インプラントの造骨手術の種類や流れ、痛みや腫れについて詳しく解説

インプラントの造骨手術の種類や流れ、痛みや腫れについて詳しく解説

この記事の監修医師一覧

鈴木志帆美先生
鈴木 志帆美 先生
専門:小児歯科・歯内療法
2015年 神奈川歯科大学卒業

インプラントの治療に行った際、医師から「骨が足りないので造骨手術をします」と言われることがあります。骨を増やすなんてことができるのか、造骨手術は痛くないのか?と不安になる人も多いでしょう。また、「骨の高さが足りない」とインプラントを断られる人もいると思います。しかし、人工的に骨を増やす造骨手術をすれば、インプラント治療は可能です。ここでは造骨手術について詳しく説明していきます。

インプラントの増骨手術とは

造骨とはその名の通り、人工的に骨を作って増やすことです。造骨のしくみは、人工骨(補填材)か、自家骨(自分の骨)を不足部分に入れて、顎骨と結合させ骨部分を増やすというものです。

造骨手術が必要になるのは、インプラントの土台としての顎骨の量や質が不十分な場合です。インプラントは顎骨に直接スクリュー型のネジのようなものを埋め、その上に人工歯を装着しますが、土台となる骨の高さや厚みなどが足りないと、インプラントを支えることができません。もし埋入できたとしても、骨が足りない部分はインプラント本体がむき出しの状態になり、不安定です。

歯周病歯が抜けたまま放置しておくと、骨が吸収されて痩せてしまいます。そのままではインプラント治療ができないため、造骨手術をして土台を作ってからインプラント治療をするという方法が取られます。

また、自家骨についてですが、自家骨は他の場所の自分の骨を削って、補填材として使用するものです。自分の骨なので増やす部分の顎骨とも馴染みやすいという特徴があります。新たに別の場所から削る場合もありますが、インプラントを埋入する時にドリルで削って出た骨を集めておいて、使うことも多いです。

インプラント埋入と同時・別日の違い

造骨手術をインプラント手術と同日にできるのかどうかについては、残っている骨の状態や、骨を増やす場所によります。造骨手術には種類があり、骨の量がどの程度残っているか、増やす部位が上顎、下顎、奥歯、前歯かによって、選択される造骨手術の方法も異なってくるからです。

骨の量がわりと残っていて、インプラントをしっかりと固定できる場合には、同日手術が行なえます。しかし、骨が残っている量が少なくインプラントが支えられない場合には、造骨するための補填材を一旦入れて縫合し、骨が作られてしっかりと固まるまで、待たなければなりません

インプラントの増骨手術の種類と流れ

インプラントの造骨手術の種類は多数あります。ここでは、最近の主流となっている3種類の手術法を取り上げて、流れを説明します。いずれも同日手術の場合です

GBR法(骨誘導再生療法)

GBR法は骨誘導再生療法とも呼ばれます。骨が足りない部分に人工骨や自家骨を入れて、メンブレンという特殊な膜を被せ、補填したものが骨と同化するまで待つ方法です。

メンブレンには2種類あり、作る骨の量が少ない場合には吸収性、作る骨の量が多い場合には非吸収性のものを使います。非吸収性を使った場合は後で取り除きますが、この時にインプラントの埋入手術をすることが多いです。

骨が痩せていて、このままではインプラントがむき出しになってしまいます。

補填材を入れて上からメンブレンを被せます

縫合して骨が再生されるまで4〜6ヶ月程度待ちます(個人差があります)

サイナスリフト

サイナスとは、上顎洞のことです。上顎洞とは上顎の上、鼻のすぐ横にある空洞のことで、上顎とは薄い膜(シュナイダー膜)で接しています。上顎洞が下がって骨の厚みが薄い場合には、膜を持ち上げて骨部分を増やす必要があります。

上顎の骨の厚みが足らず、このままインプラントを埋入するとシュタイナー膜を突き破る可能性があります

小さな窓を開けてシュタイナー膜ギリギリまで骨を削り、膜を持ち上げます

人工骨や自家骨を入れてインプラントを埋入し、縫合します

6〜8ヶ月ほど待って骨が安定したら、人工歯を装着します

ソケットリフト

ソケットリフトも上顎の造骨手術の一種です。サイナスリフトは広範囲にわたってシュタイナー膜を持ち上げる手術ですが、ソケットリフトはピンポイントで持ち上げれば良い場合に用いられます。具体的には、骨の厚みが5mm以上ある場合です。

骨の厚みがほしい場所のシュタイナー膜ギリギリまでドリルで穴を開け、膜を持ち上げます

持ち上げた部分に人工骨もしくは自家骨を少しずつ入れます

器具で膜の底を押し込みスペースを確保します

インプラントを埋入し6ヶ月ほど待って安定したら、人工歯を装着します

その他の増骨手術の種類

その他の造骨手術は、以下のような種類があります。

ブロック骨移植(ボーングラフト)

広範囲にわたって骨が薄い場合の造骨手術です。下顎奥歯周辺などから自家骨を採取し、レゴブロックのようなブロックを作ります。そのブロックを骨が薄い部分にネジで固定し、骨の厚みを増やします(固定した後は、ネジは取り除きます)。

スプリットクレスト

骨の先端に切込みを入れ、インプラントとともに人工骨や自家骨を押し込む方法です。顎の骨の幅だけが足りない場合に用いられます。

骨増手術後に痛みや腫れはあるの?

手術中は麻酔を使うので痛みはありませんが、手術後痛みや腫れが出る場合が多いです。手術の大小によって、痛みや腫れの大きさは異なりますが、手術後は痛み止めが処方されます。しかし、我慢できないほどの痛みや激しく腫れた場合は、我慢せずに手術を受けた病院に連絡し、受診しましょう。

骨増手術の費用相場は?

造骨手術の費用は、手術法や範囲によって異なります。以下はおおまかな費用相場です。

    • GBR法:3万円〜10万円
    • サイナスリフト法:5万円〜35万円
    • ソケットリフト法:3万円〜5万円
    • ブロック骨移植:5万円〜30万円
    • スプリットクレスト法:3万円〜10万円

骨増にかかる期間は?

造骨にかかる期間は、補填する人工骨もしくは自家骨が顎骨とくっついてしっかりと固まるまで、3ヶ月から6ヶ月程度かかります。ただし、骨密度や範囲・深さなどによって個人差があります。

インプラントの増骨手術のまとめ

インプラントの造骨手術は、骨の厚みや深さ、場所などによって取られる手術法が異なります。しかし、骨を作る手術は外科手術となるので、どうしても不安はつきものですし、今後の健康に大きく左右するものです。疑問がある場合には、納得がいくまで説明を求め、安心して手術が受けられるようにしましょう。また、骨が足りないからとインプラント手術を断られた場合は、造骨手術ができる設備のある病院を探すのがおすすめです。

writer
角舘 有理
角舘 有理
セールスライター、コピーライターに師事後、フリーランスとして独立。Webライターの傍らブックライターとしても活動中。歯科関連の記事は約2年間担当した経験があり、現在も新しい予防法に興味津々。自著に「無理に学校に行かせなくていい」がある。