コンポジットレジンなら保険で白い詰め物にできる!デメリットはないの?

画像がありません
この記事の監修医情報を見てみる

白い歯に見える治療を選びたいけれど、セラミックの歯にするほど予算に余裕がない……でも、銀歯は目立つ上に金属アレルギーの心配もあるから避けたい……そんなときは「コンポジットレジン」を用いた治療はいかがでしょう?

コンポジットレジンは「保険適用」の白い歯科素材。リーズナブル、見た目が自然、加工しやすいため比較的治療期間が短いといったメリットがあります。

しかしレジンといえば、工作などでも使うプラスチックでは?という疑問もありますよね。ここでは歯科素材で使われるコンポジットレジンについて、気になることを歯科医に聞いてみました。

この記事がおすすめな人
    • 保険診療の治療なら銀歯になると言われた方
    • 保険診療で白い歯にする方法を知りたい方
    • レジンを提案されたがプラスチック?と不安な方
    • 詰め物を金属製で目立つのは避けたい方
    • 当日中など、急いで白い歯に治療したい方
INDEX
  1. コンポジットレジンは「保険適用」の白い歯科材料
    1. コンポジットレジンの成分は?
    2. コンポジットレジンの色は?
    3. コンポジットレジンが使える歯は?
  2. コンポジットレジン治療のメリット
    1. リーズナブルに白い歯に修復できる
    2. 目立ちにくいから見た目がきれい
    3. 健康な歯質を削る量が少ない
  3. コンポジットレジン治療のデメリット
    1. セラミック等に比べると強度が劣る
    2. 吸水性があるため変色しやすい
    3. 歯科医の技術によって仕上がりに差がつく
  4. コンポジットレジン治療が向いている方
    1. むし歯治療の詰め物は白くしたい
    2. 銀歯での治療をすすめられた
    3. 口の中にある銀歯を白い歯にしたい
    4. 口の中にある詰め物が外れた、欠けた
  5. コンポジットレジンは保険適用で白い歯にできる歯科素材

コンポジットレジンは「保険適用」の白い歯科材料

患者さん

先生、別の歯医者さんで「レジンなら保険内で治療できます」って言われたんですが、レジンって何ですか?

櫻井先生

歯科素材の「コンポジットレジン」ですね。

患者さん

コンポジット……レジン?プラスチックですか?

櫻井先生

保険診療の範囲内でできる白い詰め物のことですよ。成分についてなど、詳しく説明しましょう。

かつてのむし歯治療は、削ったところに金属の詰め物や被せ物を装着していました。いわゆる銀歯や金歯です。

銀歯や金歯は強度があるものの、笑ったり喋ったりしたときに目立つという欠点があります。

その点、白い歯科素材「コンポジットレジン」は歯の色に自然になじみやすいのが特徴です。

しかも、保険診療の範囲内で治療できるので、患者の経済面の負担も軽減します。

コンポジットレジンの成分は?

コンポジットレジンは歯科用プラスチックといわれますが、じつはセラミック粒子を混ぜた素材です。

その割合は、セラミック:プラスチックが8:2ですから、プラスチックの歯科素材といっても高品質なものです。

コンポジットレジンの色は?

コンポジットレジンは、歯の色に近い白色の素材です。色味は一人ひとりの歯の色に合わせて調整できるので、自然に口元になじみやすい素材です。

コンポジットレジンが使える歯は?

どの歯にも使えるのですが、強い力がかかると外れてしまうことがあるため、比較的小さいむし歯の修復に用いられます。

とくに奥歯は強い力がかかるため、C1~C2程度の小さく削るむし歯の充填のみとされることが多いです。

コンポジットレジン治療のメリット

患者さん

保険で白い歯にできるなんて、魅力的ですね!ほかにメリットはありますか?

櫻井先生

はい。リーズナブル、目立ちにくいというほかに、歯を大切にできるというメリットがありますよ。

患者さん

ほ~!?健康にもよさそうですね!詳しく知りたいです!

保険診療の白い歯科素材、コンポジットレジンのメリットを見ていきましょう。

リーズナブルに白い歯に修復できる

コンポジットレジンの治療費は、治療カ所の大きさにもよりますが1本につき1500~2000円程度です。

保険診療の範囲内の歯の治療に使用されますので、リーズナブルであることが魅力です。

銀歯も保険診療で使用される素材ですが、金属アレルギーのリスクがあるため健康によいとはいえません。

ただし、ダイレクトボンディングという多種類のコンポジッドレジンを塗り重ねて天然の歯に近づけていく審美性の高い修復治療にも使われますが、こちらは自由診療になるので覚えておきましょう。

目立ちにくいから見た目がきれい

歯の色はひとくちに白といっても、一人ひとり違います。

コンポジットレジンは、色味を調整できるので、自分の歯に近い色に近づけることができます。自然な口元を演出しやすい歯科素材です。

健康な歯質を削る量が少ない

コンポジットレジンは、むし歯に侵された歯質の部分だけ削れば詰めることができます。

銀歯の治療の場合は、詰め物を取り付けるため、むし歯以外の歯質も削る必要があって、健康な歯質を多く削らなければなりません。

コンポジットレジンの治療の方が、従来の修復法よりも歯を大事にできます

歯をなるべく削らず保存することは、歯の寿命を少しでも長くして歯を使い続けるために重要です。

コンポジットレジン治療のデメリット

患者さん

コンポジットレジンのデメリットはあるんですか?

