【医師監修】フラップレスインプラントのメリットとデメリットとは?

【医師監修】フラップレスインプラントのメリットとデメリットとは?

この記事の監修医師一覧

柿木辰美先生
柿木 辰美 先生
専門:一般歯科
2013年 明海大学歯学部卒業。卒後は東京都内の歯科医院に常勤歯科医師として勤務。 現在は複数の歯科医院で非常勤歯科医師として、インプラントや歯内療法を軸に一般歯科診療を日々行なっている。

インプラントは歯ぐきを切開する手術が必要と聞くと、怖くてつい躊躇してしまうという人もいるのではないでしょうか。しかし、最近では歯ぐきをめくらずにできる「フラップレス」という手術法があります。

ここでは、フラップレス手術はどんなものか、詳しくご紹介します。インプラントが怖くて決断できなかった人は、ぜひお読みください。

フラップレス・インプラントとは

フラップレス・インプラントとは、ピンポイントに穴を開けることによって、従来の手術より短い時間で手術でき、しかも患者さんの痛みなどの負担を最小限にできる画期的な手術法です。

通常は、顎骨などの状態を二次元的に把握し、歯ぐきを切開して剥離し、顎骨をむき出しにした上で、ドリルで穴を開けていました。その後、インプラントを埋めたら縫合して抜糸という流れです。

しかし、フラップレス手術では、最初にCT撮影を行って三次元的に把握してシミュレーションします。それに基づいてインプラントを埋め込むための手術用のガイド(テンプレート、ステントなどとも呼びます)を作成します。ガイドはメーカーにもよりますが、マウスピースのような形状で、インプラントを埋入する部分に金属の穴が開いているようなイメージです。ドリルを入れる場所・角度・深さの穴が開いていて、ドリルがその穴に沿うようにしか進まないようになっています。

手術では歯ぐきにガイドをはめ、他の歯肉を傷つけることなく正確に穴を開けます。そのため、従来の手術よりも素早く終了することができ、手術後の痛みや腫れも大幅に軽減することが実現できるようになったのです。

通常インプラントとの治療の流れを比較

通常のインプラント手術では、歯ぐきを切開してインプラント本体を埋めて縫合し、3〜6ヶ月の期間を置いて確実に固定するのを待ちます。インプラントと骨がしっかりと固定したことを確かめたら、再度歯ぐきを切開し、土台と人工歯をつけるという流れです。以下では、2回法のインプラント治療とフラップレスの治療の流れを簡単に比較してみました。

通常インプラントフラップレス
検査レントゲン、歯型レントゲン、歯型、CT
治療計画治療計画治療計画
サージカルガイド作成
手術工程歯ぐき切開サージカルガイドに沿い、
歯ぐきに小さな穴を開ける
ドリルで骨を削るドリルで骨を削る
インプラント埋入インプラント埋入
縫合治癒後、土台と人工歯を装着
抜糸
固定期間(3〜6ヶ月程度)
再度切開し、土台と人工歯を装着

フラップレス手術では、上記のように縫合抜歯不要です。手術で開けた穴は、ほどなく自然にふさがります。そのため、穴の中に食べカスなどが入ってしまうのではないかなどの心配は不要です。

フラップレス・インプラントのメリット

治療の流れを見ても分かるように、従来のインプラント手術は、その工程で患者さんに大きな負担がかかっていました。しかし、フラップレス手術は術前に入念な検査と分析、シミュレーションをすることで、手術自体の負担を軽くし、以下のようなメリットを生むことができるのです。

手術時間を短縮できる

インプラント手術にかかる時間はその人の総合的な状態によって異なります。しかし、従来のインプラント手術に比べると、フラップレス手術は切開・剥離・縫合などの時間を省くので、その分時間を短縮することができます。

