口臭には梅干しが効く!?知られざる梅干しの効果がすごい!

口臭には梅干しが効く!?知られざる梅干しの効果がすごい!

この記事の監修医師一覧

杉田大先生
杉田 大 先生
所属:杉田歯科医院(千葉県船橋市)
専門:保存修復
2013年 東京歯科大学卒業。現在は杉田歯科医院での臨床のほか、株式会社DoctorbookでDental事業部のマネージャーを務める。

梅干しは体に良いということは、日本人なら誰もが知る事実です。意外にもその効能は詳しく知られていませんが、実は口臭にも効果があるのをご存知ですか?

この記事では、口臭予防に効果のある梅干しに焦点を当て、梅干しの口内トラブル抑制への働きや梅干しの優れた効果などをご紹介します。

そもそも口臭が発生するしくみと原因とは

口臭が気になる女性

口臭は食べたものが胃にとどまり、そこから臭いが上がってくることが原因と思っている人も多いと思います。しかし、口臭の原因第1位は、なんと歯周病なのです。口内に入った細菌がネバネバした歯垢に変化し、歯や骨の組織を溶かして歯周病になります。

ただし、自律神経の乱れも口臭に関係があります。オフィスなどで働く人は、冷暖房が効きすぎていると感じている人も多いかと思います。冷暖房などが効きすぎる部屋に長時間いると、自律神経が乱れて疲労物質が溜まりやすくなり、口臭の原因となります。

この他、プレゼンや発表などで緊張したり、朝起き抜けに口が乾いたりしても、口臭は起こります。これは口内の唾液量が少なくなっていることが原因です。唾液には殺菌作用があり、口内の殺菌やウイルスを抑制する働きがありますが、唾液が少なくなると細菌が増えて口臭の原因となるのです。

また、ホルモンバランスが変化したり、病気などで口臭が発生する場合もあります。

口臭の社会的弊害

口臭は“スメルハラスメント”という言葉まで生まれたように、周囲に不快感を与えます。働く女性を対象に「上司の身だしなみでもっとも気になること」を調べところ、9割以上もの人が口臭・体臭を挙げたという統計もあります。

口臭は他人への印象を悪くし、信頼まで失いかねません。本人は気づかないだけに、より注意したいものです。

口臭は体にも害を及ぼす!

驚き

口臭の臭いは、硫化水素とメチルメルカプタンという物質です。硫化水素は温泉街などにただよう硫黄の臭いですが、温泉や火山、下水などで発生して死亡事故を起こすこともあります。

また、メチルメルカプタンは硫化水素よりさらに強力な臭いがし、歯周病の臭いはこのメチルメルカプタンが原因です。どちらも濃度が高ければ青酸ガスより毒性が強いもので、口臭は吸い込む空気などで薄められるため微量ですが、やはり体にいいことはありません。

口臭は歯周病の原因になるだけでなく、ガンの原因となる活性炭素を増やし、細胞核のDNAを切断することも解明されています。

梅干しのすごい口臭予防効果

梅干し

梅干しは昔からおにぎりの具にも使われたり、鎮痛の湿布剤の代わりに用いられたりしてきましたが、口臭予防にも優れた効果があります。

梅干しは清掃性食品

きれいな歯

食品には清掃性食品と呼ばれるものがあり、歯をきれいにしたり丈夫にしたりする食品を指します。清掃性食品は間接清掃性食品と直接清掃性食品に分かれ、梅干しやレモンは間接清掃性食品になります。

関節清掃性食品は、食べることで唾液量を増やし菌の増殖を防ぎ、歯をきれいにする働きがあります。菌の増殖を防ぐということは、口臭の原因となる虫歯菌や歯周病菌も抑制するということです。