櫻井先生

どんな素材でもメリットとデメリットがありますよ。どちらも知った上で、コンポジットレジンの治療を検討していただきたいですね。

それでは、コンポジットレジンのデメリットを見ていきましょう。

セラミック等に比べると強度が劣る

コンポジットレジンは歯科用プラスチックのため、金属やセラミックに比べるとやわらかく加工しやすいのですが、一方で強度が低いというデメリットがあります。

奥歯などは強い力がかかるので、大きなむし歯など広範囲の歯の損傷の場合、外れやすいという問題が出てくる恐れがあります。

なにもかもコンポジットレジンで治療するのではなく、適材適所を考えた治療がおすすめです。

吸水性があるため変色しやすい

コンポジットレジンは、変色しやすいというデメリットがあります。同じ白い歯科素材でもセラミックとは異なり、吸水性があるからです。

口内で唾液にさらされていると、年月の経過とともに徐々に変色していきます。

歯科医の技術によって仕上がりに差がつく

コンポジットレジンによる歯の修復は、歯科医がすべて行うため、歯科医の技術力によって仕上がりに差がでます。

歯型をとって作成する詰め物・被せ物であれば、歯科技工士の技術に頼ることもできるのですが、歯科医ひとりで治療のすべてを行うコンポジットレジンではそうはいきません。

経験やスキル不足の歯科医が治療を担当した場合、見た目がよくなかったり、長持ちしなかったりというトラブルが起こる可能性があります。

コンポジットレジン治療が向いている方

患者さん

そういえばコンポジットレジンって、どんなときに使うんですか?むし歯治療……?

櫻井先生

そうですね。むし歯治療で使うことが多いですが、他にもありますので紹介します。

コンポジットレジンを使う歯科治療について、むし歯治療のほかにどんなものがあるのかチェックしていきましょう。

むし歯治療の詰め物は白くしたい

まず基本は、むし歯治療の詰め物を保険診療の範囲内で、と考えている場合です。コンポジットレジンで治療したい場合は、「保険の範囲で白い詰めものにしたい」と希望を伝えてください。

しかし、むし歯の箇所によっては銀歯などの金属製の補修物の方が強度があるので、そちらがおすすめといわれるケースもあります。

強度が落ちてもいい、劣化した場合の再治療も厭わないので白い詰め物を希望する、という場合は、歯科医にそう伝えて相談してみてみましょう。

銀歯での治療をすすめられた

保険診療なら銀歯での治療になるとすすめられたときも、場合によってはコンポジットレジンで白い歯の治療を受けることができます。

ただし、コンポジットレジンは強い力を受けると割れてしまう恐れがありますので、修復する場所によってはおすすめできないケースがあります。

定期的にメンテナンスを受け、劣化してきたら治療しなおすという前提でコンポジットレジンでを使った白い歯にすることは可能です。

将来のリスクをしっかりと確認し、歯科医と話し合って治療方針を決めていきましょう。

口の中にある銀歯を白い歯にしたい

以前、むし歯治療を受けて銀歯の状態になっている部分が気になっていて「白い歯にしたい」という方が、コンポジットレジンで治療をやりなおすことがあります。

大きな治療跡なら優れた歯科素材セラミックがおすすめですが、小さい治療跡ならコンポジットレジンでも十分補修できます。

口の中にある詰め物が外れた、欠けた

銀歯がとれたり欠けたりしたときは、目立ちにくい白い詰め物に変えるチャンスです。「コンポジットレジンの白い詰め物で修復したい」と希望を伝えましょう。

前歯などの目立つところは、コンポジットレジンを用いたダイレクトボンディングという治療法できれいに修復することができます。

ダイレクトボンディングは自由診療のため保険の対象外でそれなりの治療費がかかりますが、数種類のコンポジットレジンを塗り重ねて天然歯のような自然な歯に仕上がります。

ただし、特殊な技術のため、ダイレクトボンディングの治療ができる歯科医院は限られています。

コンポジットレジンは保険適用で白い歯にできる歯科素材

患者さん

保険の詰め物って銀歯だけじゃないんですね~!

櫻井先生

そうですね。優れた白い歯といえばセラミックですが、自由診療ですからね。

患者さん

保険で白い歯にできるコンポジットレジンは嬉しい歯科素材ですね~!

櫻井先生

そうですね。加工しやすいので治療期間が短くて済むのも魅力ではないでしょうか。

患者さん

いいですね~!コンポジットレジン!覚えておきます~!

公開中記事の投稿IDを指定してください。

記事の重要ポイントをチェック!
    • コンポジットレジンは保険診療でできる白い詰め物
    • コンポジットレジンはセラミック混合のプラスチック
    • 周りの歯の色目に合わせられるので、見た目が自然
    • 同じ保険診療の銀歯のような金属アレルギーの心配無用
    • 加工しやすいので他の歯科材料と比べて治療期間が短い