【歯科医監修】インプラントで歯並びは治せる?矯正との違いとは?

【歯科医監修】インプラントで歯並びは治せる?矯正との違いとは?

この記事の監修医師一覧

柿木辰美先生
柿木 辰美 先生
専門:一般歯科
2013年 明海大学歯学部卒業。卒後は東京都内の歯科医院に常勤歯科医師として勤務。 現在は複数の歯科医院で非常勤歯科医師として、インプラントや歯内療法を軸に一般歯科診療を日々行なっている。

八重歯出っ歯、犬歯などがあると、他人からの見た目が気になるという人は多いものです。かといって、大人になってから歯の矯正をするのも、やはり目立って躊躇してしまうかもしれません。しかし、最近では矯正期間を短縮できる「インプラント矯正」が人気です。今回は、インプラントでする矯正について、ご紹介します。

インプラント矯正と通常の矯正治療との違い

通常の矯正治療は、歯にワイヤーを固定して少しずつ動かしていく方法です。お互いの歯が引っ張り合うことにより、年単位の長い時間をかけて歯並びを修正していきます。

それに対してインプラント矯正は、人工歯根(歯科矯正用アンカースクリュー)を支点にして歯を動かしていきます。そのため動かさなくて良い歯まで動かさなくて済み、矯正したい歯のみを動かすことが可能となりました。今までは治療不可と言われていた多くの歯の移動も可能です。

通常のインプラント治療とは異なる「インプラント矯正」とは?

通常のインプラント治療と違うところは、インプラント矯正は治療期間中だけインプラントを埋入しているという点です。

通常のインプラント治療は失った歯の代わりとして骨に埋め込み、定期的なメンテナンスをしながら何十年と使用します。しかし、インプラント矯正は、あくまでも歯を動かす支点として埋入するものなので、役割が終われば撤去します。撤去したあとの穴は自然に塞がるため、治療跡が残ることはありません。

インプラントの基礎知識

そもそもインプラントとは?という人もいるでしょう。インプラントとは、顎骨に歯科用のドリルで穴を開け、人工歯根を埋め込む治療法です。人工歯根の上にはアバットメントという人工歯の土台となるパーツがあり、その上部に人工歯を被せます。材質は体と親和性の高いチタンが使用されます。チタンは金属アレルギーなどが少なく、骨に結合しやすい素材です。

インプラントは通常の歯科治療と違い、骨にしっかりと結合して固定されるため、天然歯と同じように使うことができます。入れ歯やブリッジなどは噛む力がどうしても弱くなってしまいますが、インプラントはふつうの食事を美味しく食べられます。

また、差し歯のように外れるということもめったにありません。人工歯部分は天然歯の色に寄せて造ることが可能です。

インプラント矯正のメリット・デメリット

インプラント矯正のメリットとデメリットを説明します。良い面だけでなく、悪い面もしっかり把握することで、納得して治療を受けることができるでしょう。

メリット

インプラント矯正のメリットは、以下のとおりです。

    • 通常の歯列矯正よりしっかりと歯を引っ張ることができる
    • 動かしたい歯をピンポイントで動かせる
    • 難しい方向にも歯を動かせる
    • 多くの歯を動かせる
    • 歯を抜かずに治療できるケースが多い
    • 奥歯の歯列矯正も可能
    • 日常生活での負担が軽減される
    • 治療期間が短縮できるケースが多い

従来のインプラント矯正は、一方向しか動かせない、たくさんの人工歯根を埋めなければならないなどの難点がありました。しかし、最新のインプラント矯正は改良が進み、上記のような様々なことが可能となっています。

