隙間や、インプラント本体細菌が付着して、骨が細菌感染してしまう病気です。細菌に侵されると、骨が溶けて隙間ができたり、インプラントを支えることができなくなったりします。また、細菌は骨や血液に入り込んで全身に広がり、様々な弊害をもたらします。

経年劣化がある

インプラントは正しくメンテナンスを続ければ何十年ももつ優れた治療法ですが、人工物なので経年劣化を起こす場合があります。リスクとしては、被せ物やネジが緩む、欠ける、折れるといったことが挙げられます。

ほとんどの場合、インプラント治療には保証期間があります。治療後の様々なトラブルに対応するためです。さらに、治療後は定期メンテナンスに通う必要があります。定期メンテナンスは、手術の後もきちんと適応しているか、口内の状況はどうかなどのチェックをするもので、治療とセットと言っても良いでしょう。そのため、定期メンテナンスに通うことは、保証適用の条件とされているのです。

もし隙間ができた場合やなんらかのトラブルがあった場合には、保証が効く医院かどうか確認すること、メンテナンスに通うことが大切です。

インプラントの保証年数の違いは?保証基準や条件、返金などについて

インプラントの保証年数の違いは?保証基準や条件、返金などについて

手術直後に出血やアザがみられることがある

インプラントは外科手術のため、手術後には治療した部分からの出血や、治療した部分の顔に黄色くアザができることがあります。30分経っても出血が止まらない場合や大量の出血がある場合は、病院に連絡しましょう。アザに関しては内出血によるものなので自然に消えるので心配いりません。

また、腫れしびれが出る場合もあります。腫れやしびれは何が原因かを調べる必要があります。手術による一時的なものなら問題ありませんが、他の原因である場合は適切な対処をしなければならないため、腫れやしびれが収まらないようなら医師に相談してください。

リスクを回避するには

隙間や脱落などのリスクを回避するには、以下のようなことが大切です。

定期メンテナンスをきちんと行う

インプラントを入れた後は、その後の経過を知るために定期メンテナンスは必須です。口内は生活習慣などによって変化するので、骨とくっついた後もかみ合わせの具合細菌感染していないかなどをチェックします。

特にインプラントが顎の骨としっかり結合するまでには、一般的に3ヶ月程度かかるとされています。結合するまでは不安定な状況なので、トラブルも多くなります。適切な歯磨きの他、硬いものを食べない、歯ぎしりや食いしばりを改善するなど、医師からの指導をしっかりと守ることが大切です。

セカンドオピニオンを使う

インプラントのトラブルなどが生じたとき、どうしても納得できない場合は、セカンドオピニオンを利用するというのも1つの方法です。他院に相談するというと、「なんだか今の医師に悪い気がする」と思ってしまう人も多いですが、セカンドオピニオンは患者の当然の権利です。医師側も、患者により良い治療を行ってもらうため必要な制度だと認識しているのが一般的です。

現在の医師に相談すれば、セカンドオピニオンを紹介してくれます。しかし、どうしても相談しにくい場合には、自分でインターネットを利用して探すのも良いでしょう。

自分の体のことなので、十分に納得して治療を受けることは重要です。

病院を選ぶ時のポイント

現在インプラント治療を行っている医師はたくさんいますが、技術や設備もクリニックや病院によって異なります。また、治療法や使用するインプラントの種類も様々です。病院を選ぶ際には、もちろん実際にインプラント治療をした実績の多さや、説明が親切であるかなどは大切です。ただ、基準としては、以下のことが一つの目安になります。

    • 信頼できるインプラントのメーカーを採用している
    • 口腔内をトータル的に治療している
    • 事前にCT撮影をする
    • 診断に解析用のソフトを使用している
    • インプラントだけでなく全身管理をしている
    • 協会の認定医・専門医である

現在信頼性が高く評価されている4大メーカーは、ストローマン社、ノーベルバイオケア社、アストラテック社、ジーマ―デンタル社で、多くのクリニックや病院が採用しています。メーカー保証も10年間ついているので、もし何らかの事情で転院したとしても安心です。

インプラントを長持ちさせるセルフメンテナンス

インプラントは定期的なメンテナンスも大切ですが、毎日のセルフメンテナンスもとても重要です。

しっかりと歯磨きをする

インプラントはインプラント周囲炎になりやすいですが、一度なってしまうと歯周病と同じで治りません。また、インプラント周囲炎は通常の歯周病よりも、進むのが速いと言われています。そのため予防が何よりも大切です。

インプラント周囲炎の予防は、プラークコントロールが大きく左右します。口内に歯周病菌があると、インプラントにも付着しやすくなります。食べたら歯を磨くのはもちろんのこと、細菌が一番増殖する就寝の前に歯を磨くと効果的です。また、歯磨きだけでなくデンタルフロスや歯間ブラシなどを使うと、歯垢の除去率が上がります。毎日しっかりと歯垢を除去し、口内の清潔を保ちましょう。

タバコやアルコールは控える

インプラント手術後は、タバコやアルコールは控えましょう。タバコに含まれるニコチンは、歯ぐきの血行を悪くしてインプラントが骨に定着するのを妨げます。経年後の喫煙も、歯ぐきの血行不良がインプラント周囲炎にかかりやすくしてしまうのでおすすめできません。

また、アルコールは全身の血流を良くするので、手術後の腫れや出血、痛みを誘引してしまいます。唾液には口内の汚れを洗い流す働きがあります。アルコールは利尿作用があり、体内の水分を奪って唾液量も減ってしまうため、口内が汚れやすくなってしまいます。するとプラークが作られやすい環境になりインプラントも細菌にさらされやすくなるため、適度な飲酒を心がけることは大切です。

インプラントはメンテナンスが長持ちの鍵!

インプラントに隙間ができるのは、術後の不安定な時期にインプラントが動いてしまうことと、インプラント周囲炎などで歯肉や骨が痩せて退縮してしまうことが原因です。隙間ができてしまうと、見た目が格好悪くなってしまう他、細菌が入って細菌感染する恐れがあります。

隙間を作らせないためには、定期的なメンテナンス毎日のセルフメンテナンスが重要です。インプラントを長持ちさせるため、この2つのメンテナンスをしっかりと守りましょう。