知らなかった!歯周病を予防できる歯の磨き方とは?

知らなかった!歯周病を予防できる歯の磨き方とは?

この記事の監修医師一覧

杉田大先生
杉田 大 先生
所属:杉田歯科医院(千葉県船橋市)
専門:保存修復
2013年 東京歯科大学卒業。現在は杉田歯科医院での臨床のほか、株式会社DoctorbookでDental事業部のマネージャーを務める。
歯周病の予防のためには、歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を取り除くことが何より重要です。
菌をゼロにすることは難しいですが、できるだけ少なくすることを目的にケアを行います。そのため予防の基本は、毎日の歯磨きによるプラーク・コントロールです。
歯周病を予防できる歯の磨き方を身につけて、ご自宅でのセルフケアで効果的に歯周病の予防を行っていきましょう。

歯周病は適切な歯磨きで予防・治療できる!

歯垢(プラーク)を温床にして、歯周病菌が繁殖します。いわば歯垢は細菌の塊ともいえます。適切な歯磨きを行えば、歯垢を除去し、歯周病菌の量を減らすことができます。
正しく歯磨きを続けていけば、歯周病は予防や改善ができる病気なのです。

歯磨きの目的:歯垢 (プラーク)を除去する磨き方とは?

白くてネバネバしている歯垢は、歯についていても解りにくく、粘り気があるので、少しお口をゆすいだ程度では簡単には取れません。
お口の中には歯垢がつきやすい場所がありますので、そこを重点的に磨いていけば取り除けます。
歯の生え方やお口の状態によっても異なりますので、自分自身のお口のどこに歯垢がたまりやすいのかを理解して、しっかりと歯垢を取り除ける歯磨きを行うようにしましょう。

毛先の柔らかい歯ブラシを選ぼう

効果的に歯周病の予防を行うためには、歯ブラシの選び方も大切です。
歯ブラシは柔らかい毛先のものを選ぶようにしてください。

硬い歯ブラシでゴシゴシこすらないと磨いた気がしない、という方もいらっしゃいますが、そんな磨き方では歯ぐきを傷つけてしまいます。
傷ができると口内環境が悪化し、菌が繁殖しやすくなったり、口臭がきつくなったりという問題が発生することがありますので注意しましょう。

歯ブラシは鉛筆の持ち方で、力を入れずに磨こう

歯ブラシの持ち方も大切です。えんぴつを持つくらいの感覚で、軽く指で支えます。ギュッと握って力を入れて磨くのはやめましょう。
毛先が広がらない程度に歯ブラシを歯に当て、あくまで軽く動かすことを意識しながら磨いていきます。

1歯ずつ、ていねいに、すみずみまで磨こう

歯を磨き始めたら、1本1本、ていねいに磨いていきます。
磨き残しを無くすために、歯を磨く順番を決めておくことをおすすめします。しっかりと汚れを落とす必要がある奥歯から順番に磨くようにするとよいでしょう。噛み合わせの面から磨き始め、右上の奥から順に磨き始めて、右下の奥歯へ移り、1歯1歯しっかり磨きあげます。

右側が終わったら左側の上の奥歯を磨き、下の奥歯へと移ります。
噛み合わせの面が磨きおわったら、外側の表面を磨きます。磨く順番は、奥歯と同じでいいでしょう。
次に前歯を磨きます。上の前歯、下の前歯と順番に磨いていきます。

歯ブラシを縦に向けて歯と歯の間をしっかり磨くようにしてください。
外側が終わったら、歯の裏側も同じようにして磨いていきます。

歯の「再石灰化」を強化して歯を守ろう

歯は、食事をするたび表面のエナメル質が溶け出す仕組みになっていることをご存知でしょうか?
そう聞くと驚くかもしれませんが、唾液に含まれているミネラルのパワーですぐに修復されるところまでがセットですので、心配いりません。

この仕組みを「再石灰化」といいます。歯は表面を修復させる力が備わっていますので、再石灰化によって強化されます。ごく初期のむし歯が治癒することもあるほどです。

歯の予防処置にフッ素塗布をすることが世界的にも推奨されていますが、フッ素の力で再石灰化を促進します。歯をより強く、丈夫にする仕組みです。
この歯本来に備わった力を活かして、歯を強化することで予防しましょう。

