【八重歯の矯正治療】八重歯を治療するメリットと治療方法

【八重歯の矯正治療】八重歯を治療するメリットと治療方法

この記事の監修医師一覧

杉田大先生
杉田 大 先生
所属:杉田歯科医院(千葉県船橋市)
専門:保存修復
2013年 東京歯科大学卒業。現在は杉田歯科医院での臨床のほか、株式会社DoctorbookでDental事業部のマネージャーを務める。

八重歯が目立って気になるので治したい…と言う人は多いでしょう。

八重歯が下の歯と重なっている場合は、笑ったときに唇が元に戻らないなどの支障も出てくるため、恥ずかしくて大きな口を開けて笑えないなどのお悩みをよく聞きます。

ここでは、八重歯を治療するメリットや、具体的な治療法をご紹介します。八重歯で悩んでいる人は、解決法が見つかりますよ。

そもそも”八重歯”は誤解されやすい

八重歯の女性

八重歯はよく“犬歯”と間違われます。上の前歯の尖っている歯のことを八重歯だと勘違いする人が多いのですが、これは本来“犬歯”“糸切り歯”と呼ばれるものです。

八重歯とは、正常な位置からずれて生えている歯のことをいいます。犬歯は生えてくる順番が一番遅く、犬歯が八重歯になる可能性が最も高いので、間違われるのでしょう。

下の歯や横の歯と重なっている場合は“乱杭歯”や“八重歯”と呼び、「叢生」の一種となります。

例えば歯の側面が横を向いて生えていると尖ったように見えますが(捻転歯)、捻転歯の場合はどの位置の歯でも“叢生”です。

叢生の原因には、生まれつき顎が小さい・骨格に対して歯が大きいなどがあります。また、歯が生える十分なスペースがなくなるということも、原因として考えられます。

スペースがなくなる原因は、遺伝子的な問題と呼吸や食事など環境の問題です。他にも乳歯が虫歯になった際に歯が小さくなったり、抜歯したりした影響などによるものなども考えられます。

ちなみに、犬歯が八重歯である場合、日本ではチャームポイントとなりますが、欧米ではドラキュラのイメージがあり、あまり歓迎されません。

八重歯を治療するメリット

メリット

それでは、八重歯を治療するメリットをご紹介します。詳しく知れば、治したほうが良い理由が分かるでしょう。

1.審美的な効果がある

美しい歯並び

まずはなんといっても審美的な理由です。ガタガタ凸凹した歯並びは、それだけで清潔感を欠き、見た目の印象を大きく損ないます

口を閉じているときはとても美人なのに、口を開いた途端歯並びが悪いとがっかりしますよね。

歯が美しく並んでいると、笑顔もより輝き、魅力的に見えます。

2.他の歯への負担を減らせる

リスクを軽減

犬歯には、他の歯への負担を減らすという重要な働きがあります。

歯の構成は、前2本の切歯・奥歯や中間にあたる臼歯・切歯と臼歯の間に1本ずつ(上下左右で計4本)の犬歯です。

食べ物を食べるときは、まず前歯の切歯で噛み切りますが、噛み切れないものは犬歯を使い、最後に臼歯ですりつぶしたり噛み砕いたりします。

犬歯はどの歯よりも根っこが長く、強度があるのが特徴です。この強力な歯で、硬いものでも噛み切って口の中に運ぶことができるのです。これにより、他の歯の噛む力の負担を軽減させています。

特に奥歯は食べ物を細かくすりつぶす重要な歯ですが、すりつぶす際に犬歯がうまく噛み合っていないと、奥歯が割れるなどダメージが大きくなります。

また、犬歯はかみ合わせの位置や顎の動きを正常に保つという役割もあります。他の歯よりも根が長いため、動きにくいからです。また、犬歯が正常な位置に生えていることで、噛み合わせのバランスも整います

3.虫歯になりにくくなる

虫歯治療

八重歯を治療すると、虫歯になりにくくなります。

歯が重なっていると、重なった部分に歯ブラシが入りにくくなり、磨き残しが発生します。すると、汚れが残留して菌が繁殖しやすくなり、歯垢が溜まって虫歯になりやすくなるのです。

八重歯を治療することにより歯の重なりがなくなると、歯ブラシがしっかりと歯の全面に届いて歯垢を除去することができます。

4.口内炎になりにくくなる

口内炎が痛い

八重歯のデメリットのひとつに、口内炎になりやすいというものがあります。八重歯が口内を傷つけてしまうからです。

八重歯はそのほかにも、口が閉じにくくなり口の中が渇く・唇を傷つけるなど口周りの環境を悪くする原因になります。

八重歯を治療すると口内環境が良くなり、口内炎に悩まされる頻度も激減します。

八重歯の治療法

八重歯の治療法には、以下の2種類があります。

  • 歯並びを拡大する
  • 抜歯をする

歯並びを拡大する治療法

歯のスペースを見る

口内が狭いことが原因になっている場合、口内を広くして歯列にスペースを作ります。最近ではできるだけ歯を抜かずに治療する方針の歯医者さんも多いため、検査して拡大できるようならこちらが選択される場合が多いでしょう。

抜歯をする治療法

抜歯

歯を抜かずに治療するのが難しい場合、抜歯をして治療します。
特に犬歯が八重歯の場合、抜歯というと犬歯そのものを抜くのかと思うかも知れませんが、抜歯するのは犬歯と重なっている隣の歯です。

犬歯自体を抜歯しないのは、見た目のバランスが悪くなってしまうからです。また、犬歯がなくなると、他の歯に大きな負担がかかってしまうという理由もあります。

一般的には、小臼歯を抜いて犬歯を移動するという治療方法が取られます。犬歯が正常な位置に戻ると同時に、他の歯列も無理なくきれいな歯の並びにすることが可能です。

また、歯並びによっては八重歯から遠い他の歯を抜歯して、スペースを作ることもあります。その場合は優先的に虫歯など健康でない歯を抜歯することになります。

抜歯+差し歯にする治療法に注意!

人工歯

現在、美容目的で八重歯と八重歯周辺の歯を抜歯し、人工の差し歯にするという方法が流行っていますが、適切な医療行為ではありません。

治療期間・費用ともに抑えることができるので人気ですが、いくら健康な歯でなくてもあまりおすすめできない方法です。

八重歯を治療して歯並び美人になろう!

八重歯は犬歯を指すのではなく、凸凹に生えている乱杭歯や重なって生えている歯のことです。ガチャガチャに生えている歯列をきれいにすると、以下のようなメリットがあります。

    • 見た目がよくなる
    • 他の歯への負担が少なくなる
    • 虫歯になりにくい
    • 口内炎になりにくい

八重歯の治療は、最近ではできるだけ歯を抜かずにスペースを作るのが主流です。ですが、歯並びを拡大できない場合は八重歯以外を抜歯し、スペースを作って矯正をする治療法が取られます。

抜歯する場合には健康でない歯が優先的に選ばれます。犬歯は根っこが長く、最後まで残っている歯なので、もし歯医者さんに「八重歯を抜く」と言われたら理由を聞くなどし、納得がいかなければ別の歯医者さんに変えるというのも方法です。

八重歯を治療すると歯並びが良くなり、健康面でもメリットがたくさんあります。まずは歯医者さんのホームページなどでどんな八重歯治療をするのかを確認し、直接説明も受けるなどして、安心して治療を始めましょう。