果物を食べて美味しく口臭予防!口臭に効果的な果物の種類と食べ方

果物を食べて美味しく口臭予防!口臭に効果的な果物の種類と食べ方

この記事の監修医師一覧

杉田大先生
杉田 大 先生
所属:杉田歯科医院(千葉県船橋市)
専門:保存修復
2013年 東京歯科大学卒業。現在は杉田歯科医院での臨床のほか、株式会社DoctorbookでDental事業部のマネージャーを務める。

昼食に大好きなラーメンやニンニクの効いたパスタを食べたいと思っても、オフィスでの口臭が気になって控えている人も多いのではないでしょうか。しかし、デザートに口臭を予防できる果物を食べれば、好きなメニューも気にせず食べることが可能になります。また、日頃から口臭が気になっている人も、果物を日常的に食べることで口臭予防が出来る可能性が高いです。

この記事では、口臭予防が期待できる果物をご紹介します。美味しく食べて、口臭も防いでしまいましょう!

なぜ果物が口臭予防にいいの?

果物

果物には食物繊維や、それぞれ固有の成分が含まれていますが、それらの成分が口臭を予防してくれるのです。食後に発生する口臭は、食べ物の臭いが胃や口内に残っていることが原因です。その他の口臭の原因としては、生理的なものと、病気によるものがあります。生理的な口臭とは、寝起きや緊張・ストレス時、ホルモンバランスの変化などで発生する口臭で、病気が原因の口臭は歯周病などの口内トラブルや、内臓の病気が原因によるものです。

果物で予防できる口臭は、食後の口臭と生理的な原因の口臭で、中でも特に口臭予防に効果がある果物は、リンゴ、柿、オレンジ・レモン、パイナップル・キウイです。ここからは果物の効果的な食べ方と、それぞれの効果の理由について説明していきます。

口臭予防に効果的な果物の食べ方

食品には、清掃性食品に分類されるものがあります。清掃性食品とは歯をきれいにしてくれる・歯を強くしてくれるという働きがある食べ物のことです。

直接清掃性食品は、食品に含まれる食物繊維や成分が歯をきれいにしてくれるので、食物繊維や成分を活かす食べ方が効果的です。咀嚼することで歯の表面についた食べ物のカスなど口臭の原因になるものを除去してくれるので、加熱によって歯ごたえが失われるような食品は、生のまま食べるのが良いでしょう。

口臭予防効果のある果物|リンゴ

リンゴ

リンゴは医者いらずといわれるほど栄養豊富な果物ですが、リンゴにはリンゴポリフェノールという成分が含まれています。リンゴポリフェノールは食べ物の臭いのもとになるアリシンという成分を分解する働きがあるので、食後のデザートとして食べると口臭を予防してくれるのです。リンゴポリフェノールには口臭の原因となる歯垢の付着を防ぐ効果もあります。リンゴポリフェノールは特に皮の部分に多く含まれています。

腸内バランスが崩れると口臭の原因になることがありますが、リンゴの食物繊維は腸内環境を整える働きがあります。また、唾液には天然の殺菌作用があり、食べ物を噛むと唾液量が増えることから、リンゴを食べるなら皮ごと食べるのがおすすめです。ただし、リンゴポリフェノールは加熱してもすりおろしても効果が失われることはありません。

口臭予防効果のある果物|柿

柿

緑茶などに含まれるタンニンは口臭予防に効果があるとして有名ですが、実は柿にもタンニンが含まれています。柿のタンニンは緑茶に比べて分子量が大きく、その含有量は緑茶の73倍ともいわれています。タンニンは、ウィルスや菌の増殖を抑える他、抗酸化作用もあり、口臭予防や虫歯予防のほか、風邪防止などにも効果を発揮します。柿には柿タンニンのほかにも、口臭予防に効果のあるカテキンやフラボノイドも含まれています。

おすすめの食べ方は、スタンダードに生で食べる方法です。また、口臭予防や腸内環境を整える働きを持つヨーグルトと一緒に食べると、相乗効果が期待できます。

口臭予防にはヨーグルトが効果的!食べ方や選び方をご紹介

口臭予防にはヨーグルトが効果的!食べ方や選び方をご紹介

口臭予防効果のある果物|オレンジ・レモン

レモンとオレンジ

オレンジやレモンなどの柑橘類は、その香り成分から爽やかなイメージがありますが、実は口臭予防に効果のあるフラボノイドが含まれています。柑橘類のフラボノイドは果肉にも含まれますが、皮に多く含まれるため、無農薬のレモンなどは皮ごと食べるのも良いでしょう。