また、フラップレスの場合は、骨や固定の状態が良好ならインプラントを埋入して、すぐに仮歯を装着することも可能です(即時荷重)。インプラントを埋入したあと骨と結合することを、初期固定と呼びます。初期固定がうまくいかないと、再度手術をやり直すこともありますが、フラップレスでは的確な予測のもとに行うため初期固定が比較的良好になります。そのため仮歯もすぐに装着することができ、治療全体の期間も短くなるのです。

出血が少ない

フラップレス手術は、従来のインプラント手術のようにメスを使わないため、出血を最小限に抑えることができます。

また、従来のインプラント手術では、ドリルが血管に当たって血管を傷つけるというトラブルが発生することがありました。しかし、フラップレスではガイドを使うため、血管を傷つけることがありません

痛みが少ない

フラップレスは痛みが少ないのも特徴です。従来の手術で術後に痛みが出たのは、手術で切開をしたからです。手術中は局所麻酔がきいているので痛くありませんが、体にメスを入れれば傷口が治癒するまでは、どうしても痛みが発生します。しかし、フラップレスの場合はメスを使わずにごく小さな穴を開けるだけなので、痛みも縮小できるのです。

精神的な負担を軽減できる

フラップレスではメスを使わないため、精神的な負担を軽減できます。通常の手術では、メスで体を切って開くという怖さが伴います。また、術後の痛みや腫れもどのくらいかわからないため不安です。しかし、フラップレスは切開せずに短時間で済み、術後の痛みや腫れもほとんどないため、そういった恐怖や不安を大幅に軽減できます。

回復が早い

フラップレス手術は歯ぐきを切開・剥離・縫合をしないため、従来のインプラント手術よりも回復が早いです。手術で開けた小さな穴は、自然治癒でふさがります。

医療ミスを防げる

フラップレスで使うサージカルガイドを作成する際には、CT検査血管や神経などの位置を綿密に調べるため、手術中に誤ってドリルで傷つけるということがありません。ドリルを穴を開けたい位置・角度・深さ正確に埋入できるので、医療ミスによるトラブルを防げます。

糖尿病や高血圧でも治療が可能

従来のインプラント手術は歯肉を切開するので出血が伴うため、糖尿病や高血圧の人には向かないとされてきました。出血を伴う外科手術は、血糖値のコントロールをしにくい・感染しやすいというリスクがあったからです。

しかし、フラップレスでは数ミリというごくわずかな穴を開けるだけなので、糖尿病や高血圧などの持病がある人でも手術可能になるケースがあります。ただし、持病がある人は、事前に医師に相談し、内科の主治医と連携を取りながら慎重に行います。

フラップレス・インプラントのデメリット

良いことばかりのフラップレスインプラントにも、デメリットはあります。

治療ができないケースもある

フラップレスインプラントができないのは、以下のようなケースです。

    • 顎骨の幅が狭い
    • 顎骨の高さが足りない
    • 神経が複雑に走っている

フラップレスでは歯ぐきを広範囲に渡って切開することがないため、骨や神経を目視できません。そのため上記のような人は直接見て慎重に行う、従来の手術法が選択されます。

費用がかかる

従来のインプラント治療と異なり、フラップレスではサージカルガイドを作成するため、その分費用がかかります。インプラント治療は自由診療なので、サージカルガイド作成の費用も医療機関によって異なります。相場は5万円程度ですが、事前に医師に確かめることをおすすめします。

フラップレスインプラントは確実で安心な治療法

フラップレス手術と従来のインプラント手術の大きく異なるところは、歯ぐきを大きく切開しないということです。フラップレス手術は術前綿密な検査とシミュレーションを行い、オーダーメイドのガイドを作成します。手術当日は、ガイドに従ってごく小さな穴を開けてインプラントを埋入するので、痛みや腫れはほとんどありません。正確にインプラントを入れられるため、医療ミスも防げるのでおすすめです。

ただし、骨の状態によってはフラップレスができない人もいますので、医師とよく相談の上、検討しましょう。