食後の新習慣!キシリトール配合のガムやタブレットがおすすめ

キシリトールが配合されたガムやタブレットを、食後に摂るのもおすすめです。
できるだけ食べ終わったらすぐに、遅くても30分以内は摂るようにしてください。菌が活発化している食後にキシリトールを作用させる必要があるからです。

キシリトールガムを噛んだ後は歯垢が落ちやすくなっているので、歯を磨くと、効果的なブラッシングができます。
キシリトールは歯の再石灰化のサポートにも役立ちますので、歯を強化して歯周病を予防できます。

キシリトールは、FAO(世界食料農業機関)、WHO(世界保健機関)、合同食品添加物専門家委員会(JECFA)といった公的機関で、安全性が高い食品添加物と認められている天然由来の甘味料です。お子さまが食べて問題ない食品です。ただし食べ過ぎると下痢をしやすいので気を付けてください。

正しいハブラシの使い方・歯の磨き方を知ろう

普段は意識せずに行っている歯磨きかもしれませんが、歯ブラシの正しい使い方を知って磨けば、効果的に歯周病の予防を行えます。

プラーク(歯垢)のつきやすいところを念入りに磨こう

歯を磨く目的は、歯周病菌が繁殖する原因となる歯垢の除去です。歯垢がつきやすいところを念入りに磨く必要があります。
それは、歯と歯のすき間や、歯と歯の境目噛み合わせの面です。それぞれの効果的な磨き方を紹介します。

歯と歯のすき間

上の前歯の表側の場合は、歯ブラシをタテになるように持って、毛先で歯を歯のすき間や境目を磨きます。裏側のすき間は、歯ブラシを少し斜めに倒して入れれば磨きやすいです。そして、前後に細かく動かします。
奥歯の向こう側には、歯ブラシの先の方を当てます。奥歯の手前には、歯ブラシの持ち手側の角を使って磨きます。

歯ブラシを持っている手の方の奥歯の裏側に、磨き残しが多くなる傾向がありますので注意しましょう。

歯と歯ぐきの境目

歯と歯ぐきの境目は、特に歯垢がたまりやすい場所。念入りに磨く必要があります。
少し斜め(45度)にして歯周ポケットの上の方に毛先が入るように当てます。細かく左右に5mmくらいの幅で動かしながら、力を入れずに軽い力で磨いていきます。

噛み合せの面

噛み合わせの面は、歯垢が残りやすくなる部分です。
歯ブラシが垂直になるように当て、磨き残しがないように1本1本ていねいに磨いていきます。
デコボコしている部分があったり、歯を治療した部分があったりする時は、磨き残してしまいがちです。治療した歯と修復物の境目などには菌が付着しやすくなりますので、しっかりと磨くようにしてください。

歯間清掃器具(デンタルフロス、歯間ブラシ)もプラスしよう

少なくても1日1回以上は、歯ブラシだけでなく、デンタルフロス歯間ブラシなどの歯のすき間を磨くことを目的とした補助器具をプラスした歯磨きをしましょう。

歯ブラシ1本だけの歯磨きでは、全体の60%までしか磨けないといわれています。デンタルフロス、歯間ブラシをプラスすると、80%まで磨けるようになります。残りの20%は歯科医院で専門的な器具を使ったクリーニングでなければ除去できません。

ケアを始めたばかりの頃は歯ぐきが腫れていて、デンタルフロスや歯間ブラシが入りにくかったり、出血したりする場合があります。
ケアを続けていると歯ぐきがキュッと締まって出血しなくなりますので、しばらく続けてみてください。

歯周ポケット内の清掃は専門家(歯科医院)におまかせ!

歯と歯ぐきのすき間「歯周ポケット」の奥の方も、歯垢が溜まりやすい場所です。
歯周病が悪化すると歯周ポケットが広がって、歯がグラグラするようになります。歯周ポケットをきれいに清掃することが、歯周病の予防では重要となります。
セルフケアでは取り除けない汚れなので、定期的に歯科医院でプロによるクリーニングを受けるようにしましょう。

歯周病予防の基本!磨ける時にいつでも磨こう

食事をした後は、すぐに歯磨きをするのが理想です。
それが難しい場合は1日1回だけでも時間をかけて、念入りな歯磨きをするようにしましょう。
歯垢を落とし、お口の中の細菌の量を減らすことが歯磨きの目的です。歯を磨ける時があれば、いつでも、どんなタイミングでも構いませんので、磨くようにするとよいでしょう。