ただし、レモンやオレンジに含まれるクエン酸は、歯を溶かす酸性の食品でもあるため、食べたあとは酸が口の中に残らないように、歯磨きや含みうがいをするのがおすすめです。

口臭予防効果のある果物|パイナップル・キウイ

パイナップルとキウイ

舌苔は口臭の原因の一つといわれていますが、舌苔がある人におすすめなのがパイナップルやキウイです。パイナップルやキウイに含まれる酵素は、タンパク質を分解する働きがあり、この酵素が舌苔を除去してくれます。

柔らかい食べ物を好んで食べ続けると舌苔が発生しやすくなりますが、舌苔は食べ物を噛むことで自然に除去されます。また、舌苔を歯ブラシでゴシゴシと擦ると、味覚を感じる味蕾(みらい)を傷つけてしまう恐れがあるので逆効果です。舌苔を取るなら柔らかい歯ブラシや布などで優しく擦るか、パイナップルやキウイなどを食べて自然に除去することをおすすめします。

そもそも口臭の原因は?放っておくと体にも影響がある?

考える女性

口臭の原因は、食べ物によるものだけではありません。また、口臭は臭いの問題だから、不快ではあるけれど体には実害はないと思っている人も多いと思います。ここからは、口臭の原因や体に及ぼす影響について、説明します。

原因1.虫歯・歯周病

口臭の一番の原因は虫歯や歯周病です。虫歯や歯周病は、細菌が発生させる硫化水素(後述)によって歯茎や歯の組織を溶かしてしまいます。溶けた組織には細菌が入り込んで侵食するため悪循環となり、さらに症状や口臭を悪化させます。

原因2.扁桃腺の孔に詰まった細菌

喉の奥にある扁桃腺には小さな孔が空いていて、体調を崩すと細菌が詰まることがあります。通常は、細菌は食べ物や唾液などによって流されてしまいますが、唾液量が少ないと流されなくなり、孔に詰まってしまうのです。細菌の塊ですが見た目は白い玉のようで、臭い玉とも呼ばれています。

原因3.ストレスや疲労

ストレスや疲労は、唾液量を減少させます。唾液には殺菌作用があり、正常な唾液量だと口臭の原因となる菌を抑制してくれますが、唾液量が少ないと抑制しきれずに、口臭の原因菌が増えてしまうのです。

原因4.腸内環境

腸内環境が悪いと腸内でガスが発生し、口臭だけでなく体臭の原因にもなります。腸内で発生したガスは血液に乗って体内を循環するからです。お腹を壊した時に一時的に口臭が発生するのも、腸内環境の悪化が原因です。

原因5.生理的口臭

生理的な口臭は、起床時や緊張時などに口の中が乾くことによって起こります。人間は、寝ている間にコップ1杯ほどの水分を発散しているといわれますが、その間水分を補給できないために唾液量が減少します。

また、生理や妊娠、加齢などによるホルモンバランスの変化が原因で唾液が減少するときにも口臭が発生します。

口臭が体に及ぼす影響

口臭の主な原因は、メタルメルカプチン硫化水素などの揮発性硫黄化合物です。温泉などに行くと硫黄の臭いがしますが、あの臭いは硫化水素です。メチルメルカプタンは硫化水素よりも臭いが強く、食事の後の口臭や歯周病菌の臭いはメチルメルカプタンによるものです。

硫化水素は青酸ガスに次ぐ毒ガスといわれており、濃度は250ppmで、火山や下水などで発生した硫化水素が原因で時々死亡事故も発生しています。通常の口臭の濃度は0.3ppm程度ですが、それでも気分が悪くなるといわれています。

また、口臭は活性炭素を増やす・DNA細胞核を切断するなどの弊害があることが分かっています。口臭は周囲の人を不快にするだけでなく、自他ともに実害を与えるものなのです。

果物を食べて口臭を予防しよう

果物は、口臭予防に効果のある成分が含まれるため、食後や食間に食べると口臭を防げます。また、歯ごたえのある果物は唾液の分泌を良くしてくれ、含まれる食物繊維は腸内環境を整えて体の中からの口臭予防が期待できます。

口臭予防に効果のある果物は、リンゴ、柿、オレンジやレモン、パイナップル・レモンなどです。これらを上手に摂って、口臭を防ぎましょう。