歯が抜けたときのブリッジ矯正とは?歯医者さんが様々な疑問にお答えします!

歯が抜けたときのブリッジ矯正とは?歯医者さんが様々な疑問にお答えします!

この記事の監修医師一覧

鈴木志帆美先生
鈴木 志帆美 先生
専門:小児歯科・歯内療法
2015年 神奈川歯科大学卒業

歯医者さんに「ブリッジ矯正します」と言われても、ピンとこない人が多いのではないでしょうか。ブリッジ矯正とは、失った歯の部分に連結した人工の歯を入れる治療法です。

人工の歯を入れる他の治療法との違いや、費用のことなど、たくさんの疑問があると思います。この記事ではそんなブリッジ矯正について、歯医者さんの監修のもと詳しくご説明します。

ブリッジ矯正とは?

ブリッジ矯正とは、「ブリッジ(橋)」の文字通り、橋をかけるようにして人工の歯を入れることです。

橋をかけるのは、失った歯の隣の歯2本です。失った部分の義歯と健康な歯に被せる王冠をつなげて連結したものですが、上から被せるため天然の歯そのままだとブリッジの部分だけ他の歯より大きなサイズになり、バランスが崩れてしまいます。

そのため、支えとなる隣の健康な歯を少しずつ削って、被せたときに他の歯とバランスがちょうど良くなるようにするのです。

ちなみに、ブリッジ矯正ができるのは、1本から2〜3本までです。

ブリッジ治療のメリットとデメリットは?

マルとバツを出す女性

引っ掛ける金属が必要な入れ歯などと違い、ブリッジは被せる治療法なのでお口の中の違和感がほぼありません。また、セラミックやジルコニアなどを使えば他の天然歯との区別はほとんどつかなくすることが可能です。ブリッジは接着剤で固定するため取り外さずに使用できるので、ガタつきもありません

ただ、治療する際には健康な歯を削る必要があります。また、どうしても噛むときに支柱の健康な歯に負担がかかるため、徐々に強度が落ちていってしまうなどのデメリットが挙げられます。

ブリッジと入れ歯とインプラントの違いは?

ブリッジは両隣の健康な歯が必要なのに対し、インプラントは失った歯だけの独立した部分で治療する方法です。

インプラントは、失った歯の顎の骨部分に土台となる人工の金具を入れ、人工の歯を設置します。そのため、他の歯が悪くなってもダメージを受けることがありません。

ブリッジ治療の費用や期間はどれくらい?

お金

ブリッジ治療の費用は使う素材によっても異なりますが、金属の場合は1本5,000円から、見た目が天然の歯と遜色ないセラミックやジルコニアの場合は1本70,000程度からになります。

また、治療にかかる回数は3回ほどで、1ヶ月程度と比較的短期間で終了できます。

ブリッジ治療は保険がきくの?

保険証

ブリッジ治療は保険が適用される場合とされない場合があります。

保険が適用される場合は、支えとなる歯が健康であることが条件で、2年間は問題ないと判断された場合に限ります。ブリッジを行うのは連続した2本までとなり、素材は基本的に金属のみで、金属パラジウムという金属が使用されます。

ただし、前歯が金属ではあまりにも見た目が気になるため、前歯から犬歯に関しては金属の表面に白いプラスチック(硬質レジン)を貼ったものが保険適用されます。

なお、保険が適用されるのは、欠損などで生活に支障が出る場合ですので、審美目的で使用されるセラミックや白色加金は保険適用外です。

ブリッジに保証はついている?

保証

ブリッジの保証は基本的には設けられていません。ですが、事故などでやむなく欠損した場合は、2年以内であれば再度無料で作成できる場合があります。

その理由は、ブリッジの保険適用条件のなかに、支柱となる健康な歯が2年以内に治療の必要がないと判断された場合に限るとされているからです。条件を満たしてブリッジ治療をしても、不慮の事故や治療の不具合などが見つかった場合には、無料で作り治せる可能性があります。

判断は歯医者さんに委ねられるため、もし、破損した場合や不具合が生じた場合には、歯医者さんに相談してみてください。

ブリッジ治療はどの部分でも可能?

人工歯

ブリッジは支えとなる2本の歯が必要です。そのため、一番奥の歯のブリッジを作ることは不可能です。また、ブリッジ矯正が可能なのは、隣り合った2本の歯までなので、飛び石状態など離れた場所でのブリッジも作ることができません。

銀歯をブリッジに変えることはできる?

銀歯

銀歯をブリッジに変更することは可能です。大きく笑ったときに、奥の銀歯が見えてしまうのが嫌だという人は多いですよね。ブリッジ矯正する際に、セラミックや、ハイブリット型レジン(プラスチックとセラミックの混合)などの素材を使えば、見た目が天然歯と変わらなくなるため、美しい白い歯を実現することが可能です。

ブリッジがあっても矯正治療は可能?

ブリッジでも矯正治療をすることができます。その場合、ブリッジを切断し、歯を移動するのに必要なスペースを作ります。その後、新しいブリッジや冠部分を作るという工程になります。

ブリッジ治療では失った歯にかかる力を隣の歯で補うため、長年使っているとどうしてもダメージが出てきます。そのため、後から矯正治療が必要となる場合があります。ブリッジは一度治療したら永久に使えるということは少なく、再度作り直す場合も多いのです。

ブリッジがあってもマウスピース治療できる?

マウスピース

マウスピースの矯正治療は、ブリッジだけでなく差し歯やインプラントなどの人工歯がある人でも行なえます。

場合によってはブリッジ部分の失った歯の部分を、全体の歯を動かすためのスペースとして利用することもあります。

ブリッジの矯正治療のまとめ

ブリッジの矯正治療は、歯を失った歯と隣り合う健康な歯を利用して行う治療法です。保険が効く場合は1本5,000円からと、比較的リーズナブルに治療できるのが魅力です。

ただし、健康な歯を削るということ、支柱となる健康な歯が失った歯にかかる分の力まで補うため、強度が落ちるということがデメリットでもあります。

また、審美目的では保険は適用されず、自己負担となります。歯の矯正は様々なパターンが考えられるため、歯医者さんによく相談して進めるのがおすすめです。