歯式の見方を解説!歯科検診の用語を知ればお口の中の状態がよくわかる

画像がありません
この記事の監修医情報を見てみる

歯科検診を受けていると、歯科医の先生や歯科衛生士さんが1番、2番などと、まるで暗号のような数字を口にしますよね。

 患者としては、先生が何を言っているのか気になるけれど、数字を聞いてもどの番号がどの歯に当たるのかわからない……という状況です。

 その暗号のような数字の正体は、「歯式」。もし、その数字が持つ意味がわかったら、歯科検診がもっと有意義なものになりそうです。

歯科知識がつけば「デンタルIQ」が向上して、歯の健康維持への意識も高まることでしょう。

 そこで今回は、検診結果の紙にも書かれている「歯式の見方」の基本をお伝えします。

この記事がおすすめな人
         
    • 歯科検診のときに聞く「C」などの意味が気になる方。
    • 歯科検診の結果に書かれている歯式の見方を知りたい方。
    • 歯科医の説明をもっと理解したい方。
    • 歯科知識を深めたい方。
    • 歯式が何なのかわからない方。
INDEX
  1. 歯の番号
    1. 永久歯の番号
    2. 乳歯の番号
    3. 混合歯列期
  2. 歯の部分を表わす記号
    1. 右上は「 ┘」
    2. 左上は「└」
    3. 右下は「┐」
    4. 左下は「┌」
  3. 歯の状態を表わす記号
    1. 健全歯は「/」
    2. むし歯は「C」
    3. 欠損歯は「△」
    4. 治療などの処置がされた歯は「○」
    5. 欠損補綴歯(入れ歯やブリッジやインプラントで補った歯)は「○△」
  4. 歯式を覚えれば歯科健診の結果がわかりやすい!

歯の番号

患者さん

歯科検診のとき、歯医者さんが歯のことを数字で呼ぶじゃないですか~。どの歯が何番なんですか?

櫻井先生

前歯が1番で、左右の奥にむかって2→3→4→5→6→7→8と数字が増えていきます。

患者さん

へぇ~、そうなんですね!

櫻井先生

乳歯は数字ではなくアルファベットで呼ばれます。前歯がAで、左右の奥に向かってB→C→D→Eといいます。

歯式とは、どの位置にある歯なのかを表わすための歯科用語です。歯科検診の結果の紙などに記されていることがあります。

歯科医や歯科衛生士が使用する専門的な用語なので、歯式を見たことがあっても、見方がわからないという人は多いのではないでしょうか。

歯式は基本的に、歯科医や歯科衛生士から観察した状態を表現していますので、患者さんにとっては左右が逆になります。

患者さんの正中線(顔の真ん中の線)を挟んだ2本前歯が、1番になります。左右上下の何番目の歯であるのかによって1番、2番と呼ばれます。

永久歯は親知らずの4本を除いて28本あります。左右上下に1~7番までの歯と呼ばれます。

永久歯の番号

永久歯は、数字で表わされます。

前歯を起点に奥歯へ向かって、1→2→3→4→5→6→7→8と数字が増えていきます。

それぞれの数字に該当する歯は、下記の通りです。

    • 中切歯
    • 側切歯
    • 犬歯
    • 第一小臼歯
    • 第二小臼歯
    • 第一大臼歯
    • 第二大臼歯
    • 第三大臼歯

乳歯の番号

乳歯は、アルファベットで表わされます。

前歯を起点に奥歯へ向かって、A→B→C→D→Eと数字が増えていきます。

それぞれの数字に該当する歯は、下記の通りです。

    • A:乳中切歯
    • B:乳側切歯
    • C:乳犬歯
    • D:第一乳臼歯
    • E:第二乳臼歯

混合歯列期

患者さん

なるほど、ということは、乳歯から永久歯に生え変わっているときは、数字とアルファベットが混合してるんですか?