ちなみに直接清掃性食品にはセロリやごぼう、レタス、リンゴなどがあり、食物繊維を多く含む食品で、咀嚼することで口内をきれいにしてくれます。

梅干しは体内のpHバランスを整える

バランス

私たちの体は、健康な場合弱アルカリ性に保たれています。しかし、食べ物の多くは酸性で、食べることで体内が酸性に傾くと血液がドロドロになったり病気になりやすくなります。口内も例外ではなく、酸性になると歯や骨の組織が溶けてそこから細菌が入り込み、虫歯や歯周病になります。

梅干しは酸っぱいので酸性食品と勘違いしがちですが、実はアルカリ性食品で、酸性に傾いた体内を中和してくれる働きがあります。

梅干しは、食事に取り入れるだけで口臭予防や健康促進をすることができる、ありがたい食品なのです。

クエン酸が口臭の原因「虫歯」を予防する

酸っぱい表情

梅干しに含まれるクエン酸には、菌を抑制する働きや殺菌作用があります。そのため、口内の虫歯菌や歯周病菌が繁殖するのを防いでくれます。

また、クエン酸は酸っぱい味の元です。清掃性食品と分類されるのはクエン酸のおかげで、実際に梅干しを食べることはもちろん、思い出すだけでも条件反射で唾液の分泌が促され、唾液量が多くなります。唾液量が少なくなりがちな人、ドライマウスの人は梅干しに代表される酸っぱいものを食べると、口臭を予防することができます。

梅干しは胃腸の働きを活発にする

内蔵

クエン酸は胃液や消化酵素の分泌も高める効果があることが分かっています。そのため、食欲がない時は梅干しを食べると食欲増進に繋がります。

また、梅に含まれるピクリン酸という成分は、胃腸の働きを活発にする働きがあるため整腸作用も期待でき、腸内環境からくる口臭が気になる人にも梅干しはおすすめです。

梅干しは疲労回復効果がある

リラックス

口臭は疲労によるストレスも原因となります。梅干しには疲労回復効果のあるクエン酸やリンゴ酸といった有機酸が含まれるため、梅干しを食べると疲れにくくなり、口臭も予防できるのです。

梅干しを食べる際の注意点

悩む女性

梅干しに含まれる、クエン酸は”酸”なので、歯や歯の組織を溶かす働きも持っています。梅干しをいつまでも口の中に入れてしゃぶっていたりすると、歯や組織を溶かす原因にもなるので注意しましょう。

また、お菓子の中に、梅干しの味によく似た「カリカリ梅」などがありますが、酸性度が高いお菓子を食べた後に歯の間に挟まった状態が長く続くと、歯のエナメル質が溶けて、そこから「酸蝕症」や虫歯になってしまう恐れがあります。特にエナメル質がまだ弱い中高生に多くみられるため、注意が必要です。

口臭以外にもある!梅干しの効果

おすすめ

梅干しの成分ですぐ頭に浮かぶのはクエン酸ですが、その他にもこんな成分があります。

梅干しに含まれる成分
    • クエン酸・リンゴ酸・コハク酸・酒石酸:疲労回復
    • タンパク質:体を作る
    • カルシウム・カリウム・リンなどミネラル:骨・歯・血液などを作る
    • ビタミンA・B1・B2・C:体調を整える・抗酸化作用
    • ピクリン酸:整腸作用
    • パニリン:ダイエット効果
    • ピルビン酸:肝機能強化

クエン酸やリンゴ酸に代表される有機酸は、疲労回復や糖質の代謝促進をして栄養分をエネルギーに変える働きがあります。また、タンパク質やカルシウム・カリウムなどのミネラルは、筋肉や骨、歯、血液などを形成する大切な栄養分です。

上記以外にも、胃がんを予防する成分や糖尿を予防する成分、動脈硬化の抑制、鎮静作用等がある成分が含まれていることが、最近の研究で明らかになりました。

梅干しでお手軽口臭予防を始めよう!

梅干しはたった1粒にたくさんの良い成分が含まれる優れた栄養食品です。また、清掃性食品であり殺菌作用もあり、口臭への予防効果も高いです。

日常の生活の中で梅干しをほんのちょっと加えるだけで、口臭が予防できるだけでなく、様々な病気の予防も期待できますね。