インプラント矯正もブラケットを装着する時期はありますが、通常の矯正と同様裏側矯正で外からは見えないようにすることも可能です(個人の状態によります)。

また、インプラント矯正は一般の矯正治療に比べて治療期間が短縮できるのも大きなメリットです。最近では外科手術をしなくても治療できるケースもあります。

デメリット

インプラント矯正のデメリットは以下のようなことです。

    • 費用がかかる
    • 骨に直接埋めるという不安がある
    • 痛みや腫れへの不安がある

インプラント矯正は、通常の歯科治療と異なり、費用がやや高めです。また、骨の状態によっては埋め直すことが稀にありますが、その際には再度費用を求められることはないと考えて良いでしょう。

埋入時には麻酔を使用するため、痛みは感じません。ただし、麻酔が切れたあとは痛みが生じやすいため、鎮痛剤を処方されます。

また、インプラントを埋入したあとに口の中が不衛生だと、細菌感染する恐れがあります。治療後には歯科衛生士から歯磨き指導などがあるので、正しい歯磨きを行うことが重要です。

インプラント矯正の治療法

ここでは、インプラント矯正の具体的な治療法を説明します。治療の流れなどを知り、不安を取り除きましょう。

インプラント矯正の流れ

    • 初診・相談
    • 検査(レントゲン撮影、CT撮影、歯型など)
    • 診断・説明
    • 契約
    • 治療

初診では、カウンセリングでお悩みなどを詳しく聞かれます。その後、口内や顎全体の状態、粘膜、骨の状況などを3次元的に知るため、CT撮影を含めた精密かつ多角的な検査をします。検査結果による分析・診断のあと、どのように治療を進めるか、医師から説明されます。

その後、治療の契約を結んで治療を開始しますが、途中で疑問や不安が出てきたら、遠慮せずに申し出ましょう。医師は、患者さんがインプラントの埋入に不安を伴うことを承知しているため、丁寧に説明してくれるはずです。

インプラント矯正の期間

インプラント矯正の期間は、ほとんどの場合半年から1年ほどで終了します。一般的な矯正の多くは、約2年以上矯正装置を装着しなければなりません。しかし、インプラント矯正の場合は半分くらいの期間で済むので、気分的にも違うでしょう。

インプラント矯正の費用相場

歯科矯正用アンカースクリューは、相場として1本約20,000円〜の別途費用がかかります。費用は、その病院やクリニックが扱っているメーカーや、骨や口内の状態などによって異なります。事前に、1本の費用に埋入・薬・除去の費用が含まれているかどうか確認することが重要です。

インプラントができない人もいます

インプラント矯正では、インプラントを顎骨に埋入することが前提ですが、中にはインプラントを埋入できない人や、この治療法が向いていない人もいます。

    • 妊娠初期の人
    • 骨粗鬆症などで骨密度が足りない人
    • 骨の厚みや高さが足りない人
    • 16歳未満の人
    • 局所麻酔ができない人
    • 重度の歯周病の人

歯科医が教える「インプラント治療に向かない人・できない人」

よくない歯並びの放置で起きる弊害

歯並びが悪いままにしておくと、噛み合わせが悪くなるため食べ物をよく咀嚼する事ができなくなります。偏った歯ばかりで噛むと、さらにかみ合わせの悪さが進み、骨格に影響が出てくることもあります。骨格が変わってくると、顔の輪郭だけでなく、姿勢が悪くなる・肩こりがひどくなるなど全身にも影響を及ぼしかねません。例えば出っ歯などは、年々激しくなる可能性があります。

また、噛み合わせが悪いと同じ歯にばかり余計に力がかかってしまうため、歯全体の寿命も短くしてしまいます。歯列が整っていなければ、歯ブラシが届きにくい部分も生まれて虫歯や歯周病になるリスクも高いです。

インプラント矯正で歯並びをきれいにしよう!

インプラント矯正は、人工歯根を支点にして動かすためにしっかりと歯を矯正することができます。治療が困難だった歯列矯正もできるようになり、矯正を諦めていた人も矯正できます。費用はややかかりますが、通常の矯正治療と比べて矯正期間も短くて済むため、大人になってからの矯正治療におすすめです。