櫻井先生

はい、そういうことです。混合歯列期は、数字とアルファベットが混合していますね。

患者さん

へぇ~!数字かアルファベットかで、永久歯の乳歯の区別ができるんですね~。

6歳~12歳くらいの学童期の子どもは、乳歯から永久歯へ歯が生え変わる混合歯列期にあたります。

個人差はありますが、6歳ころに乳歯の歯列の奥に、初めての永久歯が生えてきます。

これが、歯の番号でいうと6番の第一大臼歯で、「6歳臼歯」とも呼ばれています。

この頃に歯科検診をすると、検診結果の歯式には、数字とアルファベットが混合している状態になります。

歯の部分を表わす記号

患者さん

じゃあ、「 ┘」とか「└」とかの角みたいなマークは何ですか?

櫻井先生

これは歯列を4つにわけて、どこの部分の歯なのかを表わす記号です。

患者さん

へぇ~、なんのために4つにわけるんですか?

櫻井先生

12345678で記される歯が、右上、左上、右下、左下の4カ所にありますからね。

患者さん

なるほど~!つまり「└」がついていると、上顎の右側の歯列ということですね。

歯の部分を表わす記号は、患者さんを正面から見た状態でつけられます。

歯科医・歯科衛生士側から見たときの左右でつけられますので、患者さんにとっては逆の位置にある歯を指します。

右上は「 ┘」

歯科医・歯科衛生士側から見たとき、右上の歯の位置を表わす記号です。

患者さんにとっては、左上にある歯に該当します。

左上は「└」

歯科医・歯科衛生士側から見たとき、左上の歯の位置を表わす記号です。

患者さんにとっては、右上にある歯に該当します。

右下は「┐」

歯科医・歯科衛生士側から見たとき、右下の歯の位置を表わす記号です。

患者さんにとっては、左下にある歯に該当します。

左下は「┌」

歯科医・歯科衛生士側から見たとき、左下の歯の位置を表わす記号です。

患者さんにとっては、左下にある歯に該当します。

歯の状態を表わす記号

患者さん

よく、「C2」とか「C3」とか言いますよね?あれはむし歯のことですか?

櫻井先生

そうです。Cはむし歯を指すカリエスの頭文字のCで、その後に続く数字1~4は、むし歯の進行した状態を表わします。

患者さん

へぇ~!数字が大きい方がひどい状態なんですか?

櫻井先生

そうですね。C4ならむし歯が神経まで達している状態ですので、歯ががまんできないほどズキズキ痛んでいるはずです。

患者さん

わぁ~、嫌なこと思い出しちゃいました……!

健全歯は「/」

歯の状態を表わす記号にも、さまざまな種類があります。

何の問題もなく、健全な歯は「/」と表わされます。

むし歯は「C」

よく歯科検診でも耳にする「C」は、カリエスの頭文字の「C」。むし歯を表わします。

むし歯の進行状態は、下記の通りです。

    • C0:初期むし歯
    • C1:エナメル質が侵されたむし歯
    • C2:象牙質が侵されたむし歯
    • C3:歯髄(歯の神経)が侵されたむし歯
    • C4:歯根だけになったむし歯

欠損歯は「△」

なんらかの原因で失われた歯は、「△」と表わします。

治療などの処置がされた歯は「○」

なんらかの治療が施された歯は、「〇」と表わします。

欠損補綴歯(入れ歯やブリッジやインプラントで補った歯)は「○△」

失われた歯でも、入れ歯・ブリッジ・インプラントなどで修復されている場合は、「○△」と表わします。

歯式を覚えれば歯科健診の結果がわかりやすい!

患者さん

Cとか△とか、歯式の見方が解ったら、歯科検診が楽しみになってきました~!

櫻井先生

歯式がわかれば検診結果がわかりやすいですからね。定期的な歯科検診は、歯をの健康を長く維持するために大事なので、ぜひ通ってくださいね。

患者さん

は~い!先生の説明もよく理解できそうです~!

記事の重要ポイントをチェック!
    • 歯式は、歯科医や歯科衛生士が歯を呼ぶときの専門的な記号。
    • 歯式を見れば、永久歯・乳歯、歯の位置や状態がわかる。
    • 歯式を覚えれば、歯科検診のときの会話の意味が理解できる。
    • 歯式がわかれば、歯科検診の結果がすばやく理解できる。
    • 歯式を覚えるのはデンタルIQの向上になる良いこと。